【ECサイトの作り方】10分でできる!BASEで始めるインターネット通販とは

ECサイトとは。インターネット通販の始め方とサイトの作り方、ECサイトの種類であるモール型ECサイトと、自社ECサイトの違い、簡単なネットショップの開設方法とメリット・デメリット、、ネットショップを開設するためのアカウント作成から商品登録、ショップ公開まで、10分で開設出来るBASEについて分かりやすく紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、緊急事態宣言が解除された後も外出の自粛が予想されます。そんな中、対面販売以外の営業方法として、インターネットを利用した通信販売事業の開始、ECサイトを始めようか...というお店さんが多いのではないでしょうか?
コロナウイルスで経営にお困りの方、新しくECサイトを開設したい方のために、誰でも簡単にできるECサイトの作り方をご紹介したいと思います。
 

 

ECサイトとは

f:id:tentsu_media:20200521022534j:plain
ECサイト(electronic commerce site)とは、インターネット上で商品やサービスを販売するサイトのことです。インターネット上でお店を開くようなもので、実店舗にはない多くのメリットがあります。
 

ECサイトのメリット

1. 国内外誰でも見られる

ネット環境さえあれば誰でも・どこでも商品を見られるため、実店舗のようにエリアが限定されないのが強みの1つです。また、ユーザーは直接店舗に足を運び、商品を買う必要がないため、どこに住んでいても欲しい商品が手に入れられるのもメリットです。
 

2. 24時間365日営業が可能

実店舗のように営業時間に制約がなく、商品購入の際に売主による確認も必要ないため、24時間商品を販売できます。ユーザー側にとっても営業時間を気にせずに、買物ができるということは、大きなメリットです。
 

3. 低コストで始められる

店舗を出店するとなると、まず店舗を用意するために賃貸借契約をし、店舗設備や内装・外装を整え、スタッフを募集するなど、さまざまな費用が必要となってきます。ECサイトであれば、それらに掛かる時間や費用が抑えられるため、少ない初期費用でスピーディに出店できます
  

ECサイトのデメリット

ECサイトにもデメリットがあります。
 

1. 商品に対するイメージの相違

商品の詳細をネット上でしか見られないため、購入者がイメージしていたものと違うことがある点です。ECサイトの運営で避けては通れない問題ですので、あらかじめ商品の返品や交換に関する注意書きを掲載しておくと良いでしょう。
 

2. 商品の発送に掛かる手間と費用

商品を購入者にお届けするため、梱包と発送が必要という点です。別途費用が掛かってしまいますが、EC物流ドットコムやコネクトロジなどのように、在庫管理から商品発送を代行してくれるサーバーもあるので、月の発注数が増えた場合に利用するのも良いかもしれません。
 

ECサイトの種類

一重にECサイトと言ってもさまざまな種類があり、大きく2つに分けられます。
 

モール型ECサイト

f:id:tentsu_media:20200521024000j:plain
 
名前の通りショッピングモールのような仕組みになっており、1つのサイトに多数のお店が出店されているサイトです。代表的なモール型ECサイトはAmazon楽天などで、モール自体が大きいため集客の心配がなく、大手が運営しているため安心して利用しやすいという特徴があります。
 

自社ECサイト

f:id:tentsu_media:20200521025837p:plain
 
自社ECサイトはその名の通り、自分たちでECサイトを立ち上げ運営していくものです。サイトを立ち上げると聞くととても難しそうに聞こえますが、最近では簡単に独自のECサイトを作れるBASESTOREなどのサービスがあります。これらのサービスを使うと無料で即日ECサイトを作ることができます。
 
モール型ECサイト、自社ECサイトどちらも利点がありますが、初めてECサイトを立ち上げる場合には、開設から販売までが丁寧に説明されていて、カスタマイズの幅が広いBASEを使った自社ECサイトがおすすめです。
 

誰でも簡単にネットショップが作れる「BASE」

BASE
 
BASEは、誰でも簡単にネットショップを作れるサービスです。ただ、簡単にネットショップを作れるだけではなく、電子決済・顧客管理・メールマガジンなど、運営に欠かせないサービスが充実しています。その他にも、BASEにはさまざまな魅力があります。

【BASEの魅力】

・登録料、月額・年間料金が無料 (売上・決済手数料のみ)
・ネットショップの開設、運営、販促の説明が丁寧 (BASE U)
・デザインの幅が広い 有料テンプレートを使うと簡単に凝ったサイトが作れる
・ BASEの決済サービスを利用すると入金管理が楽ちん
 
それでは、BASEでネットショップを開設するまでの流れを紹介します。
 

BASEでネットショップを開設する

アカウントを作成

まず、BASEの公式サイトにアクセスします。
 
https://t.felmat.net/fmcl?ak=E45830.1.I82846R.Q532700t.felmat.net

   
すると、画像のような登録フォームをが表示されます。登録フォームに「1. メールアドレス」「2. パスワード」「3. ショップURL」を入力し、利用規約に同意することで、晴れてECサイトを開設できます。
 

 

アカウント作成後は、「反社会的勢力でないことの誓約書」「メールの認証」「運営に関する情報の設定」「決済方法の選択」などを順番に行っていきます。
 

商品登録

アカウントが作成できたら、次は商品登録しましょう。商品の登録は、管理画面上部にある「商品管理」から行えます。
 

 
「+商品を登録する」ボタンを押すと、商品の情報を登録する画面へと移ります。商品の登録画面では以下の項目を設定します。

・商品名
・商品画像
・商品説明
・価格(税込)
・税率
・在庫と種類
・公開設定
 
項目を入力し終え「登録」ボタンを押すと、無事商品がショップに登録されます。登録した商品は「商品管理」の項目から確認できます。
 

 

ショップ公開

商品の登録を終えたら、最後にショップを公開しましょう。ショップの公開設定は、画面右上の「ショップ設定」から行えます。
 

 
ショップを公開する場合には、下記の画像の赤枠内にある「ショップ公開状況」を設定します。正しい手順でアカウント店舗情報を登録されている方は、ここにチェックボックスが表示されています。
 

 
ショップ公開状況のチェックボックスにチェックを入れ、ページ一番下にある「保存」ボタンを押すと、無事ショップを公開されます。
 

まとめ

実際にBASEに登録しショップを公開するまで5分程度でネットショップが作れてしまいました。管理画面も見やすくとても使いやすいため、ECサイトに興味がある方や、試してみたいという方にはBASEをおすすめします。本格的にECサイトを事業として行いたい方や、BASEでECサイト運営に馴れ、売上なども見込めるようになってきた方は、モール型ECサイトでの出店や自社のオリジナルのECサイトに挑戦するのも良いかと思います。
 
 

 

だーしま