ワタミ展開の焼肉店で「3D飛沫可視化システム」を導入

ワタミ株式会社が外食業界で初めて「3D飛沫可視化システム」を導入気流や換気率などを可視化することで、新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立てる3分間に1回、すべての空気が入れ替わることが実証された店舗も ワタミ株式会社が […]

ワタミ株式会社が外食業界で初めて「3D飛沫可視化システム」を導入

気流や換気率などを可視化することで、新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立てる

3分間に1回、すべての空気が入れ替わることが実証された店舗も

ワタミ株式会社が新たな感染対策を導入

2021年3月8日、ワタミ株式会社(以下、ワタミ)は、株式会社テックレボリューションが提供している「3D飛沫可視化システム」を導入したことを発表。建物内の気流や換気率などを見える化することで、感染症対策に役立てる。

「3D飛沫可視化システム」は、気流シミュレーションや飛沫のシミュレーションを行うことが可能。建物全体に浮遊する飛沫の経路を可視化することで、感染症対策の課題が明確になり、空調の最適化が可能となる。外食業界で同システムを導入したのはワタミが初めて。

「かみむら牧場」は3分間に1回、空気が入れ替わることを実証

ワタミは、同社が展開する焼肉店「かみむら牧場」京急蒲田第一京浜側道店に「3D飛沫可視化システム」を導入。気流と飛沫のシミュレーションを実施し、店内の空気が3分間に1回入れ替わっていることを実証した。空気の入れ替わりによって、空気中に浮遊する飛沫が急速に減少することも証明された。

「かみむら牧場」は全国に3店舗展開。注文はタッチパネルにて受け付け、料理やドリンクは、回転寿司で使われている特急レーンにて提供する。配膳や下げ膳には料理配膳ロボットも活用し、利用者と従業員との接触率を下げることに成功している。

おいしい料理とともに安心・安全を提供

ワタミでは、「3D飛沫可視化システム」を導入することで、建物内の感染症対策が徹底されていることをアピールしている。

新型コロナウイルスの感染が終息しない中においては、飲食店の利用者はおいしい料理とともに、安心・安全に食事が楽しめる空間を求めている可能性がある。感染症対策の効果を見える化することで、多くの利用者に足を運んでもらえるきっかけになるかもしれない。

店通編集部