美容業界とは?賢く美容業界に参入するには、ビューティー事業のご紹介

最近の美容業界の市場トレンドと、美容事業の特徴、開業・経営・店舗展開に必要な知識について紹介します。店舗流通ネットの店舗経営ノウハウをもとに、理美容・エステ・ネイル・アイラッシュ・リラクゼーションといった美容事業での退店・移転にも困らない「居抜き」という考え方、美容サロンの開業サポートについて説明します。

はじめまして、ビューティー.K です。
今回の記事が店通-TENTSU-デビューとなります。
 
せっかくなので、普段私が店舗流通ネット(以下、当社 といいます)の中で携わっているビューティー事業について、皆さんにご紹介したいと思います。
 
事業紹介となると「堅苦しくてつまらないな」と思われるかもしれませんが、長年美容業界にいる私だからこそ知っている、美容業界事情を織り交ぜてご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。
f:id:tentsu_media:20190614105456j:plain

 

ビューティーチーム発足!!こうして私たちは誕生しました!

f:id:tentsu_media:20190614111739j:plain
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、これまで当社は、1~2階を中心に飲食事業を展開してきました。
なぜ、1~2階が中心かといいますと、ビルの3階以上の空中階では飲食事業の需要が少ないからです。
 
ですが、ビルオーナー様からすれば空中階の空室をなくし、ビルの稼働率を向上させたいというのが本音ではないでしょうか?
空中階の需要として考えるならば、美容、クリニック、オフィスなどがあげられます。
 
実は、その中でも市場として最も大きいのが美容業界!
そこでわれわれは、美容業界をターゲットとした、空中階ビジネスに進出することにしたのです。
 
それに伴い当社は、 ❝美容業界に精通したメンバーを中心にビューティーチームを発足❞ しました。
 
私たちが取り組もうとしていること、それは、当社が空中階の空室を埋めることにより、ビルの資産価値の向上に貢献し、ビルオーナー様の悩みを改善することにも繋がる仕組みづくりなのです。
 

最近の美容業界市場とは!?

f:id:tentsu_media:20190614112714j:plain
 
「日本にある美容院は、日本にある信号機よりも多い」と言われていることをご存じですか?
2017年度時点で集めた情報によると、美容業界の市場は以下のようになっています。
 
◆理美容 2兆円以上
◆エステ(エステティック) 3,500億円以上
◆ネイル(ネイルアート) 2,200億円以上
◆アイラッシュ(まつ毛エクステ) 1,500億円以上
◆リラク(リラクゼーション) 1,100億円以上 
 
f:id:tentsu_media:20190614120650j:plain 
※株式会社矢野経済研究所参照
 
美容市場を合計すると、3兆円近い市場であることが分かります。
 
市場の大きさは店舗のみにとどまりません。技術進化が目覚ましい昨今、ホームエステ用にとあらゆる美容家電が発売されておりますが、美容家電市場は2,400億円にものぼるといわれています。
 
店舗数で比較してみても、「平成24年経済センサス-活動調査」の調査結果によると、全国のコンビニエンスストアの数が約5万店に対して、美容室はなんとその約4倍以上の店舗数を誇っているそうです。
 
もちろん、店舗数は増え続けているわけではなく、退店や移転もあり、サロン生存率も高いとは断言できません。しかし、最近では異業種からも美容業界へ進出するというニュースが見受けられます。実際、飲食店オーナ―様がアイラッシュやエステのフランチャイズを始めるケースも多数あるので、美容業界は可能性を秘めている魅力のある業界といえるのかもしれません。
 

美容業界の特徴について学んでおこう!

f:id:tentsu_media:20190614122442j:plain
美容業界に進出するうえで、おさえておきたい4つのポイントをご紹介します。
 
①毎年変わるトレンド
美容業界のトレンドは毎年変わるので、流行を先取りできさえすれば、流行の最先端、その分野のパイオニアとしての地位が築けます。実際、世間では「まつエク」という愛称で呼ばれている「アイラッシュ」が登場した時も、かなりの衝撃を世間に与えました。
 
