湖池屋のポテトチップス、一番好きな商品はどれ?

gooランキング事務局が、老舗スナックメーカー(株)湖池屋のポテトチップスをテーマに、一番好きなのはどの商品なのかについて調査、その結果を発表した。

  • 湖池屋のポテトチップス調査、1,170票の集計結果
  • 314票獲得「ポテトチップス のり塩」が第1位
  • 発売60年目記念、リツイートキャンペーン

gooランキング事務局が湖池屋ポテトチップスのランキングを調査

gooランキング事務局が、老舗スナックメーカー株式会社湖池屋のポテトチップスをテーマに、一番好きなのはどの商品なのかについて調査、その結果を発表した。
同調査は、gooランキングが提供する投票サービスにて実施され、1,170票の投票を得ている。

第1位となったのは、湖池屋といったらコレ!と言えるほどの定番商品、314票を獲得した「ポテトチップス のり塩」。 湖池屋が1962年に発売し、1967年に日本で初めて量産化に成功した。ほどよい塩味と、青のりとアオサの風味が特徴で、今年で発売60年目を迎える、ロングセラー商品だ。


次いで第2位は、301票を獲得した「ポテトチップス うすしお味」。
発売されたのは意外に遅く、「ポテトチップス のり塩」が発売されてから35年経ってからの1997年。「ポテトチップス ガーリック」や「ポテトチップス コンソメ」よりも発売開始時期は遅いにもかかわらず、今では主力商品としてすっかり定着している。

愛らしいおばあちゃんのキャラクターが、辛さに「ヒー」と声を上げるCMで有名になった「カラムーチョチップス ホットチリ味」は、120票で第3位。その後は、「ポテトチップス リッチコンソメ」、「すっぱムーチョチップス さっぱり梅味」と続いた。

60年目の湖池屋ポテトチップスの日


湖池屋では、毎年8月23日を「湖池屋ポテトチップスの日」として定めている。
今年は「湖池屋ポテトチップス のり塩」の発売60年目を記念して、湖池屋ポテトチップスのキャラクターであるムッシュ・コイケヤのTwitterアカウントにて「湖池屋ポテトチップス のり塩60年目!皆でお祝いしたいのであーるキャンペーン」を実施するという。

2021年8月23日(月)~2021年8月31日(火)の開催期間中、ムッシュ・コイケヤのアカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートすると抽選で60名様に「湖池屋ポテトチップス のり塩」1箱(12袋)がプレゼントされる。

その他にも、湖池屋のり塩との想い出エピソードを『#わたしとのり塩』をつけてツイートすると、ムッシュ・コイケヤから「いいね」や「リプライ」などの反応が届く場合もあるという、お楽しみ要素も用意されている。

60年間愛され、親しまれ続ける味

発売以来60年愛され続けてきた味は、「日本人になじみのある味にしよう」と研究を重ねた結果、完成した味だという。

毎年登場する新たな食のトレンド。新しい味を発見するのも面白いが、たまには子供の頃から身近にあった慣れ親しんだ味を振り返ってみるのも良いのかもしれない。

店通編集部