Instagram(インスタグラム)の飲食店向け機能「料理を注文」「ギフトカード」とは?設定と活用方法

インスタグラムの飲食店向け新機能「料理を注文」と「ギフトカード」の設定方、活用方法とは。Instagramのビジネスアカウントの設定、プロフィールの設定、ストーリーズへの投稿方法、シェア機能、「お店を応援」スタンプの活用方法などを詳しく紹介します。パ-トナー企業と連携すれば無料で利用できるインスタグラムの新機能をまとめます。


現在、新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店への支援として、各社さまざまな取り組みを行っています。
そんな中、Instagram(インスタグラム)が「料理を注文」機能をリリースしました。4月中旬よりアメリカとカナダで先行導入されていましたが、日本でも4月27日から導入され、これによりインスタグラムから料理の注文ができるようになりました。設定も簡単にできるので、ぜひ集客に利用しましょう。
 
今回は、この新機能についての具体的な内容や設定方法、活用方法をご紹介します。

インスタグラムから料理の注文が可能に。気になる新機能とは?

「料理の注文」機能は、【プロフィールに設置】もしくは【ストーリーズにて投稿】が可能で、「料理を注文」を押すとインスタグラムと提携可能なツールの注文ページへ移動するようになっています。ユーザーはインスタグラムの写真を見て、そのまま注文まで終えられるため、よりテイクアウトやデリバリーがスムーズになります。
 
f:id:tentsu_media:20200701185238p:plain
 
この機能は、
・ビジネスアカウント(またはクリエイターアカウント)を利用(無料)
・パートナー企業を利用しており、連携の設定済
 
の2つの条件が揃えば無料で利用が可能です。*設定方法はこちらから
  
「料理を注文」機能と連携できるツールは現在、下記の14社です。
 
■「料理を注文」が現在利用できるパートナー企業(ツール)
Uber Eats / TableCheck / 出前館 / Picks / ヒトサラ
EPARKテイクアウト / O:der ToGo / Okage Go / トレタ テイクアウト
Chompy / Diny to-go / PayPayピックアップ / menu / Retty
 

ギフトカードの機能も連携可能に

「料理を注文」機能に続き、「ギフトカード」機能も5月12日から日本で開始されました。ギフトカード機能は現在6社と提携しており、前売り食事券の販売やクーポンの販売などに使えます。こちらも同様にプロフィールやストーリーズの投稿で利用することが可能です。
 
f:id:tentsu_media:20200702122558p:plain
 
■ギフトカード機能が現在利用できるパートナー企業(ツール)
TableCheck / キッチハイク / Square / giftee / さきめし / みらいの食券
 

「料理を注文」「ギフトカード」の設定方法

「料理を注文」「ギフトカード」の機能を利用するには、ビジネスアカウントに切り替え、プロフィールの設定を変更する必要があります。
プロフィールに設置できるのは、「料理を注文」「ギフトカード」どちらかの機能のみとなります。ストーリーズのスタンプにはどちらも使用できますが、「料理を注文」「ギフトカード」においてそれぞれひとつのツールのみ提携が可能です。
  
例)テイクアウトに「menu」、デリバリーに「出前館」、ギフトカードに「giftee」を利用している場合
*プロフィールには、3つのうちいずれかを設定可能
*ストーリーズのスタンプには、「料理を注文」にmenuかUber Eats、「ギフトカード」にgifteeを設定可能
 
連携ツールは随時変更できますが、ユーザーが混乱する可能性もあるので、「料理を注文」「ギフトカード」それぞれの機能につきひとつのツールにしぼるのがよいでしょう。ここからは、各設定の手順をご説明します。
 
「ビジネスアカウント」「料理を注文機能」の設定方法は?

