池袋で飲食店を出店するなら東口?西口?ねらい目はココ!【エリア調査マン】

お久しぶりです、ガンマGTPです!
過去には「食べ物のおいしい写真の撮り方」や「池袋の羊丸焼き屋レポ」など様々な記事に挑戦してきましたが、今回のテーマは、私の愛する街「池袋」のエリア調査です。
 
私、上京後に初めて働いた場所が池袋でした。それから20年以上経ちますが、職は変われど「飲食店の店舗開発担当」として池袋と縁があります。池袋の裏も表もいろいろなことを知っているつもりでいます。私の目から見た池袋を超主観でご紹介したいと思います。
 


新宿、渋谷に並ぶ副都心、『池袋』。利用者数は?

f:id:tentsu_media:20171017185308j:plain

池袋駅は、日本でも有数のターミナル駅。『JR・東武鉄道・西武鉄道・東京メトロ』と各路線が走ります。
これら全ての路線の利用者数を足すと、1日に200万人以上とのデータが確認されています。これを月間に換算すると、延べ6,000万人。この数字は日本の総人口の約半分に匹敵します。それだけの利用者ですから、常ににぎわっているのも納得ですね。


『池袋の謎』東口・西口の特徴とは?

慣れていないと迷ってしまう、池袋駅の構造。
口には「西武百貨店」、西口には「武百貨店」があり、なぜだか東西が逆になっていて『池袋の謎』と呼ばれています。簡単に東口、西口それぞれの特徴を説明すると、

【東口】
直結の西武百貨店の目の前が明治通り、ビックカメラ本店、ヤマダ電機日本総本店、サンシャイン60など大規模店舗・事務所がありますね。労働人口からすると、飲食店は足りていない印象です。

【西口】
東武百貨店やメトロポリタンプラザがあり、池袋ウエストゲートパークで知られる池袋西口公園、東京芸術劇場などが、有名です。西口~北口にかけて飲食店街が広がり、アジア系の飲食店が多く中国語の看板をよく見かけます。

池袋の再開発はスケールが大きい!

池袋は新宿などに比べて開発が遅れている感じがありましたが、実はとっくに動き出しています。知っていましたか?再開発のスケールが大きいですよ。

f:id:tentsu_media:20171019193323j:plain
f:id:tentsu_media:20171019130215j:plain
写真左:西口劇場通り 右:西口公園が野外劇場に

f:id:tentsu_media:20171019140226j:plainf:id:tentsu_media:20171019140240j:plain
写真左:南口びっくりガード西武鉄道本社ビル工事中 右:南口中心部
 
【再開発プロジェクト一覧】
●(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックス計画-2019年9月30日竣工予定。
12スクリーン、約2,500席の首都圏最大級のシネマコンプレックス。
 
●Hareza(ハレザ池袋)※旧豊島区庁舎跡-2019年夏オープンを目指す
「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして建築が進められている。
ミュージカルや伝統芸能を公演するホールや、アニメなどを楽しめる空間など、個性の異なる8つの劇場を備える新複合商業施設。
 
●西武鉄道池袋旧本社建替え計画-2019年春開業予定
地下2階・地上20階のオフィスビルを建設。
 
●池袋駅西口再開発・西口公園の野外劇場-2019年秋予定
東武百貨店エリアを含む、西口公園、バスターミナルを一体で開発。
「野外劇場」は、「ハレザ池袋」の完成時期に合わせる形を目指している。
など多数あり、将来的に人の流れが変わることが予想されます。(2017.10.19現在)

物件が出ればすぐにGO!した方がいいかも!注目は「東池袋一丁目」「西池袋一丁目」エリア

現在の路線価を見ると、西池袋1丁目(西口)、東池袋1丁目(東口)と、新橋の2丁目界隈はあまり変わらないくらいか、池袋のほうがやや高いように見えます。両エリアともなかなか物件が出てこない人気のエリアです。
 
出店おすすめのエリア
※上記地図の青く囲ってある部分が“特におすすめのエリア”です。 
 
再開発後は土地の価格にも影響が出て、今の坪単価より高くなる可能性があります。物件が出れば、今のうちに確保しておいたほうが得かもしれませんね!
 
これだけの集客が見込める場所ならばと、飲食店もこぞって“池袋”に出そうとします。ですが、新橋のような“サラリーマンの集まる商店街”も、中野のサンモール商店街横の“昔ながらの大飲食店街”のようなところもありません。では一体どこにあるのでしょうか?上記の地図で青く囲ってある部分に点在しています!
 
私個人的には、「東池袋一丁目」に飲食店を誘致する事業をやってみたいと思っています(笑)穴場です。

居酒屋?バル?池袋で出店するならこの業態!

ここで、「店舗開発担当者」おすすめの飲食店業態をお伝えします!

≪東口・西口別 おすすめ業態≫
東口
オフィスビルが多いため、40~50代のサラリーマンを対象としたビジネスにも使える、大人目な落ち着いた雰囲気の居酒屋がおすすめ!
 
西口
海外の文化を取り入れた新業態がオープン中。すでに西口には数々の多国籍料理屋があるように、ズバリ!今後オープンするならスペイン、イタリアなどのスタンドバル系がおすすめ。

まとめ

というわけで、池袋の飲食店事情、今注目の出店エリアをご紹介いたしました。

≪まとめ≫
・池袋の乗降客数は、月間延べ6,000万人以上にのぼる
・東口、西口ともに大規模な都市開発が進行中!
出店おすすめのエリアは「東池袋一丁目(東口)」、「西池袋一丁目(西口)」
・【業態】東口には居酒屋。西口にはスタンドバルなどがおすすめ◎

『超一等地』というわけではありませんが、将来を見据えてこの辺で物件が出たら即検討です!出店の際は、ぜひ弊社までご相談ください。

東池袋一丁目、西池袋一丁目の相場・・・坪単価25,000~30,000円(1階)
参考:弊社運営居抜き物件サイト:テンポバックス 2016年~2017年の物件情報より
 

 
≪再開発プロジェクト参考サイト≫
東急不動産HP:(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクト』を着工
西武プロパティーズHP:池袋旧本社ビル建替え計画
豊島区ホームページ
日本経済新聞:「聖地」池袋西口公園に野外劇場

※本文は筆者の経験をもとに作成されておりますので、物件取得により発生した損害等については一切の責任を負いかねます。情報の取り扱いに関しては自己責任でお願いいたします。

ガンマGTP


f:id:tentsu_media:20171017185308j:plain

TOPへ戻る