withコロナ時代、2階以上の空中階で飲食店を出店するメリット・注意点とは?

新型コロナウイルスにより、消費者の店舗選びにおいて感染対策が重要視されるようになりました。2階以上の空中階で出店するメリットは、なによりも家賃や初期費用が安いこと。カフェの他、空中階出店と相性のよい業態、空中階における工夫や注意点などもご紹介します。

ぴのこ 出店 粕やん 経営ノウハウ
このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスは収束していませんが、店舗流通ネットでは出店のお問い合わせは増加傾向にあり、出店需要が回復してきている実感があります。
出店するなら路面店で・・・と、物件を探している人は多いかもしれませんが、空中階での出店は路面店にはないメリットがあります。
また現在は、コロナウイルスの影響により消費者の店舗選びの基準や来店動機も変化しています。
今回は、withコロナ時代における空中階での出店メリットについてご紹介します。

■Withコロナ時代の飲食店経営に必要な仕入れ・メニューの原価管理について書かれた記事はこちら
【飲食店の売上と利益確保】Withコロナ時代の飲食店経営に必要な、仕入れ・メニューの原価管理法

f:id:tentsu_media:20200728130917j:plain

今後、消費者のお店選びはどうなる?

全国の20~59歳の男女1,032人を対象としたリクルートライフスタイルの外食市場調査「緊急事態宣言後の外食実態調査」(2020年6月)によると、「外食に変わらない頻度で行くつもりだ/行っている」と答えた割合は14.8%。最も多いのは、「頻度を減らして行くつもりだ/行っている」の39.1%となっています。

また、外食のお店選びをする際に気にすることについての項目では、男女ともに「席の間隔が空いているか」がトップとなり、女性に至っては6割以上をしめています。

調査結果から、女性の過半数が、換気や消毒、マスク着用などを気にして店舗選びをしていることがわかります。今後、新型コロナウイルスが収束するまでは、消費者の店舗選びにおいて感染対策が重要視されると予想できます。 

路面店であれば、通りがかりに店内を目視できる場合が多く、座席の間隔などの対策を行っているかどうかが分かりやすい傾向にあります。それにより来店を判断するお客様もいると考えられるため、店内が見えない空中階の店舗では、対策していることを発信する方法を考えなくてはなりません。

まずは、空中階出店のメリットから見ていきましょう。

空中階出店のメリット

○家賃が安い
空中階のメリットは、なんといっても家賃が安いこと。空中階の店舗の家賃は、1階店舗の家賃の60~75%くらいが相場です。家賃が安くなることで、売上に対する利益が出やすくなるのが空中階の一番のメリットです。

○初期費用が安く済む
家賃が安いということは、物件取得費用も安くなります。そして、浮いたお金は店舗改装や運営資金に回すことができます。開業してからお客様が定着するまでの期間として、数か月以上は見ておいたほうがよいため、運転資金に余裕を持っておくことで安定的な経営につなげることができます。

○他人の目が気にならない落ち着いた雰囲気の店舗づくりが可能
通りがかりに店内が見える設計である路面店の場合、お店の雰囲気は分かりやすいですが、外からの人の目が気になって入店を躊躇してしまうお客様もいるのが事実。その点空中階では、外から見えないことに加えて外の騒音も聞こえづらくなるので、落ち着いた雰囲気のなか、”ゆっくりと過ごせる時間”を提供することができます。

○非日常感を演出しやすい
看板の出し方や店舗への動線を工夫することで、非日常感やワクワク感を演出することも可能です。また、プラネタリウムとバーを組み合わせたプラネタリウムバーや、個室が洞窟風になった洞窟居酒屋など、独自のコンセプトを打ち出す店舗にも空中階はマッチします。店外との境界線が見えない空中階のつくりだからこそ、非日常空間を盛り立ててくれるのです。

さらに空中階のメリットを活かすには?

○窓から見える景色がいい物件を選ぶ
消費者が飲食店に求めるものは、料理の味だけではありません。そこで味わえる時間を含めた”体験”も、重要な要素の1つです。景色を利用して店舗が作れるのは、空中階ならではの利点です。そのような物件を選べば、窓からの眺めを付加価値としてコンセプトに加え、お店のウリにすることも可能です。

空中階出店と相性の良い業態・店舗