ビジネスアカウントの設定

こちらは1分もあればできてしまう設定です。ビジネスアカウントに変更することで、新機能が利用できるようになるだけでなく、電話番号や問い合わせ先の設定、インプレッションを見たりすることもできるようになります。 
f:id:tentsu_media:20200706131213p:plain
①プロフィールトップの右上の三本線をタップ
②「設定」をタップ
③「アカウント」をタップ
 
f:id:tentsu_media:20200706154130p:plain
④「プロアカウントに切り替える」をタップ
⑤「ビジネス」を選択
⑥お店に合うカテゴリを選択 
 
この後、連絡先の設定やFacebookとの連携設定の画面に移りますが、こちらは設定をせず完了しても問題ありません。必要に応じて設定を行いましょう。
 

「料理を注文」「ギフトカード」のプロフィールへの設定

続いて、お店のインスタを訪れたお客様がプロフィールから注文ができるように、アクションボタンを設置します。「料理を注文」「ギフトカード」どちらかのみ設置が可能です。
f:id:tentsu_media:20200706155927p:plain
①プロフィールから、「プロフィールを編集」をタップ
②「ビジネスの公開情報」の「アクションボタン」をタップ
③「料理を注文」or「ギフトカード」を選択する
④提携するパートナー(ツール)を選択する。この際、パートナーのツール側の設定がまだの場合は、パートナーのサイトに記載された指示に従い設定を行う
 
f:id:tentsu_media:20200706160630p:plain
⑤連携するパートナー(ツール)のURLを貼り付け、「完了」をタップ
⑥「プロフィールでアクティブ」がオンになっているかを確認。なっていなければタップ
⑦該当する選択肢をタップ
⑧プロフィールに「料理を注文」or「ギフトカード」が表示される
   

「料理を注文」「ギフトカード」のストーリーズへの投稿方法

ストーリーズに注文ボタンを投稿したい場合は、こちらの手順で投稿ができます。この投稿を見たお客様は、スタンプの「注文する」をタップすることで注文画面に移り注文ができます。
f:id:tentsu_media:20200703182147p:plain
①ストーリーズの作成画面で画像を選び、スタンプをタップ
②「料理を注文」or「ギフトカード」をタップ
③上記『プロフィールへの設定』で、すでに利用ツールを紐づけていれば自動的にスタンプが作成される
※パートナー(ツール)との連携がまだの場合は、パートナーのサイトに記載された指示に従い設定を行い、URLを貼り付け「完了」をタップ
 

お客様がお店の投稿をシェアする機能も

これらの機能は、お店側だけでなくお客様も利用することができます。お客様にストーリーズでお店をシェアしてもらうことで、お店のフォロワーになっていないインスタグラムユーザーにもお店を知ってもらうことができます。
 

お店のストーリーズ投稿をシェア

お店が「料理を注文」「ギフトカード」のスタンプを入れて投稿したストーリーズを、見た人がそのままシェアできます。「このストーリーズをシェアしてくれた方は、本日限りご注文100円引き!」など、キャンペーンに利用するのもよいでしょう。
 
f:id:tentsu_media:20200703150513p:plain
 

「お店を応援」スタンプ

インスタグラムユーザーであれば、誰でも使用できるストーリーズのスタンプです。「お店を応援」のスタンプをクリックして、お店のアカウント名を入力することで、お店のアカウントと紐づけることができます。この際、お店のアカウントがビジネスアカウントであることが必須です。

f:id:tentsu_media:20200703144155p:plain
 

まとめ

インスタグラムは2019年3月、国内月間アクティブアカウント数が3,300万を突破しました。これまで、若年層の女性にメインで使用されているツールでしたが、現在では日本の利用者は男性が43%、女性が57%と利用者層が多様化しています。また、「#(ハッシュタグ)」での検索がグローバル平均の3倍という調査結果も出ています※。
  
インスタグラムは写真投稿のSNSなので、ユーザー側としてもハッシュタグでお店を探しやすいというメリットがあります。インスタグラムでお店を探す人も多いので、そのまま注文につなげるツールを連携しない手はありません。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
 
 
(※)参照:Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破-Facebook

ぴのこ

 

f:id:tentsu_media:20200708112837j:plain