8月より本格始動!?Go To Eat キャンペーンとは?飲食店にもたらされる効果は?

新型コロナウイルスの影響を受けた、飲食業や観光業、イベント・エンターテインメント事業などを支援し、再活性化するための需要を喚起しようと取り組まれている、官民一体型キャンペーン「Go To キャンペーン」。そのなかでも、飲食業に一番関わってくるのが「Go To Eatキャンペーン」です。今回は、そんな「Go To Eatキャンペーン」を中心に制度の内容や注意事項をご紹介します。

Ms.小わっぱ ニュース 店舗運営 店通編集部 業界トレンド 経営改善 集客 飲食店お役立ち記事
新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解除されたものの、世の中は未だ感染防止活動が不可欠であり、経済活動も両立させなくてはいけない、「withコロナ時代」へと突入しています。
持続化給付金、家賃支援給付金など政府や自治体もさまざまな経済支援策を打ち出していますが、そんな中、これから始まる支援策として今最も注目を集めているのが「Go To キャンペーン」です。
「Go To キャンペーン」の中には、飲食業向けの「Go To Eat キャンペーン」というものもあるので、この記事で詳しくご紹介します。 

※この記事は、2020年7月17日正午時点での情報です。
f:id:tentsu_media:20200710132930j:plain

「Go To キャンペーン」とはどんな制度?

そもそも「Go To キャンペーン」とは、どのような制度で、どんなものがあるのでしょうか?まずは、基本的なところからおさえていきましょう。

「Go To キャンペーン」とは?

新型コロナウイルスの影響を受けた、飲食業や観光業、イベント・エンターテインメント事業などを支援し、再活性化するための需要を喚起しようとはじまった取り組みです。感染防止の徹底と雇用の維持、事業の継続を最優先とし、期間限定の官民一体型キャンペーンとなっています。
日本全国を対象としており、予算1兆6,794億円という、これまでにない規模で実施されます。

「Go To キャンペーン」の種類は?

「Go To キャンペーン」には、4つの種類があります。
Go To Eat キャンペーン >>> 飲食事業向け
Go To Travel キャンペーン >>> 観光・運輸業向け
Go To Event キャンペーン >>> イベント・エンターテインメント業向け
Go To 商店街 キャンペーン >>> 商店街向け


「Go To キャンペーン」の開始時期は?

7月17日、国土交通大臣より「Go To Travel キャンペーン」に関しては、7月22日より先行して開始するという発表がありました。その他のキャンペーン事業については、7月10日時点では未定で、早ければ8月上旬には開始される見込みです。
実施期間は、今のところ2021年の春頃までとされていますが、こちらも正式発表待ちとなっています。

飲食店の救世主となるか?「Go To Eat キャンペーン」の詳細を学ぼう!

f:id:tentsu_media:20200710161902j:plain
Go To キャンペーンのなかでも、飲食業に一番関わってくるのが「Go To Eat キャンペーン」です。そこで、「Go To Eat キャンペーン」が具体的にどのようなものなのか、詳しく確認しておきましょう。

「Go To Eat キャンペーン」とは?

外出自粛の影響を受け、経済的打撃を受けた飲食業に人の流れと賑わいを創り出すことを目的としています。制度としては、以下の2つです。
◆オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与(最大一人あたり 1,000円分)

◆登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)を発行


参照:『令和2年度国土交通省関係補正予算の概要』

つまり「予約した飲食店に訪れた際、割引が受けられる」ものと、「特定された店舗で使用可能な食事券」の2種類があります。ですが、この2つを同時に利用することはできません。
その他にも注意点があるので、以下にまとめておきます。

< 注意点 >
●2種類あるサービスを同時に利用することはできない。
●当日来店したお店ですぐ利用できるのではなく、事前のオンライン予約が必要。
●付与されるのは現金ではなく、ポイント。
●ポイント付与のタイミングは支払時。

例)3,000円のコースを5名で予約した場合
付与されるポイント1,000円分×5名分=5,000円分の割引ポイントが会計後予約した人にまとめて付与されます。付与されるポイントは分割することができないので、その点も注意が必要です。

「Go To Eat キャンペーン」の利用方法は?

制度の内容を見ると、「オンライン飲食予約サイト経由で」とありますが、具体的なサイト名はまだ発表されていません。代表的な飲食予約サイトはいくつかありますが、それら全てが対象となるのか、どれか1つに絞られるかなども発表待ちとなっています。
また、ポイントの利用方法についてですが、ポイントは支払い完了後に付与されるため、利用できるのは次回以降ということになります。

飲食店にはどのような効果が期待できるのか?