飲食店経営の効率化を進める人時生産性とは?計算式や向上させる方法、人時売上高との違い

「人時生産性」とは、生産性を測る指標のことで、従業員1人当たりが1時間で上げた粗利金額をいいます。人時生産性は、【粗利÷総労働時間】という計算式で算出でき、店舗の利益状況やオペレーションの効率性を測ることができるます。「人時売上高」「労働生産性」との違い、人時売上高を向上させる方法もご紹介します。

店舗運営 店通編集部 経営ノウハウ 飲食店お役立ち記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

人手不足が加速する飲食業界では、生産性の向上が喫緊きっきんの課題となっています。そんな生産性を測るための指標のひとつが「人時にんじ生産性」です。今回は、企業の競争力を高めるための具体的な道しるべとなる人時生産性について解説します。

人時生産性とは?

人時生産性とは、従業員1人当たりが1時間で上げた粗利金額です。お店にかかった労働力に対して、どれだけの利益が出せたのかを表す生産性の指標として活用されています。決算書に記載されるような企業全体の利益率などとは異なり、その店舗での個別の利益状況やオペレーションの効率性を測ることができる点が人時生産性の特徴です。

また、人時生産性と類似する指標に「人時売上高」があります。こちらは従業員1人当たりが1時間で上げた「売上」を表します。人時売上高はお店の労働力である従業員1人が1時間でどれだけの売り上げを生んだかを計る指標として使われます。人時生産性と人時売上高の計算方法は以下の通りです。

●人時生産性=粗利÷総労働時間
従業員1人あたりが1時間にあげた粗利益

●人時売上高=売上÷総労働時間
従業員1人あたりが1時間にあげた売り上げ

「人時生産性」は、純粋に1時間あたりの利益がわかるため、経営改善のために有効な判断材料となります。
「人時売上高」は、1時間あたりの売り上げの値なので、業種によって大きく差が出ます。そのため、自分のお店と同じ業態の店舗と生産性を比較する場合に利用できます。

労働生産性と人時生産性の違い

人時生産性と似た概念として、労働生産性というものがあります。労働生産性とは、投入した労働力に対してどれだけの生産物を得られたかを表す指標です。労働生産性は「労働生産性=生産物÷労働力」という計算式で算出できます。

労働生産性は計算式の中にある「生産物」と「労働力」をそれぞれどのように定義するかによって、なにを示す指標なのかが変わります。生産物は製造した商品の数や売上金額などを当てはめることができますし、労働力には人数や総労働時間を当てはめることができます。このように、幅広い使い方ができる点が労働生産性の特徴です。

これに対して人時生産性は、従業員1人当たりが1時間で上げた粗利金額というように、より具体的な数値を表しています。つまり、労働生産性とは生産性の指標における大きな概念で、人時生産性は生産性を表す指標のうちのひとつ、と考えることができます。
人時生産性を上げるには?