飲食店の人手不足、理由と4つの具体的な対策方法。営業できない事態を防ぐには

飲食店の人手不足の現状、原因と理由とは?飲食業界の離職率は、他業界と比べて高い傾向にあるとされています。人手が足りず営業できない事態を防ぐための対処方法として、従業員にやりがいを感じてもらう方法、適切な目標設定の方法、従業員の評価の仕方などをご紹介します。

人材 店舗運営 店通編集部 採用 経営ノウハウ 雇用・人材 飲食店お役立ち記事
現在新型コロナウイルスの影響により、人材不足問題は少し緩和されている様子が伺えますが、従業員の離職率に頭を抱えている飲食店経営者の方も多いのではないでしょうか?

離職・退職を減らすには、店舗の職場環境や営業方針を見直すことも求められます。今回の記事では、店舗の離職率を改善する方法について解説します。

飲食店の人手不足の現状

f:id:tentsu_media:20201215185107j:plain
まずは実際のところ、飲食業界の離職率はどのくらいなのか、他業種と比べてみましょう。

離職率と社会状況

厚生労働省から発表されている「平成30年雇用動向調査結果の概況」によると、産業計の離職率が14.6%であるのに対して、宿泊業・飲食サービス業の離職率は29.8%との数値が出ています。
つまり、飲食業界の離職率は平均値の約2倍ということになり、飲食業界の離職率は他業種に比べると高い傾向にあるようです。

また、平成31年の「外食産業市場動向調査」によると、飲食店の店舗数はここ10年でほぼ横ばいという統計が出ています。その反面、日本は少子高齢化に伴い働くことのできる人材の数を表す「生産年齢人口」が低下しているのです。

前述のデータから、飲食店の店舗数は変わっておらず、働き手が減少しているというこの状況は、飲食業界の悩みの一つである人材不足の原因にもなっていると考えられます。

飲食店が人手不足に陥ってしまう理由

店舗にもよりますが、飲食業界では労働者の70%以上が非正規社員、つまり契約社員やパート、アルバイトであるとのデータがあります。そのような飲食店の場合、非正規労働者に大きく依存することになり、人口が減ってきている年代のパートやアルバイト人材の取り合いが激化する可能性があるのです。

飲食業界に限らず言えることですが、学生やフリーターなどの非正規雇用者の立場としては、求人数が多い中であればアルバイト先を見つけるのは比較的容易です。そのため、今の職場が自分に合わないと思えば、働く店を変えてしまうこともあるでしょう。こういった背景も離職率を高める要因となっています。

飲食店の人手不足が生み出す負の連鎖

f:id:tentsu_media:20201215185123j:plain
離職率の高い店舗は、単に人手不足を招くだけでなく、以下のような負のスパイラルを生み出します。
①従業員が退職する
②従業員数が減って業務が忙しくなる
③業務が忙しくなって人材育成をする余裕がなくなる
④人材育成ができずに生産性が上がらない
⑤生産性が上がらず収益が上がらない
⑥職場環境の悪化が進み退職者が出やすくなる
 
このように、退職者が出ることは店舗運営にさまざまな悪影響を及ぼす原因となります。飲食店は離職率が他の業界よりも高い傾向にあるため、上記のような状況に陥りやすい可能性があるといえるでしょう。このような連鎖を食い止めるためにも、従業員の退職を防ぐための工夫をしていかなければなりません。

飲食店で従業員の離職を防ぐ方法を4つご紹介します