②顧客を飽きさせないメニュー作り
女性を中心とした幅広いターゲット層が存在していますが、リピータをつくり、毎月安定した収益を確保するためにも、お客様を飽きさせることのない、豊富なメニューが必要になってきます。
 
③空中階の有効活用
飲食店とは異なり、ネット集客や口コミがメインのため、ビルの空中階でも出店できます。なにより空中階は路面店舗よりも賃料が安いので、逆にいえば賃料の安い空中階に出店することが狙い目ともいえます。
 
④利益率が高い
なにより嬉しい特徴として挙げられるのが、高い利益率。初期投資を早めに回収でき、黒字化しやすいといわれるこの業界では、安定して売上の30%以上の利益を確保しているサロンもあります。
 

店舗流通ネットの美容事業をご紹介!

f:id:tentsu_media:20190614124455j:plain
当社では、これから美容業界でサロンを開業したいオーナー様や、店舗展開・退店を検討しているサロンオーナー様に向けて、昨年末から美容サロン開業サポートを本格的にスタートしました。
経験豊富なサロンプロデューサーが、当社の居抜き物件などを活用した出店取引実績を活かし、店舗の開店や閉店、移転時に抱える問題を、さまざまな角度から解決までサポートします。

 

居抜き物件取引実績3,000件以上。だから物件に強い!

お客様の条件に合わせて、美容全般のサロンの居抜き物件や、その他の物件を含めてご提案いたします。
退店のご相談も受ける当社は、不動産情報に流出していない非公開物件も多数取り扱っているので、競合と勝負ができる物件をご紹介することが可能です。
また、独自のマーケット分析により、希望地域の売上分析と家賃相場を比較し、バランスのとれた物件をご紹介していきます。
 

飲食サポートで培った経営ノウハウの強力タッグ。

f:id:tentsu_media:20190614130914j:plain
「店舗展開のために本部機能を充実させたい」
「美容サロン向けの評価制度を導入したい」
 
そんなお悩みには美容業界に精通したスタッフの経験や知識を、
 
「知名度をUPさせ売上を向上させたい」
「スタッフ教育を強化したい」
 
このような課題には、これまで飲食サポートで培ってきた蓄積データを基に、あらゆる角度から柔軟に課題解決に向けたご提案をいたします
 

退店・移転にももう困らない。「居抜き」という考え方。

毎年トレンドが変わるこの美容業界、やはり退店や移転などの問題も出てきます。
 
「退店したいけれど、原状回復費用のことを考えると、なかなか退店に踏み切れない」
「店舗拡大(縮小)したいけれど、移転先がなかなか見つからないし、その際にかかる工事費用も心配・・・」
 
という、お悩みを抱えているオーナー様、「居抜き」を考えたことはありませんか?
新しいオーナー様とマッチングし、居抜きのまま退店できるのであれば、原状回復費用は0円になり、通常閉店するよりも、断然お得になります。
また、移転希望の条件に合う物件も弊社はご紹介可能です。 

 

f:id:tentsu_media:20190625202239j:plain
通常閉店した場合と店舗を売却した場合の金額比較表
 

開業・店舗展開に必要な各分野との広い繋がり。

開業・店舗展開に長いあいだ携わってきたからこそ、各分野のプロフェッショナルと繋がりがあります。
美容商材、美容機器だけではなく、お店をより広く知ってもらうためのツールになる広告代理店や、店舗運営に必要不可欠な人材やレジに関しても、ご相談可能です。
 

まとめ

f:id:tentsu_media:20190614155435j:plain
駆け足で美容業界について、ビューティーチームの事業について説明させていただきましたが、詳しく知りたい方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。
 

 

1.出店したいがいい物件がみつからない。見つけ方がわからない。
2.退店したいが、退店の仕方や売却方法がわからない。
3.人材不足で店舗展開ができない。人手不足で売上が下降している。
 

こんなお悩みのある方は、ぜひご相談いただければと思います。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ

www.tenpo.biz


ビューティー.K



f:id:tentsu_media:20190614105456j:plain