2019年の節分はいつ?節分の本来の意味、豆まきの由来・正しいやり方を学ぼう

節分の日が2月3日じゃない?節分の本来の意味と由来、無病息災を願って、豆まきをしたり恵方巻きを食べる日本の風習とは。なぜ節分に豆まきをするのか? なぜ豆をまくと邪気を取り払えるのか?地域によって変わる豆まきの風習、大豆派?それとも落花生派? 理解しているようでしていなかった「節分」と「正しい豆まき」のやり方を紹介します。

f:id:tentsu_media:20190116115715j:plain
飲食業界の話題を追いかけていると、切っても切れないものが「季節イベント」の情報です。
これまでも店通では食に関する季節のイベントについて取り上げてきましたが、この時期一番注目が集まるイベントといえば、2月の「節分」ですね。
 
近年では、節分といえば恵方巻きという、比較的新しいイメージが定着しつつあります。そのためか、節分とは何?と聞かれても、“無病息災を願って、豆まきをしたり恵方巻きを食べる日本の風習”という、ぼんやりとした知識しかありません。
そんなわけで今回は、理解しているようでしていなかった「節分」について調べていきたいと思います。
 

節分の日っていつ?2月3日じゃないの?

今年2019年の節分は2月3日(日曜日)です。平成最後の節分ということになりますね。
 
節分といえば2月3日のイメージで定着していますが、実は2月3日が節分の日と決められているわけではありません
節分とは本来「季節の区切り、変わり目」のことを指します。この季節の区切りとは、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のこと。昔はこの4つの区切りの前日を、すべて節分と呼んでいました。
 
なかでも立春は、旧暦で1年の始まりの日にあたり、厳しい寒さから暖かい季節に移り変わることから、特別にめでたい日でもありました。そのため節分といえば、この立春の前日、つまり今でいう大みそかという特別な日のことを指すようになったのです。
 
立春はここ30数年の間は2月4日で変わることはありませんでしたが、年によって日にちが変わることがあります。一番近い年でいうと、2021年の立春は2月3日ですので、2021年の節分の日は2月2日ということになりますね。
 

節分の本来の意味と由来。なぜ節分に豆まきをするのか?

f:id:tentsu_media:20190116123419j:plain
「鬼は外、福は内」
みなさんもこの掛け声を言いながら豆まきをした経験があるのではないかと思います。
屈強な鬼を豆で退治する、という冷静に考えると少しシュールな図が思い浮かぶのですが、昔の人たちは目に見えない病気や災害を鬼(邪気じゃき)に例えて、それを追い払うための儀式として豆まきをおこなっていました。
 
節分の歴史をたどると平安時代にまでさかのぼるのですが、当時中国から伝わった追儺ついなという邪気払いの宮中行事が節分のルーツになっていると言われています。
最初は桃の弓、あしの矢、桃のつえを使用していましたが、室町時代に入ってからは豆をまいて鬼を追い払うようになりました。庶民の間に豆まきという風習が広まったのは江戸時代に入ってからです。

なぜ豆をまくと邪気を取り払えるの?

古くから穀物や果実には精霊が宿るとされていました。
豆には“魔を滅する”という意味の「魔滅まめ」という漢字もあてられており、鬼(邪気)を追い払うものとして使用されるようになったのです。本来は魔除けに使われていた小豆が使用されていましたが、小豆は高価で貴重な穀物でもあったため、代わりに手に入れやすい大豆が使われるようになったと言われています。
 
そして、まいた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いとされていたため、普通の豆ではなく、火でった“炒り豆”を使用するようになりました。節分用に販売されている豆が炒ってあるのはそのためだったのですね。
 
精霊の宿る豆の力で、病気や災害の例えである鬼を追い払い、代わりに福を呼び込む。そのために「鬼は外、福は内」という掛け声が定着しました。豆まきに使用される豆が「福豆」と呼ばれているのも、このためです。
 

改めて学ぼう。豆まきのやり方

f:id:tentsu_media:20190116115036j:plain
節分の正しい意味や由来がわかったところで、豆まきのやり方についてもお伝えしていきましょう。地域によってやり方に差はありますが、今回は一般的なやり方をお伝えしていきます。
 

①福豆を準備しておく

炒った大豆をます三方さんぼう三方(※1)に入れて、節分の日の朝に神棚に供えておきます。神棚がない場合は、自分の目線よりも高いところに白い紙を敷き、塩と一緒に置いておくと簡易的なお供えになります。(※1:神様にお供えする際に使用する器)
 

②夜になったら豆まきスタート

豆まきは、鬼が来るとされている夜におこないます。本来豆まきは家の主人や年男・年女・もしくは厄年の人がやるのが吉とされていました。(今年の厄年はコチラの記事でチェックできます。)
しかし、節分は家族で行うイベントでもありますので、お子さまにやらせたり、ご家族全員でまいても問題はありません。
 

③奥の部屋から順に豆をまいていく

家や建物の中で一番奥の部屋(玄関から一番遠い部屋)から順に、玄関に向かって豆をまいていきます。「鬼は外」と言って部屋の外に向かって豆を2回まき、鬼が戻らないようにドアや窓を閉めてから、「福は内」と言って部屋の内側に向かって豆を2回まいていく。これを各部屋におこなうのですが、この時、手のひらが上になるように豆をまくのがポイントです。
 

④福豆を食べる

豆をまき終わったら、無病息災を祈りながら、自分の年齢+1の数だけ豆を食べて終了です。
 
ここまでひと通り豆まきのやり方を説明してきましたが、お気づきでしょうか…鬼の面を被った「鬼役」の人が登場しません。そう、実は本来の豆まきの作法では鬼の面は必要ないのです。
ですが、地域によって豆まきのやり方もさまざまですので、そこまで厳密にやり方にこだわる必要はないようです。
 

あなたの地域の豆まきは、大豆派?それとも落花生派?

f:id:tentsu_media:20190116115410j:plain
ちなみにみなさんは「豆まき」と聞いて、どんな豆の種類を思い浮かべたでしょうか。
上記の説明では、一般的な豆まきは大豆でおこなうものと記してしまったのですが、調べていくと、落花生で豆まきをおこなっている地域もあることが分かりました。
 
主に北海道・東北・北陸地方、そして南九州では落花生で豆まきをおこなう所が多いようです。後片付けの際に、落花生の方が小粒の大豆よりも大きくて拾いやすいこと。そして下に落ちたものでも、殻を剥けば中身が食べられるという合理的な理由から、落花生で豆まきをおこなう地域が広まったのだとか。

コーヒー豆で豆まき!?豆まきで販促をおこなうお店も。

さらには、販売促進のためにもっと変わった豆まきをおこなっているケースも。なんと節分に乗じて、コーヒー豆で豆まきをするお店もあるのだそうです。
f:id:tentsu_media:20190116115050j:plain
以前、恵方巻きの記事を書かせていただいたのですが、もともと恵方巻きは海苔のり屋と寿司屋が販売促進のキャンペーンとして始めたもので、そこから全国に広まった風習であることをお伝えしました。同じように、販促・宣伝手法として新しい豆まき文化を生み出してみるのも、おもしろいかもしれませんね。
 

さっさん

f:id:tentsu_media:20190116115715j:plain