過去から学ぶ!飲食店集客の歴史!時代に合った集客方法とは?

今や当たり前となっている、ウェブを使った集客ですが、大体5年周期で変わっていくと言われています。今回は飲食店の集客に関して、変遷の歴史を振り返ってみたいと思います。 目次1 年代別集客の歴史~インターネットの誕生と普及1 […]

ビジネス マーケティング ゆう 店舗 販促 集客 飲食店お役立ち記事
今や当たり前となっている、ウェブを使った集客ですが、大体5年周期で変わっていくと言われています。今回は飲食店の集客に関して、変遷の歴史を振り返ってみたいと思います。

年代別集客の歴史~インターネットの誕生と普及

1990年代 紙媒体や看板

電話
インターネットが普及していない当時、紙媒体や看板を使った集客が主流でした。
紙媒体といえば、折込チラシグルメ雑誌タウンページですね。私も小さい頃はタウンページを見てお店に電話していたのを思い出します。当時、タウンページの広告欄は掲載順位も広告費順での掲載となっていたようで、現在のリスティング広告に近いシステムといえます。
また、タウンページはアイウエオ順での掲載のため、「ア」から始まる企業が多くなっていたようです。昨今のSEO対策に似ていますね。

看板そして、今でも重要な広告手法である看板です。当時はインターネットもそこまで普及していなかったので生活の中で得られる情報は限られていました。そんな中、街中で目に飛び込んでくる看板という広告手法はとても効果的なものだったといいます。

1996年~ インターネットの普及、グルメサイトの始まり

f:id:tentsu_media:20200814190427j:plain
インターネットが普及しだした頃、日本初のグルメサイト『ぐるなび』が開設されました。
当時はホームページをもっていないお店も多く、ぐるなびをホームページの代わりに利用する店舗が増えていくことになります。
また、同年に元祖クチコミ型グルメサイト『askU東京レストランガイド』も開設されました。こちらはユーザーがクチコミを投稿していくスタイルのサイトで、2012年に閉鎖となります。

2005年~ 食べログサービス開始

ぐるなび登場以降、あまたのグルメサイトが登場する中、『食べログ』が開設されました。askU東京レストランガイドが荒らしなどに苦しむ中で、ブロガーを中心としたレビュー獲得戦略や、写真を充実させたコンテンツ制作などが成功し、ユーザー数を増やしていくことになります。 携帯端末の進化~集客サービスの進化