韓国発として話題の「クロッフル」を合わせた新感覚スイーツ登場!

ABE DRIP ROASTERYは、濃厚なミルク感とほろ苦さが特徴のコーヒーソフトクリームと、韓国発として話題の「クロッフル」を合わせた新感覚スイーツの販売を開始した。

  • 韓国発のトレンドスイーツ「クロッフル」
  • トレンド×お店の強み
  • 行動を制限される今だからこそ「食欲」を満たす商品を

「クロッフル」を合わせた新感覚スイーツが登場

CLASSIC INC. が運営するABE DRIP ROASTERYは、濃厚なミルク感とほろ苦さが特徴のコーヒーソフトクリームと、韓国発として話題の「クロッフル」を合わせた新感覚スイーツの販売を開始した。

ABE DRIP ROASTERYは、「日常に寄り添うコーヒーをいつも美味しく提供したい」という想いを込め、豆のもつ「香り」を最適に引き出すことを意識し、直火式焙煎で豆の芯までしっかりと焼き上げたコーヒーを提供している。


今回発売された「クロッフルソフトクリーム」580円(税込)は、「美味しいコーヒーを気軽に楽しんでいただきたい」というコンセプトで開発する、スイーツラインの新商品となっている。

コーヒーの苦みもしっかりと味わえる


クロッフルは「クロワッサン」と「ワッフル」を掛け合わせた新しいデザートで、ワッフルのもちもち食感にクロワッサンのサクサク食感が合わさり、中はモチっと外はサクッとのあわせ技が病みつきとなる人も多く、次に来るスイーツとして注目を集めている。

そんなクロッフルに、濃厚なミルク感とコーヒーの苦味をしっかりと味わえるコーヒーソフトクリームを合わせた。クロワッサン生地の芳醇なバターの香りとコーヒーのしっかりとした苦味に香り、その相性は抜群となっている。

遠出ができない今、近場で贅沢なひと時を


緊急事態宣言の対象地域の拡大、期間の延長と、県をまたぐ遠出はまだ我慢をせざるを得ない。だが、旅行も外食もままならない中でも、人々のおいしいものを食べたいという欲求は変わらなだろう。

消費者の傾向に目を向け、コロナ禍の今だからこそ、お店の強みとトレンドを意識した新商品にチャレンジするのも良いのかもしれない。

店通編集部