新駅誕生でますます注目の「田町」エリア。飲食事情は?【エリア調査マン】

西口側(三田口)と東口側(芝浦口)で大きく雰囲気が異なる田町。 有名私立大学や教育機関、各国の大使館に加え、 図書館、資料館や港区最大級のスポーツセンター、さらには寺社・仏閣や霊園なども点在し、土日の飲食需要も求められ、2020年には新駅も誕生する田町エリアの平均坪単価や特色など調査します。

こんにちは。店舗開発担当のTAKE4です。
今回は、『エリア調査マン企画』ということで田町に訪れました。
 
『田町』といえば、我が社(浜松町)からもほど近い“飲み屋密集地域”。仕事終わりにビールを一杯引っかけてから家路に…という方も多いのではないでしょうか。


学生&ビジネスマンが行き交う街!『田町』ってどんな街?

f:id:tentsu_media:20180308123526j:plain

交通アクセスの利便性にも恵まれた田町エリア。
JR田町駅の1日平均乗車人員は152,624人(2016年度)。JR東日本の駅の中では、浜松町駅に次いで第18位と上位にランキングされています。JR田町駅(京浜東北線、山手線)のほか、徒歩圏内には地下鉄三田駅(都営三田線・都営浅草線)も乗り入れているため、交通アクセスは抜群。
 
「三菱自動車工業」や「森永乳業」など大手企業の本社ビルや外資系企業のオフィスも多数あり、ビルの壁面には誰もが知っている社名ロゴをあちこちで見かけます。高層ビルも多く、朝晩のピーク時には駅周辺に多くのビジネスマンが!活気あふれる生き生きとした街です。

田町

田町・三田エリアには「慶應義塾大学」に代表されるように、有名私立大学・高校を含め教育機関も数多く存在。「ハンガリー」「ボツワナ」など各国の大使館に加え、図書館、資料館や港区最大級のスポーツセンター、さらには寺社・仏閣や霊園なども点在しています。平日だけでなく土日も人の出入りが絶えず、仏事等に関連しての飲食需要も求められます。


西口(三田口)、東口(芝浦口)の飲食店街は、雰囲気が異なる

田町エリアは、西口側(三田口)と東口側(芝浦口)で大きく雰囲気が異なるのも特徴です。
 
田町エリア『飲食店街・再開発区域』

※上記地図上でく囲ってある部分が『飲食店密集エリア』です。

 

西口側(三田口)

教育機関やオフィスビルが多く、学生やビジネスマンなど、昼夜人通りの絶えない地域。
近年は高層高級マンションが建設され、住民も増えつつあります。
f:id:tentsu_media:20180309120117j:plain


f:id:tentsu_media:20180309121053j:plain
f:id:tentsu_media:20180309121136j:plain

小規模の「バル」や「立ち飲み屋」「焼鳥屋」など業態に特化している飲食店が多く散見されます。
内外装に趣向を凝らした個人経営のこだわりある店舗のほか、大手飲食チェーンが新業態にチャレンジしたりと真新しいお店も多く、刺激のあるエリアです。


東口側(芝浦口)

近年再開発がすすみ、オフィスで働くビジネスマンに加え、続々と住民が増えている地域。
f:id:tentsu_media:20180309122652j:plain


f:id:tentsu_media:20180309122759j:plain
f:id:tentsu_media:20180309122812j:plain

東口側は埋め立て地ということもあり、街が造られたのが比較的新しいため道幅も広く、西口に比べ大型の店舗が目立ちます。都内各所に出店を重ね、ここ最近勢いのある「ロッキーカナイ」など、注目の大衆居酒屋もちらほら。

田町エリア全体としては、学生やバリバリビジネスマンのおなかを満たすためか安くてボリューム満点のお店が繁盛している傾向です。反面、一本路地を入るとおしゃれで落ち着いた大人の雰囲気のお店も多く、静と動の両面を楽しむことができます。


2020年には品川~田町間に「新駅」誕生!

2020年開催の東京オリンピックに向け、山手線と京浜東北線の品川~田町間に新駅が建設されます。2018年2月には本格的な工事がついにスタート!
 
工事は都市開発と合わせて進むため、本格開業は2024年になる予定です。新駅ができるのは、山手線では1971年開業の西日暮里駅以来で、49年ぶりとのこと。ますますこのエリアが脚光を浴びることでしょう。

≪参考≫
品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要について
五輪に照準、山手線新駅の起工式 品川-田町間 (写真=共同) :日本経済新聞


まとめ

≪田町エリアまとめ≫
・JR田町駅(京浜東北線、山手線)に加え、徒歩圏内に地下鉄三田駅(都営三田線・都営浅草線)が乗り入れ、利便性が高い
・オフィスビル、教育機関が多いため、ビジネスマンやOL、学生の集客が見込める
・2020年には東京オリンピックに向け品川~田町間に新駅が誕生し、ますます注目のエリア
 
≪田町エリアの飲食店情報≫
・西口(三田口)は業態に特化した小規模の飲食店、東口(芝浦口)には大型の飲食店が集まる
・学生やビジネスマンのおなかを満たすため、安くてボリュームある店が繁盛している(※激安居酒屋グループ店が新たに出店した居酒屋ヨットは連日大盛況)
・西口(三田口)側には寺社・仏閣、霊園が多いため、仏事等に利用できる大型店舗の出店にチャレンジするのもいいかも
 
田町エリアは再開発が進み、品川~(新駅)~田町の一体感から今後さらなる集客が見込めます。開発により賃料相場は上昇傾向にある今、早めの物件探しで“繁盛店開業”に踏み出しましょう。

田町エリアの相場・・・平均坪単価16,000~23,000円(1階)
田町駅周辺の店舗面積相場・・・33.06坪
業態…居酒屋、バルを中心に、焼肉、ラーメン、中華、カレー、アジア料理など

参考:弊社運営居抜き物件サイト:テンポバックス 2016年~2017年の物件情報より

TAKE4

 
f:id:tentsu_media:20180309120915j:plain