和食の良さと魅力、日本食の健康効果とは。だしと味噌の種類と郷土料理の持つ力

和食の魅力とは。日本食の良さと健康効果とは。うま味を倍増させる出汁(だし/ダシ)と、たくさんの栄養が摂れる味噌、日本の四季が恵む食産物による一汁三菜といった特徴がある。外国人観光客が最も期待する「日本食」の健康効果と、和食の定義、栄養バランス、都道府県による味噌の違い、ユネスコ無形文化遺産に登録された世界に誇る日本の食事、日本の郷土料理についてご紹介します。

ぴのこ 免疫力 味噌 和食 店通編集部 業態 業界トレンド 知識
日本の伝統料理である和食。2013年には、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。和食のすばらしさは周知の事実ですが、実は、平成28年の観光庁の調査では、外国人観光客が日本に旅行をする際に最も期待しているのは、日本の食事だという結果が出ています。

今回は、和食についての基本、日本食の定義、栄養バランスや都道府県による味噌みその違い、和食ならではの健康効果についてご紹介します。
f:id:tentsu_media:20190708173045j:plain

和食とは?

2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された世界に誇る日本の食事。それでは特徴を見ていきましょう。

特徴1. 多様で新鮮な食材と素材の味わいを活用
日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

特徴2. バランスがよく、健康的な食生活
一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿、肥満防止に役立っています。

特徴3. 自然の美しさの表現
食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

特徴4. 年中行事との関わり
日本人の食文化は、民族の年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆が強くなるのです。

農林水産省より


四季があり、南北に長いため国内でもさまざまな気候が特徴な点が、食文化にも生きていることが分かります。まさに和食は日本文化といえますね。

日本の四季が恵む食

日本は四季の変化が明瞭であり、温暖で多湿な気候です。また、平野より山が多く地形が複雑なので、その地形や気象条件の違いなどにより、さまざまな食産物が育まれてきました。
それでは、季節ごとの食の恵みを見ていきましょう。

f:id:tentsu_media:20190709164750j:plain
芽吹きの季節である春に摘み取れるのが山菜。春の山菜や野菜に含まれる苦味には、新陳代謝をよくし、味覚神経を敏感にさせる働きがあります。

代表的な春の食材
わけぎ、わらび、ふき、たらの芽、菜の花、春キャベツ、ほうれんそう、たけのこ、きぬさや、たい、あさり、はまぐり

f:id:tentsu_media:20190709181217j:plain
夏は、水分を多く含んだ野菜が旬となる季節。湿気が多く蒸し暑い日本の夏に旬を迎える野菜には、暑さで火照った体を冷やす役割があります。

代表的な夏の食材
なす、かぼちゃ、きゅうり、ゴーヤ、とうがん、かつお、うなぎ、いわし、とびうお

f:id:tentsu_media:20190710105317j:plain
実りの季節の秋。「食欲の秋」ともいわれるように、でんぷん質をたっぷり含んだいも類をはじめ、きのこや甘い果物などたくさんの食材が旬を迎えます。北から南下してくるかつおやさんまは脂がのり、一年で一番の食べ頃を迎えます。

代表的な秋の食材
さといも、まつたけ、さつまいも、じゃがいも、りんご、柿、くり、さけ、さば、さんま

f:id:tentsu_media:20190710105632j:plain
冬は、根菜と葉物野菜の季節。寒さやみから身を守ろうと、野菜は糖分を蓄えるので甘くなります。野菜だけではなく、魚介も寒さから身を守るために脂肪を蓄えるので、味もよくなります。

代表的な冬の食材
大根、れんこん、ごぼう、かぶ、白菜、ねぎ、にんじん、牡蠣かき、ぶり、たら、かれい、ふぐ和食の基本!一汁三菜