全社員がライター!「店通-TENTSU-」編集部が選ぶ思い出の記事9選

こんにちは、店通編集部です。いよいよ、今年最後の記事です。 私たち編集部は、エンジニアやデザイナー、広報などそれぞれ抱える業務のほかに、「店通-TENTSU-」の運営をしています。 楽しかったこと、悩んだこと、思いのたけを綴っていますので、お見苦しい箇所もあるかと思いますが、ぜひ年末年始のお供にご覧ください!

f:id:tentsu_media:20171227164724j:plain
こんにちは、店通編集部です。いよいよ、今年最後の記事です。
 
店舗流通ネット株式会社が運営する「店通-TENTSU-」は、タイトルの通り全社員が一丸となって全ての記事を作成しています。(しつこいくらいに言ってます・・・)
 
その中でも私たち編集部は、エンジニアやデザイナー、広報などそれぞれ抱える業務のほかに、「店通-TENTSU-」の運営をしています。私たちのメディア業務は、ライター(社員)の皆さんと協同で、企画立案、構成案作成、校正、編集、取材・撮影、ライティングなど、多岐に渡ります。
 
それぞれ編集部員が担当に付き、記事の公開まで携わるので、ひとつひとつの記事に相当な思い入れがあります。そんな、編集部の熱い思いを今回はストレートに伝えたいなと思いまとめました。楽しかったこと、悩んだこと、思いのたけを綴っていますので、お見苦しい箇所もあるかと思いますが、ぜひ年末年始のお供にご覧ください!
 

那須ありぺ:顧客満足について考えるきっかけになりました

www.tenpo.biz
「飲む人」と「飲まない人」が両方楽しめる飲み会ってどんなものだろう?という疑問から企画がスタートした記事です。飲めないチームの私も大満足ではあったのですが、コメントでも「これはただのお食事会」と指摘していただき、確かに…!という反省点も。居酒屋を経営されている方にも、ヒントを与えられるような続編、考えたいですー!
 
www.tenpo.biz

ライター芝耕作さんの着眼点がすごく面白い!と思い、一緒に作成をしました。居酒屋でお通し代を払うのって当たり前になっているけど、「賛成派」と「反対派」が意外と大きく分かれるんだなぁという、新しい発見がありました。

さっさん:おいしく勉強させていただきました

2017年は、なぜかひたすらビールに関する記事に携わっていた気がします。特に、紅の熊さん、オカ兄さんと一緒に作り上げた舞浜ロティズハウスさんの取材記事は、工房内を見学させていただいたりと、とても思い出深い取材記事になりました。

www.tenpo.biz 
他にも下北沢「ビアバー うしとら」さんを取材させていただいたり、自らもスペインのバルでビールを飲んできた記事も書きましたっけね。とにかくビールの1年!ありがとう、そしてお疲れさま私の肝臓!!
 
そして大変だったなぁと思う記事は、名古屋支店長・名古屋のカネコさんと、施設部のチンピラ・東京のカネコさんと共に3回に渡って作り上げた、名古屋マスターリース事例の記事でしょうか…。

www.tenpo.biz
より専門的な記事を書いていくために「部署間を越えて合同で記事を作成する」スタイルを今年から取り入れました。専門的知識をどう編集校正していくか。時間も労力もかかりましたが、その分自分としても自社のサービスの魅力を再確認できた気がします。ビール飲んでただけじゃないんですよ。


オカ兄:店通の存在価値の将来性を感じた記事

今年の店通-TENSU-は、Webとリアルの両方で、読者様とのコミュニケーションを図るための活動を行いました。お問い合わせフォームの設置や、アンケート、SNSでの情報発信などを強化してきました。結果として、外交活動に繋がるケースも多く、飲食事業に親和性のある企業との関係強化に努めました。
 
先日公開したこの記事は、店舗向けBGM配信サービスを行う、株式会社ワールドスケープ代表の海保さんより問い合わせをいただき作成しました。「飲食店に寄り添ったサービスを提供している」という熱意が伝わり、同じく業界を盛り上げよう!という熱い気持ちが伝わってきました。
 
www.tenpo.biz
 
こちらは飲食店向け集客サービスを行う株式会社クロノス代表の安田さんより、SNSから直接メッセージをいただき生まれた記事です。鮮魚のECサイトを運営する株式会社いなせりや、飲食系ブロガーの方々など、多くの方と実際にお会いすることで、業界内外のさまざまな事象を取り上げることができました。
 
www.tenpo.biz
  
【築地品質をWEBで】水産業の次代を担う『いなせり』の真髄とは - 店通 -店舗流通ネットメディア-
新しいラーメン…食べたくない? 新橋のタイ料理屋のラーメンがすごい! - 店通 -店舗流通ネットメディア-
 
「飲食業界で生きる人の情報サイト」として2年間続けてきたことで、業界関係者からの注目も高まりました。これは飲食業界だけにとどまらないという期待も感じます。
 

コボ:店舗流通ネットの仕事をあらためて理解した日

www.tenpo.biz
当社の仕事についてあまり理解がなかったと実感した取材でした。物件を紹介するために、こんな調査をして、実際にどんなトークをしているなど。マーケットを調べ、お客様に物件を紹介している姿を見て、営業マンの本質のようなものを感じました。日頃の業務を記事で発信し、当社の取り組みを感じていただける。そんな記事になるよう意識しました。
 
www.tenpo.biz
法改正により個人型確定拠出年金(iDeCo)への注目が高くなりましたが、当社でも早い段階で導入していることは知っていましたが、その内容をよく理解できました。社員のネタ出しの段階で、“人材の入れ替わりの激しいこの外食産業でも親和性が高いんじゃないか”という、企画の提案は当社ならではだと感じます。

オー!ぎはら:『何が何でも、お店の味方でいよう』と決めた日

今年携わった記事で、即座に思い出すのは「グルメンピック中止問題の記事」。被害者の会代表の鈴木氏から直接連絡(依頼)をいただいて執筆を決意しましたが、これまでの店通-TENTSU-テイストとまったく異なる(重たい)テーマだっため、結論を出すのに悩んだことを思い出します。
 
www.tenpo.biz
 
私たち店通-TENTSU-は報道機関でなないので、事実だけを伝えるだけではなく『飲食店の方々に二度とこのような被害にあってほしくない思い』と、『何があってもお店の味方でいようという思いを』再発防止策という結論で表現させていただいた記事です。あらためてご覧いただければと思います。
  

2017年もありがとうございました

f:id:tentsu_media:20171227164751j:plain 
無事「店通-TENTSU-」も2年目を終えることができました。ありがとうございます。
 
今年公開した記事数は164記事でした。編集部が選んだ記事の他にも、思い入れのある記事がたくさんあって、選びきれませんでした。ぜひ、ほかの記事もご覧になってください。それでは皆さん、良い一年をお過ごしください!
 

店通編集部

 
f:id:tentsu_media:20171227164751j:plain