法律

【新型コロナウイルス対策】食品の過剰在庫を乗り越えよう!飲食店・食品業者の救済措置・販売支援のまとめ

新型コロナウイルスによる食品の過剰在庫を乗り越えよう!飲食店、食品製造業・食品卸売業におすすめのフードロス対策、販売支援・救済サービス:くまポン、在庫ロス掲示板、KURADASHI.jp(クラダシ)、TABETE(タベテ)、 Otameshi(オタメシ)、Render(レンダー)による食品の過剰在庫の支援情報を紹介します。

【飲食店は原則禁煙!?】 広がる禁煙化の波。全国に先がけ条例が施行された神奈川の実状とは

厚生労働省の「受動喫煙防止対策助成金制度」は分煙環境の整備費用の一部を助成する制度です。 エアカーテン、個室タイプの喫煙室、分煙機の設置、客席を分ける壁を作るなど、分煙設備と設置費用はどのようなものがあるのか。『実際に分煙・完全禁煙を導入されたオーナーの声』を紹介します。

【受動喫煙/全面禁煙化】飲食店のたばこ対応はどうなる?国の法令と地方条例の差とは

今まで数々の説が唱えられてきた全面禁煙化。 「受動喫煙対策」はどんな内容で施行されるのか。 原則禁煙という条件付き規制とは? 従業員の募集や求人の際に受動喫煙対策を明示する義務とは? さらに大手飲食店や居酒屋チェーン店の事例、飲食店以外のパチンコホールの全面禁煙化についてお伝えします。

【番外編】いったいどうなる?! 飲食店の全面禁煙化(受動喫煙対策…後退は必至?)

“厚生労働省案に対して、自民党の「たばこ議員連盟」は対案を発表。「厳しすぎる」との党内の反発を考慮した。” 厚生労働省や大臣が「やる!」と言っているのに、自民党が認めない? ではそもそも法律の案は誰がつくるのか? 「受動喫煙防止対策」の成立までの流れをたどります。

いったいどうなる?! 飲食店の全面禁煙化(第1回 これまでの経緯と厚生労働省案)

飲食店の全面禁煙化(受動喫煙防止)のニュースが世間を賑わせています。 これから先、一体どうなってしまうのか?全面禁煙にしたら売上が下がるのでは? 飲食店など、利用者側に他の施設の選択の機会があるものや、娯楽施設のようなものは、原則建物内禁煙としつつ「喫煙室」の設置が可能とは?

テナントオーナーが書類送検!?その時大家はどうする?-賃貸借契約は解除できるのか-

店舗の経営者が、書類送検された。 大家の希望どおり、賃貸借契約を貸主から一方的に契約を解除することはできるのか? 逮捕とか、書類送検とか、起訴とか、拘留とか…何がどう違うか? 書類送検の事実により契約の解除が可能なのか? 「正当な事由」とは何か?調べてみました。

【店舗の越境、注意点と対処方法】不法侵入!境界を越えてしまったとき・・・

越境とは? 境界を越えること。国の境界(国境)を勝手に超えると国際問題になり、大変なことになります。 店舗でいえば看板・テント・ダクト・室外機・樹木・などが境界線を越えて隣の敷地に侵入、「越境」し、トラブルになります。越境の注意点・対処方法などを抑えておきましょう。

JASRACなんて怖くない-NO MUSIC, NO SHOP-著作権使用料から、お金のかからない方法までをご紹介!

飲食店を彩る重要なファクターのひとつ、“音楽”。食事と同じで、音楽にも作曲や作詞をした制作者がいます。勿論無断で使うなんてもってのほかです。飲食店での著作権使用料から、お金のかからない方法など、目からウロコの情報をお届けします。