食べログ「日本料理 百名店」発表 東京からは港区が最多選出

▽この記事の要約▽新たに「日本料理 百名店」を発表、エリア別に人気店100店を紹介エリア別の選出最多地区は、TOKYO・港区、EAST・愛知県、WEST・京都府地域の他飲食店がどういった料理・サービスを提供しているのかを […]

このエントリーをはてなブックマークに追加
▽この記事の要約▽

新たに「日本料理 百名店」を発表、エリア別に人気店100店を紹介

エリア別の選出最多地区は、TOKYO・港区、EAST・愛知県、WEST・京都府

地域の他飲食店がどういった料理・サービスを提供しているのかを参考に

「食べログ 日本料理 百名店 2021」を発表

株式会社カカクコムが運営するレストラン予約サイト「食べログ」は4月1日、「食べログ 日本料理 百名店 2021」を、エリア別に発表した。

同調査は食べログユーザーの評価をもとに、TOKYO・EAST・WESTの3エリアで各100店を選出、それぞれの地域の人気店を知ることができる。

今回新たに日本料理のジャンルが追加され、第一回の発表となった。
食べログ百名店

各エリアとも、老舗や高評価の店が選出

TOKYOエリアでは、市区町村別の最多選出店舗数を紹介。最も多かったのは港区(42店)、ついで中央区(29店)、新宿区(14店)となった。あらゆるジャンルの料理店がひしめき合う東京には、日本料理店の名店も多数。老舗や新しいお店も選出されるなか、ランチをお手頃に楽しめる人気店もラインナップに並んだ。

EASTエリアで最も選出店舗数が多かった地域は、愛知県(37店)、ついで神奈川県(20店)、北海道(8店)であった。高級割烹から郷土料理のお店まで、さまざまな形態のお店がラインナップされた。

愛知県では、「The Tabelog Award 2021」受賞店舗や、創業140年以上の老舗が選出。神奈川県では、懐石料理の名店や魚介料理に定評がある店舗などが選出された。

WESTエリアの選出店舗数は、懐石料理の名店が多く集まる地域・京都府(53店)が最多、ついで大阪府(14店)、福岡県(7店)となった。京都府からは、「The Tabelog Award」のGoldを5年連続受賞した名店や、創業100年以上の老舗など、高い評価を得ているお店が多数選出された。

情報収集のツールとして参考に

食べログ百名店は、2021年3月にも新たなジャンル「フレンチ」を追加、つづけて今回、日本料理の百名店を発表した。

消費者にはとっては、地域の人気店を一覧できる有益な特集だろう。飲食店経営者にも、同じ地域の飲食店がどういった料理やサービスを提供しているのかなどを情報収集する上でも、有効に活用してほしい。