うまい料理は苦手もなくす?『DAY TRIP ASIA』

どうもやんかすです。
前回の取材で訪れたナイルレストランでは、本場のインドカレーに挑戦し「本当においしいものは食べることができる」と実感しました。前回の苦手克服の経験から早半年。第二弾をお届けします。
 
www.tenpo.biz

f:id:tentsu_media:20171023141606p:plain



今回の企画の舞台は神泉。企画の趣旨に合うお店の選定にあたり、“本場さながら”の料理を提供するお店を、店通編集部の呑みどころプランナーオカ兄に紹介してもらいました。

 

うまいものしかない!?「DAY TRIP ASIA」の魅力とは

オシャレに敏感な女性客に人気の神泉。もちろん味にも敏感です。その中で異彩を放っているのが、オカ兄オススメの「DAY TRIP ASIA」です。本格的なベトナム料理を中心に、アイデア溢れる創作料理を楽しめる同店は、「うまいものしかない」とオカ兄が豪語しており、各種メディアでも注目を集めています。
 
そんなDAY TRIP ASIAのオーナーは、現在飲食事業で41ブランドを展開するダイヤモンドダイニングで、常務取締役を務めた薬師寺祥行さん。海外担当を任されて現地に赴任し、本場の食文化を肌で感じてきました。その薬師寺さんが昨年、独立開業したのがこの「DAY TRIP ASIA」です。
 
f:id:tentsu_media:20171005101644j:plainf:id:tentsu_media:20171005101649j:plain
JR渋谷駅ハチ公口からでも徒歩7分ほどで、京王井之頭線、神泉駅からだと徒歩2~3分という好立地に在り、神泉の飲食店特有といえる、おしゃれな店構えです。
 
f:id:tentsu_media:20171005101655j:plain現地で調達したものもあるという調味料がならびます。
◆本場の雰囲気漂う店内
南国リゾートのような内装の店内は、ベトナムを感じさせる装飾が随所に散りばめられています。店名からも伝わるように、渋谷から数分で旅行気分にしてくれます。テラス席も本場の屋台を彷彿させます。

席につき、カメラマンとして同行した呑みどころプランナーオカ兄と早速カンパイ!実はお酒も苦手な僕は、生搾りレモンサワーは薄めで注文しました。



f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「お疲れさま!やっぱり南国のビールは最高だね!」
「やんかす、お酒も苦手なんだね…。どれだけお子ちゃまな舌をしてるんだよ!」

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「いや!僕の舌は絹のように繊細なんですよ。」


今回はできるだけ多くの料理に挑戦していきたいと思います。自分で選んだ2品に加え、オカ兄のオススメ2品、お店の方のオススメを2品を。

やんかすトライメニュー一覧【by.DAY TORIP ASIA】

◆お店のおすすめ
キュウリのタタキピリ辛ナンプラー和え 350円
ゴイ・クン 900円(エビ・豚肉のベトナム生春巻き)

◆オカ兄おすすめ
ソムタム 850円(青パパイヤとハーブ野菜のサラダ)
バインセオ 1,300円(ベトナムお好み焼き)

◆やんかすチョイス
鶏のアジアンハーブ煮 850円
鶏の激辛唐辛子炒め 1,200円

それではトライメニューを実食します

※この感想は、あくまでも辛いもの香辛料系が苦手なやんかすの個人的なものです。打開策として、冒頭にオカ兄の解説を設けましたのでご了承下さい。

キュウリのタタキピリ辛ナンプラー和え

キュウリのタタキピリ辛ナンプラー和えは、シンプルイズベスト!先ずはこれを頼んでおけば大丈夫。魚醤が苦手な人もいるので、やんかす・・・大丈夫か?
 

f:id:tentsu_media:20171019150428j:plain
f:id:tentsu_media:20171023111831j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「爽やかなレモンサワーは辛いものにはマッチしそう。キュウリのタタキピリ辛ナンプラー和えはついつい箸がすすみますね。」

ソムタム(青パパイヤとハーブ野菜のサラダ)

シャキシャキの青パパイヤは、甘酸っぱい味付けが絶妙です。新鮮なパクチーの香りは食欲をそそります。しょっぱさや辛さも調和がとれているので、ベトナム料理がはじめての方でも安心して食べれそう。
 
f:id:tentsu_media:20171023111712j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「パパパッパクチー…。パクチーは食べやすくてまだ良いのですが、独特の甘みと酸味は少し苦手な感じですが、レモンサワーやビールと合わせると、スッキリしていいですね!」

f:id:tentsu_media:20171005101200j:plainf:id:tentsu_media:20171005101208j:plainf:id:tentsu_media:20171005101322j:plain

ゴイ・クン(エビ・豚肉のベトナム生春巻き)

