さつまいもは美容効果が高い?栄養素やダイエットに効果的な食べ方

さつまいもはダイエット向きの食材?さつまいもの栄養効果や効能、栄養素とは?美容効果があるのでは?と注目されているさつまいも、どのように食べるのが一番カロリーを抑えて食べられるのでしょうか?さつまいもを簡単に調理する方法や、保存方法、ダイエットに効果的な食べ方から、「さつまいもを食べるとおならが出る」といった気になるあの噂の仕組みまでご紹介します!

pickup 健康効果 店通編集部 知識 美容効果
さつまいもの歴史と名前の由来、旬や生産地とは?
さつまいもの栄養素とカロリー、美容やダイエットに良いとされる効果効能について徹底解説!
また、さつまいもダイエットの正しいやり方と効果的な食べ方もご紹介。さつまいもダイエットの注意すべき点まで詳しくお伝えします!
さつまいも

さつまいもとは?さつまいもの豆知識

栄養補給にも便利な食材として、昔から多くの人に親しまれているさつまいも。
焼きいもをはじめ、天ぷらや大学いも、スイートポテトにさつまいもチップスなど、さまざまな料理やお菓子に使われている、身近な食材のひとつです。

さつまいもは、ヒルガオ科サツマイモ属の一種で、植物の根が肥大した部分のことを指します。別名「甘藷(かんしょ)」とも呼ばれています。
さつまいも

さつまいもの歴史と名前の由来

さつまいもの原産地は熱帯アメリカと考えられており、熱帯アメリカからヨーロッパ、中国、そして日本へと伝えられてきました。その後、400年ほど前に琉球(今の沖縄県)から薩摩(今の鹿児島県)へと伝えられたといわれています。
中国から伝わったことから「唐いも(からいも)」と呼ばれるようになり、江戸幕府へと伝えられた時に薩摩藩から伝わったことから「薩摩いも(さつまいも)」と呼ばれるようになりました。

さつまいもの旬と生産地

さつまいもの旬といえば秋のイメージが強いですが、さつまいもの収穫は8月から始まり11月頃まで続きます。実はさつまいもは採れたてより、収穫してから2~3ヵ月貯蔵した方がおいしくなります。なぜなら、2~3ヵ月貯蔵することで余分な水分が抜け甘みが増すからです。このことから、旬の食べ頃は10月~1月といえるでしょう。

さつまいもは日本の全都道府県で作られていますが、農林水産省が出した統計(令和2年)によると、もっとも生産量が多い産地は鹿児島県で、2位が茨城県、3位に千葉県と続きます。北海道や東北地方でも栽培はされていますが、さつまいもは寒さに弱いため、生産量は少なめです。

おいしいさつまいもの見分け方

おいしいさつまいもを見分けるコツは、皮の色が濃くツヤがあり、でこぼこが少ないものを選ぶことです。色の濃いさつまいもはしっかりと育った証でもありますし、でこぼこが少ないものは筋が少なくなっています。くぼみが深いとひげ根が生えている場合もあるため、できるだけくぼみの浅いものを選ぶようにしましょう。

さつまいもの保存方法

さつまいもは適切な方法で保存することで半年間ほど貯蔵できます。
おすすめの保存方法は、土がついたまま1本ずつ新聞紙に包んでダンボールに入れ、高温多湿を避けた場所で保存することです。傷が付いているものや皮がむけているものは保存に向いていないため、早めに消費しましょう。

加えて、スーパーで買ってきたさつまいもは、冷蔵庫の野菜室で約1週間保存が可能です。
スーパーで売られているさつまいもは、ほぼ洗浄されているので長期保存はできません。さつまいもは水に弱いため、一度濡らしてしまうと痛みやすくなってしまいます。常温ではなく、野菜室で保存し、1週間以内に食べきるようにしましょう。

使いかけのさつまいもについては、ペーパータオルで包んだ後ラップでくるみ、野菜室で保存するのがおすすめです。この場合も長期保存はできないため、早めに食べきるようにしてください。

さつまいもの効果・効能と、おならの仕組み

さつまいも さつまいもはずっしりとしていて甘みがあり、糖分が高いことから「さつまいも=太る」というイメージがあるかもしれません。 しかし、最近はダイエット向きの食材なのでは?と、アスリートの間でも注目されています。
その理由として、さつまいもには糖質だけでなく、ビタミンや食物繊維といった豊富な栄養素が含まれていることが関係しています。

では、具体的にどのような栄養成分があるのか見ていきましょう!

