松茸のレシピと失敗しにくい焼き方を紹介!おいしく食べるための保存方法とは?

松茸とはどんな食べ物なの?高級食材になった理由とは?おいしい松茸の選び方や下処理の方法を徹底解説!また、失敗しづらい焼き方や簡単おすすめレシピ、松茸をおいしく食べるための保存方法まで詳しくご紹介します!

レシピ 店通編集部 知識
松茸とはどんな食べ物?高級食材になった理由とは?おいしい松茸の選び方や下処理の方法を徹底解説!さらに、失敗しづらい焼き方や簡単おすすめレシピ、松茸をおいしく食べるための保存方法まで詳しくお伝えします!

松茸とは?なぜ高級食材に?

松茸 きのこの最高峰とも言える松茸は、秋になるとスーパーなどで見かける機会が増えてきますが、食べたいけれど高くて買うのをためらってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そもそも松茸は、なぜ高級食材と言われるようになったのでしょう。また、どんな食べ物なのでしょうか。まずは、松茸について詳しく解説します!

松茸とは?

松茸は、キシメジ科キシメジ属の一種で、原産地は日本を含めた極東地域と言われています。日本での主な産地は長野県、そのほか東北の山形県や岩手県、近畿地方の京都府や兵庫県、さらに中国地方では広島県などで栽培されています。

松茸=国産というイメージが強いかもしれませんが、実は輸入品の方が多く出回っているのです。
農林水産省が令和2年度に出した統計データによると、全体の約95%が外国産となっています。
流通している輸入品の大半が韓国産や中国産ですが、中にはアメリカやカナダから輸入されているものもあります。アメリカ産やカナダ産は、国産の松茸よりも白っぽい色をしている傾向があるとされています。

また、韓国産や中国産については、国産の松茸と品種的にほとんど変わらないものもありますが、収穫してから店頭に並ぶまでに長時間かかるため、風味は落ちてしまいます。やはり、松茸の香りや風味を楽しむには国産が一番と言えるでしょう。

高級食材と言われている理由とは?

松茸が高級食材と言われる理由は2つあります。1つ目の理由として、松茸はアカマツの林に生えることが多く、かつては全国各地の山間地でも松茸が生育する環境が整っていたため、今よりも身近な食材でした。しかし、1930年代頃になると国内の木材需要が増え、これまでパルプの原料として使用されていなかったアカマツが大量に伐採されるようになったのです。
アカマツがほとんど無くなってしまったことにより、松茸の量が激減してしまったことが考えられます。

そして、2つ目の理由は、「松茸は人工栽培が難しい」ということです。「菌根菌(きんねきん)」に分類される松茸は、木と共生しており、その根っこの部分に付いて土の養分を吸収し木へ供給する代わりに、木が光合成で得た養分をもらって成長します。

このように、松茸は木と共生して生育するため、人工栽培が難しいとされています。これらの理由から、松茸は希少価値の高い食材であるとされ、高級食品と呼ばれるようになったのです。

松茸をおいしく食べる方法

松茸 外国産の松茸がスーパーなどに出回るのは7~11月で、国産の松茸は9~10月頃とほんのわずかな期間となります。松茸は人口栽培が難しく生育条件も厳しいため、収穫時期も限られているのです。
輸入されたものは比較的安く、国産の5分の1ほどの値段で売られているので、国産のものよりは手に入りやすいでしょう。

せっかく手に入れるなら、おいしい松茸を選んで、香りや風味を存分に味わいたいですよね。ここでは、おいしい松茸の選び方や、失敗しない焼き方、さらには松茸のおすすめ簡単レシピをご紹介します!

おいしい松茸の選び方

おいしい松茸を見分けるコツは、かさがつぼんでいるものを選ぶことです。かさが開いていないものの方が、味わいが豊かで風味を感じられます。

強い香りが好きな人は、かさが少し開いているものがおすすめです。
そのほか、茶色と白のコントラストがはっきりしているもの、軸が太くて短く弾力があり、表面が乾いていない光沢があるものが良品と言えるでしょう。

松茸の食べ方や焼き方

松茸をおいしく食べるには、下処理が重要なポイントです。間違ったやり方をしてしまうと、風味や香りが落ちてしまうので、正しい下処理の方法を確認しておきましょう。

◆松茸の下処理のポイント

①松茸は、水で濡らしてしまうと風味や香りが落ちてしまうので、水で洗わずに、清潔なぬれぶきんで拭いて汚れを落とします。かさを拭く時は中心から外側に向かって、軸は根元からかさに向かって拭くようにしましょう。

➁根元部分は、鉛筆を削ぎ落すように包丁でカットします。これで下処理は完了です。

また、自宅で松茸を楽しむのなら、オーブントースターで焼くのがおすすめです!なぜなら、炭火の網焼きに近い加熱量で焼くことができますし、魚焼きグリルやガスコンロのように火加減が強すぎて焦げるといった心配がありません。

◆おいしい松茸の焼き方

①下処理をした松茸のかさに、包丁で切り込みを入れ、手で2つに裂きます。こうすることで、繊維に沿って切り分けられるため、食感が損なわれにくくなります。

➁厚みのあるかさの部分に火が通りやすくなるように、半分になった松茸のかさに、さらに包丁で少しだけ切れ目を入れます。

③松茸に塩をひとつまみ振り、1分程待ちます。

④オーブントースター(1000W)にアルミホイルを敷き、2~3分予熱をして温めておきます。庫内が温まったら松茸の断面を上にして並べ、5分程加熱していきます。

⑤水分が出てきたら完成です!お皿に盛り付け、お好みですだちなどをかけて食べるのもおすすめです。

ここでの注意点は、加熱し過ぎないことです。見た目がやや生っぽいくらいがちょうど良い仕上がりになると覚えておきましょう。

松茸のおすすめレシピと保存方法