【業務効率化】オーダーエントリーシステムとは?導入に関するメリット・デメリット

飲食店の業務を効率化するといわれている、オーダーエントリーシステムとは?ハンディの使用が主流であったオーダーエントリーシステムの最近のトレンドはスマホ?タブレット?オーダーエントリーシステムの利用で読み書き間違い、紛失、売り切れメニュー受注の防止。活用することで受けられるメリット・デメリット・注意点とは?飲食店の迅速かつ効率的なオペレーションを確立するために、オーダーエントリーシステムという選択肢。

店舗運営 店通編集部 経営ノウハウ 設備 飲食店お役立ち記事

飲食店のフロア業務を効率化する「オーダーエントリーシステム」をご存じでしょうか?
オーダーエントリーシステムを導入することは、スムーズな注文取りと料理提供、ホールとキッチン間の伝達ミスの軽減など、飲食店業務にメリットをもたらしてくれるでしょう。
今回の記事では、このオーダーエントリーシステムについて解説していきたいと思います。

オーダーエントリーシステムとは?


オ-ダーエントリーシステムとは?

オーダーエントリーシステムは、お客様からの注文を紙の伝票ではなく、デジタルな手法で受け付けるシステムです。
オーダーエントリーシステムで注文を受けた内容は、キッチンプリンターやモニターへ送信され、調理スタッフのもとに直接届きます。調理スタッフは、受信した注文を見て調理を行います。これにより、わざわざホールスタッフがキッチンに注文を伝えに行ったり、口頭で伝えたりする必要もなくなり、注文から調理までの業務を効率化することが可能です。
 
オーダーエントリーシステムは、ハンディが使われることが主流でしたが、現在はスマートフォンやタブレットの活用が増加傾向にあります。手持ちのスマートフォンやタブレットを活用すれば費用を抑えられるため、少額でオーダーエントリーシステムを導入することも可能です。
 
そして近年、ファミリーレストランや回転寿司では、客席にタブレットなどの注文機を設置して、お客様自身に注文を入力していただくと、キッチンにオーダーが伝わる「テーブル設置型のセルフオーダーシステム」が主流となっています。
 

オーダーエントリーシステムに期待できること

手書きの伝票では、注文の書き間違いや読み間違い、伝票の紛失などが原因でオーダーミスが起きる可能性があります。
オーダーエントリーシステムは、ハンディに注文を入力し送信するだけで良いため、入力したメニューを見ながらお客様へ注文内容の確認を徹底すれば、ホールスタッフからキッチンへ正しくオーダーを伝えることが可能です。
そうすることでオーダーミスのリスクは、手書き伝票を使用したときよりも減少することが期待できます。また、ホールスタッフがホールとキッチンを行き来し、伝票のやり取りをしないため、衛生面でのメリットにもなります。
 

オーダーエントリーシステムに一手間を加えれば

その他にも、オーダーエントリーシステムをPOSレジや会計システムと連携させることで、自動会計や売上の集計・分析、在庫管理などの経営に役立つ機能も使えるようになります。
メニューの在庫がゼロになったとき、キッチンから「〇〇売り切れです!」とホールスタッフに伝える場面があるかと思います。毎回口頭で報告していては、ホールスタッフに上手く伝達されないこともあるでしょう。複数のメニューが売り切れとなった場合、そのすべてを覚えておかなくてはいけない点も従業員の負担になってしまいます。
 
オーダーエントリーシステムにて在庫管理の機能を併せて使用することで、売り切れたメニューは瞬時にハンディ(小型の注文機)やハンディ機能が搭載されたスマートフォンなどに送信されます。そのため、お客様からの注文を受ける際に売り切れたメニューのオーダーを取ってしまうことも防げるのです。
 

オーダーエントリーシステムの機能


前述したように、オーダーエントリーシステムには紙の伝票にはない便利な機能があります。ここでは、オーダーエントリーシステムの機能の一部を改めてご紹介していきたいと思います。
  
●ホール・キッチンスタッフ間のオーダー共有
オーダーエントリーシステムでお客様からの注文を取ると、ホールスタッフはキッチンに行くことなくキッチンスタッフへオーダーを伝達することが可能です。
これによって、ホールスタッフがオーダーを伝えにキッチンへと行く手間を省くことができるのです。
 
●会計の自動計算
オーダーエントリーシステムを使って受注した注文データは、自動でテーブルごとの合計金額が計算されます。合計金額はリアルタイムで計算が進み、レジからはもちろんハンディでも金額を確認することが可能です。
 
●商品残数や売り切れ表示機能
オーダーエントリーシステムに使うハンディや各種デバイスには、メニューの残数や、品切れの情報が表示されます。商品残数や品切れの表示を入力することによって、ホールスタッフがお客様から注文を受けたその場で、品数や品切れ状態を確認することが可能です。
 
●テーブル管理
客席の情報をハンディ上で確認することも可能です。自分が担当している座席以外でも、どの席に何人のお客様がいるのか、どこが空席で、どこが予約席なのかなどの確認を行うことができます。
 
オーダーエントリーシステムを導入するメリット・デメリット