「食品ロス削減推進法」成立!家庭でできる食品ロスを配慮する取り組み!

食品ロスとは?家庭の食品ロスの原因と、消費期限と賞味期限の違いは何か?食品ロスを減らすにためにできることとは。買い物の仕方、調理の方法、外食での注意点、その他の取り組みとして、困っている人への寄贈、食品ロス削減の通販サイト、飲食店の残り物をシェアできるアプリと、今日から食品ロスを減らすためにできることを紹介します。

貧困や栄養不足、食料しょくりょう不足で困っている人たちがいる中で、捨てられる食品があるのはもったいないですね。
近年、世界的にも食品ロスの削減意識が高まっています。日本国内でも、今年2019年5月24日、「食品ロス削減推進法」が参議院本会議において可決されました。食品ロス問題について、法的な取り組みが始まり、国民運動として推進されるようになったのです。
「食品ロスの削減の重要性についての理解と関心を深めるとともに、食品の購入または調理の方法を改善することなどにより、食品ロスの削減について自主的に取り組むよう努めるものとする」をテーマにかかげ、この機会に私たちも消費者として食品ロスを削減するために、日常生活の中で取り組めることについて考えていきたいと思います。

f:id:tentsu_media:20190729145310j:plain

 

食品ロスとは

そもそも「食品ロス」とは、本来は食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。農林水産省により、日本では年間で約650万トンの食品ロスが発生しています。そのうちに、食品関連事業者が約360万トン、一般家庭が約290万トンと言われています。

f:id:tentsu_media:20190731183336j:plain

食品ロスの発生につしては、企業側のイメージが強いですが、実際約半分は家庭から発生していることが判明しました。年間650万トンの食品ロスということは、毎日一人当たり約134g、茶碗いっぱいのご飯に相当する量が廃棄されています。お金に換算すると、一世帯あたり、年間約6万円分の食品が捨てられることになるのです。
 

家庭の食品ロスの原因は何か?

家庭で発生している食品ロスは以下大きく3つの原因に分けられます。

・直接廃棄(買いすぎて賞味期限が切れてしまい、直接捨てしまうこと)
・食べ残しによる廃棄
・食べられる部分の過剰除去
 

食品ロスを減らすには、消費者としてできることとは?

食品ロスを削減するには、世間の食品ロスに対する価値観を変えることが必要だと思います。このために、環境省では日常生活でできる取り組みや対策を推進しています。その中で、家庭でも簡単にできる食品ロス削減の対策がまとめられていましたので、ご紹介いたします。
 

必要な分だけ買う

購入の前に、同じ食材を買ってしまうことがないように、まず家の在庫を確認します。リストを作ってできる限り、必要なものだけを購入します。また、値段が安いからといって食材を買い過ぎないようにしましょう。
 

消費期限と賞味期限の違いを確かめる

f:id:tentsu_media:20190805163012j:plain

消費期限は過ぎたら食べられない期限を定めています。基本はお弁当、生肉、ケーキなど、品質が劣化しやすい食材が多いです。賞味期限はおいしく食べることができる期限です。缶詰、インスタントラーメンや、調味料など、長く保存できるものに表示されています。賞味期限は過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではないので、個別に判断してみましょう。
また、食材を購入する際には、売れ残り食品は処分されてしまうため、すぐ食べるものについてはそれに応じた期限のものを選びましょう。
 

調理の際には食材を最後まで活用しましょう

調理の際には野菜の皮を剥き過ぎたり、食材の過剰除去に要注意です。作りすぎないよう、必要な分だけ作ります。また残った分は腐らせてしまうと無駄になってしまうので、保存する際は工夫しましょう。食材を小さく分けて冷蔵庫に冷凍しておけば、料理をする時も便利です。
また、ネットには余った食材を活用するレシピがたくさんあります。例えば、消費者庁のキッチンや、MOTTAINAI レシピには、食品を正しく長持ちさせるための保存方法や、食材をうまく使い切る方法が載っています。自分が認識している食材の保存方法に間違いがないか確認しておきましょう。
 

外食の時は食べ残しをしない

外食の際には、自分の食べ切れる量を注文するようにしましょう。どうしても食べ切れない時は、食べ残したものを持ち帰るのも対策の一つです。ただ、食中毒のリスクがあり、日本では持ち帰りができないお店が多いので、食べ残し料理を持ち帰る場合は、自己責任の範囲で行いましょう。

食べ残し料理を持ち帰る際の注意事項
・清潔な容器を使うこと
・持ち帰ったのち、早く食べ切ること
・生もの、または十分加熱かねつされていない料理は持ち帰るのを遠慮すること
・暖かいところに長時間置かないこと
・食べる前には必ず再加熱をすること

また、使い捨ての容器を使うと、多量のごみを発生させてしまうので、料理を持ち帰るための袋や容器を使用するのがおすすめです。近年欧米から「DOGGY BAG(ドギーバッグ)」という繰り返して使える容器が導入されました。小さく折り畳めるので携帯しやすく、使用後に洗うことで繰り返し何度でも使えるので、環境にも優しいです。
 

その他の取り組み

個人でできる食品ロス対策はもちろん、世の中には食品ロス削減のため、食品を貧困地域の人たちに届けたり、余った食材を違う形に生まれ変わらせるなどの仕組みもできています。
無料で自動的に食料が届くわけではありませんし、世界の飢餓や貧困を解決することには直結することではありません。ですが、食品ロスを有効に活用することで、困っている人たちに供給できる部分もあるので、その取組みについて紹介します。
 

食べ物に困っている人に寄贈

賞味期限が切れたり、または食べ切れない食品をフードバンクに寄贈するのも対策の一つです。フードバンク、または食料銀行は、まだ食べられるのにさまざまな理由で処分されてしまう食品を、食べ物に困っている施設や人に届ける社会福祉活動です。
例えば、セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)は日本の生活困窮者に食品を提供しています。個人として食料品を寄付できるので、寄贈してみるのもいいでしょう。
 

食品ロス削減通販サイトを利用

外装に不良がある商品、箱の形状が悪いなどの理由で、納品先から受け入れ拒否をされて返品されてしまった商品があります。こんな廃棄間際や賞味期限前の商品を、割引わりびき価格で購入できる通販サイトがあります。商品の中身に問題はなく、賞味期限が十分なものも割引価格で購入が可能です。Otameshiという通販サイトは、賞味期限が近い商品を安く販売しています。さらに、商品の収益の一部は社会活動団体に寄付されます。廃棄商品の削減をサポートと社会貢献できるだけではなく、うまく利用すると家計にも優しいサービスですね。

飲食店の残り物をシェアできるアプリ

近年話題になっている「Reduce Go」という、飲食店が余った食品を提供するサービスがあります。月額費用を支払うだけで飲食店で余っている食品を低価格で食べられます。利用料金は月1980円。食品を1日2回を受け取れるので、食費が節約できると話題になりました。使い方も簡単でスマホにインストールするだけで、飲食店で余っている料理の一覧をすぐ確認できます。現在Reduce Goは主に東京23区内で展開しています。他の地域でまだ使えない点は残念ですが、今後利用できるエリアが拡大していくことを期待したいですね。
Reduce Goなどのアプリについて詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。
www.tenpo.biz

 

まとめ

食品ロスを削減するには、世間の食品ロスに対する価値観を変えなくてはいけません。企業だけではなく、消費者として、一人ひとりの行動や、意識がとても大事だいじになってきます。いつも感謝の気持ちを持って、食べ物を残さないことを忘れず、今日から食品ロスを減らすためにできることを取り組んでいきましょう。

ヨコノ


f:id:tentsu_media:20190729145310j:plain