Googleマップ上にテイクアウト・デリバリーのボタンが登場!店舗情報の更新方法は?

テイクアウト・デリバリーサービスに対応する飲食店が、Googleマップのテイクアウト・デリバリーのボタンで表示できるようになりました。Googleマップの情報を更新・追加する手順を紹介します。Googleマイビジネスへの登録方法、テイクアウト」「デリバリー」追加方法、Googleマイビジネスを充実させるメニュー登録、営業を臨時休業にする場合の設定などをお伝えします。

新型コロナウイルスの影響を受け、テイクアウト・デリバリーのサービスを始める飲食店が増加しています。
Googleが提供する「Googleマップ」のモバイル版アプリでは、「テイクアウト」「デリバリー」のボタンが表示されるようになりました。
 

テイクアウト販売やデリバリーサービスを提供する店舗は、Googleマイビジネスで登録情報を編集することで、テイクアウトやデリバリーができる店舗としてGoogleマップ上に表示されるようになります。今回は、テイクアウトやデリバリーを始めた店舗に向けて、Googleマップへ情報を追加する手順をご紹介します。

まずはGoogleマイビジネスへの登録から

Googleマップにおいて店舗の情報を更新するには、まずGoogleマイビジネスへの登録が必須です。Googleマイビジネスへ登録すると、Googleで「地名+業態」などと検索された時に、お客様にお店を見つけてもらえる確率が高くなります。
 
f:id:tentsu_media:20200413185419p:plain
 
Googleマイビジネスについて詳しくはこちらをご覧ください。
 
Googleマイビジネスへ登録済みの方は、以下より「テイクアウト」「デリバリー」の設定をしてみてください。
 

「テイクアウト」「デリバリー」追加方法

それでは、実際にGoogleマップへ「テイクアウト」「デリバリー」の情報を追加する方法をご説明します。
まずGoogleマイビジネスの管理画面にログインし、「情報」をクリックします。少し画面をスクロールすると「お支払い」という項目があるので、この右の鉛筆マークをクリックします。
 
f:id:tentsu_media:20200410180342p:plain
 
すると、「属性」の項目が開くので、こちらもスクロールをしていくと、一番最後の「食事」の項目の中に「テイクアウト」「宅配可能」という項目が現れます。テイクアウト・デリバリーそれぞれ、店舗で対応するものにチェックをつけ、「適用」をクリックしましょう。
 
f:id:tentsu_media:20200410180349p:plain
 
以上で、Googleマップアプリにて「テイクアウト」「デリバリー」のボタンをお客さんがクリックした時に、テイクアウトやデリバリーができる店舗として地図上に表示されるようになります。
 
アプリの画面イメージは以下のようになります。Googleマップは、アプリを開くと位置情報を読み取り、自分が現在いる付近を表示します。そこで「テイクアウト」「デリバリー」のボタンを押せば、近くでテイクアウトできるお店がすぐに分かるようになっています。
 
f:id:tentsu_media:20200413185539p:plain
 
これらの設定は、反映に少し時間がかかる場合があるので、その際は少し時間をおいてみましょう。手順を追ってご紹介しましたが、Googleでは、こちらの登録についての無料オンライン講座も行っているようです。わかりづらいという方は、こちらの講座に申し込んでみてはいかがでしょうか。
 

さらに販促に活かすには

Google以外にも、さまざまな企業が「テイクアウト・デリバリー始めましたPOP」の無料配布や、テイクアウト・デリバリー開始告知用のチラシデザイン作成などのサービス提供を始めています。うまく活用し、認知拡大に活かしましょう。
 
▶新型コロナウイルス対策情報/飲食店向け支援策まとめ/テイクアウト・デリバリー篇

メニュー登録でGoogleマイビジネスを充実させよう


メニュー登録でGoogleマイビジネスを充実させよう

Googleマイビジネスでは、食事やドリンクのメニューが登録できます。テイクアウトのメニューも登録しておきましょう。こちらもパソコンから登録します。先ほど「テイクアウト」「デリバリー」を登録した手順と同じように、Googleマイビジネスの管理画面の「情報」をクリックし、「メニュー」の項目をクリックします。
 
f:id:tentsu_media:20200410190827p:plain
 
すると、メニューのセクション名(ランチ・ディナー・前菜など。テイクアウト・デリバリーもここに記載します)、メニューの名前と価格、その説明を文字で入力する画面に移動します。
 
f:id:tentsu_media:20200410191819p:plain
 
ここで、通常メニューとともに、セクション名に「テイクアウト」「デリバリー」など、メニュー名にはテイクアウトのメニュー名を記載し、価格を入力します。価格は未入力でも登録可能ですが、記載がある方がお客様は来店しやすいと考えられます。
 
また、テイクアウトメニューをお弁当にする場合は、どんな内容のお弁当なのかがわかるように「アイテムの説明」に内容を記載すると良いでしょう。 
 

営業を臨時休業にする場合の設定

臨時休業する店舗においては、Googleマイビジネスにて臨時休業が設定できます。
 
f:id:tentsu_media:20200410193254p:plain
 
同様にGoogleマイビジネスの管理画面で「情報」をクリックし、「休業マークを付ける」をクリックすると、Googleの検索画面やマップ上では「臨時休業」と表示されるようになります。
 

まとめ

新型コロナウイルスの影響により、飲食業界は厳しい状況が続いています。
今回ご紹介したGoogleのマップをはじめ、さまざまな企業が飲食店を支援するための取り組み・サービスをリリースしています。そのようなサービスを利用してみるのも良いかもしれません。このような情報を今後も店通-TENTSU-ではお届けしていきます。
 

こんな記事も読まれています

◆店舗の防犯、オペレーションの改善に活躍!クラウドカメラのメリット・デメリットとは

店通編集部

f:id:tentsu_media:20200414114752j:plain