さつまいもの栄養素

さつまいもは調理法によって、栄養成分が変わってくるのをご存じでしょうか。ここではさつまいもを蒸した場合と焼いた場合の栄養成分をチェックしてみましょう。

◆さつまいもの主な食品成分(可食部100gあたり)

対象 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 ビタミンC カリウム
蒸し 131kcal 1.2g 0.2g 31.9g 2.3g 29mg 480mg
焼き 151kcal 1.4g 0.2g 39.0g 3.5g 23mg 540mg
※文部科学省 食品成分データベース / 出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

さつまいもを蒸した時のカロリーは100gあたり131kcalですが、焼いた時のカロリーは100gあたり151kcalとなっており、同じ量でも焼いた時の方がカロリーが高いことがわかります。

加えて、炭水化物が増えているのも注目すべきポイントです。これは焼いたことによって、水分が飛ばされ、炭水化物中のでんぷん質が糖化した証です。糖化することで甘みも凝縮されるため、じっくり時間をかけた焼きいもが甘くておいしい理由のひとつとなっています。

ちなみに同じ炭水化物類でもある、白米は100gあたり約160kcal、小麦は100gあたり349kcalなので、さつまいもの方がカロリーが低いことがわかります。
また、さつまいもの方が栄養価も高いことから、ダイエット向きの食材であると言えるのではないでしょうか。

さつまいもの効果・効能とは?

表から見てもわかる通り、さつまいもは食物繊維やビタミンC、カリウムなどの栄養素が豊富です。これらの栄養素には、美容やダイエットにも良い効果が期待できると言われています。

それでは早速、さつまいもの効果、効能について詳しくお伝えしていきます!

◎『食物繊維』による便秘予防や整腸効果、血糖値の上昇を抑える効果

さつまいもに含まれる食物繊維には、便秘を予防する整腸効果に加え、血糖値の上昇を抑えコレステロール値を下げる効果も期待できます。食べることでお通じが良くなり、スッキリとしたお腹周りを目指せます。
また、腸内環境が整うことで、肌の状態も良くなると考えられています。肌荒れに悩んでいる方や、コレステロール値が気になる方は積極的に食べてみると良いかもしれません。

◎『ビタミンC』によるシミやシワを予防する効果

ビタミンCは有害な活性酸素を除去し、抗酸化作用を高める働きがあるため、紫外線からのシミやシワを予防する効果があると言われています。
また、さつまいもに含まれるビタミンCは、でんぷん質に包まれているため、加熱しても壊れにくい性質を持っています。そのため、ビタミンCをしっかりと吸収することができるのも嬉しいポイントです。

◎『カリウム』によるむくみ防止や血圧を下げる効果

カリウムは、摂り過ぎた塩分を調整し体外へ排出してくれる働きがあるため、むくみ防止にも役立ちます。
また、カリウムがナトリウムとのバランスを調整してくれるので、血圧を下げる効果も期待できます。血圧が高めの人や、普段偏った食事で塩分を摂り過ぎてしまっている人は、さつまいもを食べることで健康に近づけるかもしれませんね。

さつまいもを食べるとおならが出る理由とは?

さつまいもには豊富な食物繊維が含まれています。実はこの食物繊維の働きが、おならが出る理由と関係しているのです。
食物繊維は善玉菌に分解される時と腸がぜん道運動をする時に、二酸化炭素などのガスを発生します。特にさつまいもは消化されにくく、腸のぜん道運動が活発になるため、おならが出やすくなるというわけです。

しかし、さつまいもを食べて出るおならは臭くないとも言われています。なぜなら、さつまいもを消化する時に発生するガスは、アンモニア臭がほとんど含まれていないからです。
とはいえ、食物繊維の量が増えるほどおならも出やすくなるため、気になる人は食べ過ぎないように気をつけましょう。
さつまいもダイエットのポイントや注意事項、お家で簡単にできる調理方法とは?