飲食店の広告・宣伝方法11選!広告費の相場・おすすめ媒体は?無料で集客する方法も紹介

飲食店の集客に欠かせない広告・宣伝費。しかし、「どんな媒体に、どのくらいの費用をかければよいのかわからない」という悩みを抱えている飲食店経営者も多いのではないでしょうか?今回の記事では、飲食店の広告・宣伝費の相場と、広告 […]

SNS 店舗運営 店通編集部 経営ノウハウ 集客
このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店の集客に欠かせない広告・宣伝費。しかし、「どんな媒体に、どのくらいの費用をかければよいのかわからない」という悩みを抱えている飲食店経営者も多いのではないでしょうか?今回の記事では、飲食店の広告・宣伝費の相場と、広告の種類とその特徴について解説します。

広告・宣伝費をかける目的・メリットとは?

f:id:tentsu_media:20201217112351j:plain

認知度を向上させ、来店促進に

飲食店が広告や宣伝に費用をかけるのは、店舗の存在やサービスをより多くの人に知ってもらい、来店に繋げることが目的です。

具体的な広告・宣伝費の例としては、チラシの作成費、雑誌・インターネットなどの広告掲載費、グルメサイトへの登録料などが挙げられます。

特に新規店をオープンした際や、新発売の商品を売り込む際に広告・宣伝などのプロモーションが必要となってきます。あなたのお店の存在や新しい商品やサービスを始めたことは、お客様に知られなければ来店には繋がりません。その認知を広めるための手段が広告および宣伝なのです。
 

節税につなげる効果も

先ほど挙げた広告費の例は、広告・宣伝費の勘定科目として経費に計上することが認められています。効果的な広告や宣伝は、店舗の集客を増やすことと、経費に計上することで節税に繋げることができます。
 
しかし、集客効果や経費の削減が見込めるからと言って、とにかく広告・宣伝費を増やせばいいというわけではありません。あなたの店舗に適していない広告運用を続けていては、広告・宣伝費を経費として計上できたとしても集客には繋がらず、その結果として利益を伸ばすことはできません。

そのため、広告・宣伝費の運用は、自分の店舗の特徴に適した種類の媒体を選ぶ必要があるのです。
 

広告・宣伝費の相場はどれくらい?

f:id:tentsu_media:20201221152622j:plain

広告・宣伝費の相場

飲食店は広告・宣伝費にどのくらいの費用を使っているのでしょうか?一般的には、売上金額に対して5~10%ほどの金額が広告・宣伝費の相場と言われています。
 
例)月の売上金額が100万円の店舗
100万円×(0.5~1.0)= 5~10万円
⇒よって、費やす広告・宣伝費は5~10万円が妥当
 
上記は一例なので、すべての店舗に当てはまるわけではありません。
実際に、一等地の立地に店舗を設け、家賃が高い代わりにその立地に店舗があることで宣伝効果になっている、などという場合もあります。
上記の割合はひとつの目安として、自分の店舗の広告・宣伝費とどれくらいの差があるかの参考にしてみてください。
 

広告費割合を繁忙期・閑散期で変えることも効果的

また、広告・宣伝費は毎月一定額とは限りません。飲食店の繁忙期となるお盆や忘新年会シーズン、ゴールデンウィークは多くのお客様が来店されますので、これらの時期に広告・宣伝費を増やすことでより大きな集客効果を見込むことができます。
 
反対に、売上の落ち込みがちな閑散期に広告・宣伝費を増やすことで、集客アップを狙うという運用方法もあります。

広告・宣伝の種類

広告・宣伝はアナログとデジタルでいくつか方法があります。ここからは、
 
・グルメサイト
・SNS
・チラシや雑誌広告
 
上記3つに分けてそれぞれのツールと種類についてご紹介していきます。
それぞれ広告にかかる費用やユーザー層、運用の手間などの特徴があるので、自分の店舗に適した広告の種類の参考にしてみてください。
 

広告・宣伝方法①グルメサイト

f:id:tentsu_media:20201221151229j:plain
グルメサイトはご存じの通り、さまざまな飲食店の情報が掲載されているサイトです。店舗のメニューや店内の写真などをお客様に見てもらえる他、インターネット上で予約の受け付けが可能なサービスもあります。いまや飲食店の約70%はこのグルメサイトを利用しているとのデータもあります。
 

食べログ

・飲食店登録81万件の国内最大グルメサイト
・口コミでお店を評価するシステム
・費用(税別):ライトSプラン 月額1万円+従量料金(実際の来店客数に応じて算出) ~
URL:https://owner.tabelog.com/
 
国内で最もユーザー数の多いグルメサイトです。飲食店の掲載数は81万件、掲載口コミ数は3,800万件を超えており、ユーザー層は広く老若男女が利用しています。
ネット予約やクーポンの発行にも対応しており、グルメサイトの登録に迷ったときに最もおすすめのサービスです。
 

ホットペッパーグルメ

・雑誌・HP・アプリなどの複数の媒体あり
・優れたネット予約システム
・費用(税別):Bプラン 月額3万2,000~4万円 ~
URL:https://www.hotpepper.jp/keisai/
 
フリーペーパーからインターネットサイトへと発展したグルメサイトです。雑誌やホームページ、アプリなど多くの媒体を持つホットペッパーは、さまざまな場面でユーザーからの認知を狙うことができます。
 
また、ネット予約のシステムはほかのサイトよりも使い勝手が良いところも特徴です。さまざまな媒体から広告を打ち出したいときにおすすめのグルメサイトです。
 

ぐるなび

・宴会向け店舗やプランが豊富
・サラリーマン世代のユーザーが多い
・費用(税別):無料~(有料プランは月額1万円~)
URL::https://pro.gnavi.co.jp/kamei/
 
ぐるなびは宴会向けの大型店舗の掲載が多いことと、サラリーマン世代である40代の男性ユーザーが多い点が特徴です。そのため、席数の多い宴会需要が高い店舗はぐるなびの登録がおすすめ
 
また、無料から利用することができ、有料プランも1万~5万円と安価であるところも嬉しいポイントです。
 

Googleマイビジネス

・Google検索で上位表示されやすい
・マップ検索に強い
・費用:無料
URL:https://www.google.com/intl/ja_jp/business/
 
グルメサイトとは少し毛色が違いますが、最近はGoogle検索をグルメサイト代わりに使っている人が増えています。
Googleマイビジネスにしっかり情報を登録すると、Google検索およびGoogleマップ検索での上位表示がされやすくなります。特に、Google検索では他のグルメサイトよりも検索結果の上位に表示されるので、より多くのお客様への認知を期待することが可能です。
 
さらにサービス利用は無料。Googleマイビジネスの店舗ページに自店のホームページやSNS、他のグルメサイトのリンクを掲載することができますので、他のサービスとの組み合わせも可能です。
無料で利用でき、利用する人も増えているため、登録および詳細な情報入力は行っておくのがよいでしょう。

広告・宣伝方法②。SNSの運用方法は?