もはやベトナム料理定番の生春巻き。エビや豚肉の他にも野菜がたっぷり。ヘルシーかつ食べごたえがあるので、女性人気も頷けます。
 
f:id:tentsu_media:20171005101329j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「この生春巻きは好きです!香草が多いのが少し気になりますが、食べやすい!甘辛いソースはおいいしのですが僕には辛い。」

f:id:tentsu_media:20171023112519j:plainf:id:tentsu_media:20171005101332j:plainf:id:tentsu_media:20171005101329j:plain

バインセオ

バインセオはベトナム風お好み焼き。生地の中にたっぷりの野菜とお肉が入っており、ハーブやレタスで包んで食べます。こちらもヘルシーで「罪悪感のない粉もの」といったところでしょうか。
 
f:id:tentsu_media:20171023111540j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「オカ兄!バインセオめちゃくちゃうまいです!辛くない、臭くない!
とはいえ企画的には少しつまらないですかね。でも本当においしい。野菜も多く摂れるので、女性人気も頷けるなぁ」

f:id:tentsu_media:20171023112322j:plainf:id:tentsu_media:20171005101632j:plain

鶏のアジアンハーブ煮

本場では牛肉を煮込む料理として知られているようですが、こちらでは鶏肉を使用。じっくり炊いた鶏肉は柔らかく、鶏の旨みが出たスープは言うことなしのおいしさです。
 
f:id:tentsu_media:20171023111948j:plain
f:id:tentsu_media:20171023112108j:plainf:id:tentsu_media:20171005101358j:plain
f:id:tentsu_media:20171005101403j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「香草の香りがすごい!僕には強い…。鶏肉は簡単にほぐれる柔らかさで、旨みが凝縮しておいしいです。」

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「香草は肉の臭みをなくしたり、なくてはならないものなんだよ。わかってませんねー。」

鶏の激辛唐辛子炒め

「アツい」「うまい」「辛い」辛いものが好きな人にはたまらない一品。辛さのなかにも、鳥の旨味があるスパイシーな味付けは、一度食べ始めたら止まらなくさせます。でも辛さにはご注意下さい。
 
f:id:tentsu_media:20171023111403j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「香ばしい香りは食欲をそそりますが、この香りは唐辛子の香り?ちょっと涙目になります。そしてとんでもない唐辛子の量…。」


f:id:tentsu_media:20171005101416j:plainf:id:tentsu_media:20171005101431j:plainf:id:tentsu_media:20171005101441j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「前回もそうだったけど、せっかく来たので、思い切って食べます。」

f:id:tentsu_media:20171005101447j:plainf:id:tentsu_media:20171005101455j:plainf:id:tentsu_media:20171005101502j:plain

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「う…うまい…いや、辛い!!水ぅ~。」

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「確かにこれは辛い!けど、しっかりとした味付けで、本当においしいし香りも最高!辛いもの好きですが、これはさすがに辛さがきます。」

トライメニューを食べてみて

f:id:tentsu_media:20171005110913p:plain「唐辛子の辛さがダイレクトにくるとつらいですが、ハーブに関しては、食べ方によっては逆に好きになりました。私にはより日本人の舌にあうメニューのほうが、良かったのかもしれません。」

 
やんかすの総評
キュウリのタタキピリ辛ナンプラー和え ◎
ゴイ・クン(エビ・豚肉のベトナム生春巻き) ○
ソムタム(青パパイヤとハーブ野菜のサラダ) △
バインセオ(ベトナムお好み焼き) ◎
鶏のアジアンハーブ煮 ○
鶏の激辛唐辛子炒め ☓
 
“料理でアジアを旅した気分に”そんなコンセプトの「DAY TRIP ASIA」。現地で調達した香辛料や調味料など、本格的過ぎるが故に企画的にまずまずの結果に。しかし、本格的なベトナム料理・エスニック料理デビューをするならぜひオススメです。
 

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「私は今回が4度目の来店ですが、以前お邪魔しにきたときよりもメニューの幅もバージョンアップしていました。「DAY TRIP ASIA」でぜひ旅行体験を味わってください。」


ご紹介

「DAY TRIP ASIA」オーナー 薬師寺 祥行 氏

ダイヤモンドダイニングの中枢にてご活躍をし、2016年8月に独立開業しました。神泉という飲食激戦区で、現在不動の人気を確立しようとしています。先日2店舗目も無事開業、店舗名は「とりぶらん」鳥料理と豊富なワインが楽しめるお店。
www.hotpepper.jp

取材店舗

f:id:tentsu_media:20171005101649j:plain
 
店名:DAY TRIP ASIA(デイ トリップ エイジア)
住所:東京都渋谷区神泉町9-12 1F
アクセス:京王井の頭線神泉駅徒歩5分
電話:03-6455-1963
営業時間:ランチ 12:00~14:30(L.O.14:00)ディナー18:00~24 :00(L.O.23:30)
 
[食べログ]アクセスが制限されています


やんかす




f:id:tentsu_media:20171023141606p:plain

TOPへ戻る