飲食店必見!時代に合わせたシフト管理方法で業務を効率化する方法とは

シフト管理を適切に行う目的に「店舗営業の円滑化」「人件費のコントロール」があります。人員不足によるサービスの質の低下を防ぎながら、余剰人件費を削るためには適切なシフト管理が必要になります。そこで役立つのが、業務効率化の向上と利益改善が望めるIT化したシフト管理ツールです。今回はさまざまなシフト管理ツールの中から特に飲食店での活用に向いているものをご紹介します!

人事 人材 店舗運営 店通編集部 経営ノウハウ 雇用・人材 飲食店お役立ち記事
飲食店の経営で頭を悩ませる業務のひとつがシフト管理です。人員配置は店舗の営業を回すうえで重要ですが、人件費という大きなコストも同時に考えなければいけない難しさがあります。
今回の記事では、そんなシフト管理の効率化について解説していきます。
f:id:tentsu_media:20201009145054j:plain

シフト管理はなぜ重要なのか?

f:id:tentsu_media:20201012171041j:plain
シフト管理を適切に行う目的として、店舗の営業を円滑に行うことと、人件費のコントロールが挙げられます。
飲食店を営業するのに従業員の存在は欠かせません。もしその日の営業に入る従業員の数が少なく、お客様の人数が普段と変わらなければ、かかる人件費が少ないので利益は増えるでしょう。
しかし、従業員一人あたりの負荷が大きいと、目の前の仕事をこなすのにいっぱいいっぱいになってしまい、料理の提供が遅れたり、オーダーミスが発生してしまう可能性があります。
従業員が忙しさからお客様に気を配る余裕がなくなってしまうと、サービスの質が落ち、お客様の満足度も低下してしまい、客離れを招く原因となってしまいかねません。

では、従業員の人数に余裕を持たせれば良いのかというと、そんな簡単な問題ではありません。人員不足によるサービスの質の低下は防げるかもしれませんが、人件費の問題が生じます。

食材や備品と違い、人件費は繰り越すことのできない費用であり、飲食店にかかるコストの中でも高い割合を占めています。出勤した従業員には、利益を生み出す仕事をしてもらわないと、売り上げの中で人件費の割合が高くなるだけで、お店の利益は増えません。
そのため、人員不足によるサービスの質の低下を防ぎ、また余剰人件費を削るためには、適切なシフト管理が必要なのです

シフト管理はITツールの利用がおすすめ

f:id:tentsu_media:20201012162553j:plain
シフト管理はITツールを利用することによって、業務効率の向上と利益の改善が望めます
現在は、飲食店の業務効率化を助けるいろいろなサービスが登場しており、シフト管理のIT化を進める飲食店は増加傾向にあります。従来のシフト管理は、従業員のシフト希望を集めて、エクセルなどのツールにデータを落とし込んでから、シフトを組むというものでした。シフト管理ツールを使えば、これらの作業をすべてツール内で完結させることが可能です。

さらに現在リリースされているシフト管理ツールの多くは、クラウド上での管理が可能なため、場所を選ばずどこでも作業することができます。このように、 シフト管理はITツールを利用することで、シンプルかつ効率的に行うことができるのです。

また、シフト管理ツールの多くには、勤怠管理以外にもさまざまな機能が搭載されています。
例えば、時給の自動計算やシフト人数の最適化、複数店舗のシフト同時管理、超過労働の警告表示、データ分析などが挙げられます。これらの機能を活用することで、人件費をコントロールし、利益の改善を狙うことが可能です。
従来のようにシフト希望を集めてから、扶養内アルバイトの計算や超過労働がないかの計算をしたり、シフト希望が出ていない従業員に催促するといった手間も省けることになります。
サービスによっては従業員のスマホにアプリを入れてもらえば、アプリ内でシフト希望を集め、シフトを作成し、完成したシフトを共有することもできます。

 
シフト作成関連の時間が短縮されることで、シフト作成者の生産性も上がります。シフト作成者が残業しながら事務作業の一環でシフト作成をしている場合は、残業代の削減になり、人件費率も下げることができます。
このように、シフト管理をIT化することはメリットが多く、飲食店の業務負担を軽減し労働時間を短縮するとともに利益アップにも貢献することになります。

飲食店向けのシフト管理サービスはこれだ!役立つシフト管理サービスをご紹介