【中国・上海】アラサー女のひとり旅!遅めの夏休み~2泊5日旅行記~

今回の旅行記は上海観光のおすすめ、グルメ・スイーツをお伝えします! 治安に注意して厳選した上海観光は、歴史ある庭園「豫园」から。 そして上海の夜景、黄浦江に反射する外灘を浦東から眺め、レストランでは上海カニに小籠包、激辛火鍋ではアヒルの内臓のしゃぶしゃぶもいただきました! スイーツは上海でも流行っているタピオカにマンゴー…。観光とグルメの2泊5日上海ツアーを紹介します。

こんにちは、食べること・しゃべることが特徴のくちびるお姉さんです。
とはいえ、先日は大食いチャレンジをものの見事に失敗してしまったわけですが…… www.tenpo.biz
遅めの夏休みをいただき、上海に行ってきました!なぜ上海かというと、そこに上海があったからです。本当に特に理由はなく、なんとなく上海に決めました。かといって、中国語は話せませんし、英語が少し話せる程度です。
8割の友人・知人に「無謀すぎる」と言われましたが、人生一度きり!生きて帰国できればそれでいいや!ということで。予約をしたのは旅立つ1週間前という、オール無計画な2泊5日の上海旅行記をお楽しみください!


f:id:tentsu_media:20190104163047j:plain
今回の旅行記は部門ごとにわけてお伝えします!観光編・ごはん編・スイーツ編です。やや食事の分量が多い気がしますが、旅行は現地のグルメを食べてなんぼ!ですよね。

観光編

まずは定番の観光からご紹介します。女性のひとり旅なので、治安には細心の注意を払いつつも、上海らしいところは楽しみたい!ということで、厳選した上海名所です。

歴史ある庭園、豫园よえん

f:id:tentsu_media:20190617170754j:plainこちらは上海では、言わずと知れた観光名所です。明や清の時代の庭園で、楼閣が立ち並んでいます。

f:id:tentsu_media:20190617170927j:plain日本の神社で例えると狛犬こまいぬのような獅子の銅像がお出迎えしてくれました。
建物の中はというと、お土産屋さんがひしめきあっており、ここに行けばお土産も調達できるので、時短旅行にはもってこいです。
豫园の中に入るには40元(日本円で約680円)必要ですが、見る価値はありますので、時間に余裕のある方は庭園の中もぜひご覧くださいね。11月はどうやら観光シーズンのようでしたが、オフシーズンであれば30元で入場できるようですよ。

アクセス

■ 豫园(予園)
住所:上海市黄浦区安仁街137号
最寄駅:豫园(地下鉄10号線)
営業時間:夏季 8:30〜17:30、冬季 8:30〜17:00
※中国の旧正月は9:00〜17:00
入場料:【観光シーズン(4月~6月,9月~11月)】40元
【オフシーズン(7月~8月,12月~3月)】30元



ザ・上海を眺める外灘(ワイタン・バンド)

f:id:tentsu_media:20190617171119j:plain 百万ドルの夜景!!!と言っても過言ではないほど美しいナイトビューでした。黄浦江こうほこうにビルのきらめきが反射し、幻想的な風景が目の前に広がります。
遊覧船もいくつも通っており、海の上から眺める景色はまた絶景なのでしょう。見渡せばカップルや家族連れがほとんど。
おそらくウェディングフォトであろう、カラードレスを召されたお嬢さんもいらっしゃいました。……ひとりでも十分楽しめます、が、夜なので自分の身は自分で守り、自己管理はしっかりと!

f:id:tentsu_media:20190617171136j:plain実はこの夜景は対岸の浦東ほとうという地域で、歴史的な建造物が立ち並ぶこちらの写真が外灘なのです。こちらも夜はライトアップされており、対岸は近未来的な経済発展の象徴でありながら、歴史の重みや歩みを感じさせる厳かな建物が立ち並ぶ様は、感慨深いものがあります。
一粒で二度おいしいのでぜひ行っていただきたいですね。

アクセス

■ 外灘(ワイタン/ バンド)
最寄駅:2号線と10号線の南京東路駅



ごはん編

観光客だらけの店ではなく、なるべく現地の人が集まる場所を、と思ってチョイスしました!基本的にクレジットカードはあまり使えないと思った方がよさそうです。
中国ではアリペイ(支付宝)などの電子マネーが主流ですが、中国に銀行口座がないと設定できないので、できるだけこまめに両替したりする策を!

上海カニ(ちょっと入り)ラーメン

f:id:tentsu_media:20190617171208j:plain
中華料理=ラーメン、なんて自分の情報量の少なさに驚きますね。
ですが、ラーメンが好きの私としては外せません!ということで、本当は上海カニが食べたかったのですが、予算の都合上泣く泣く「上海カニのちょっと入ったラーメン」に変更しました。
結果は……大満足!カニです、これカニです!カニ身は少々ですが、しっかりとカニの味が伝わってくる、カニ風味ではなく、カニです!麺は細身でしっかりゆでられている麺。
細麺なのでカニ身としっかり絡みあい、にゅうめんみたいな食感でした。

春园チゥンユァン(春園)
住所:上海市黄浦区重庆南路183号
最寄駅:新天地(地下鉄10号線、13号線)


上海で一番有名な小籠包の人気店!

f:id:tentsu_media:20190617171443j:plain皮をやぶいて、あふれ出る肉汁!待ってました、小籠包!ここのお店はえらく並びましたね。観光客が多かったのですが、上海で一番有名なお店、と聞いていたので行かずにはいられませんでした。

f:id:tentsu_media:20190617171514j:plainそのままでもお酢と合わせてもおいしい!
お酢につけていただいてもおいしかったのですが、やはり私はそのままをオススメします。お肉本来の味がジュワーっと口の中に広がり、皮は薄皮なので、肉汁を吸ってしまうことなく、ちゅるんとお口に入ります。時間があれば、もう一度行きかったと思えるお店です。

アクセス

南翔馒头店ナンシャンマントーディン(豫园路店)
南翔饅頭店(予園路店)
住所:上海市黄浦区豫园路85号(近九曲桥)
最寄駅:豫园(地下鉄10号線)
営業時間:8:30~21:00
TEL:021-63554206
URL:http://www.laomiaocanyin.com/Cn/brand/brand_9.aspx#



ひとりで食べた切ない、激辛火鍋!

f:id:tentsu_media:20190617171537j:plain
白湯と麻辣スープのおしどり鍋!「洞子张鸳鸯锅ドンズーザァンユァン イァングゥオ

11月ということもあり、少し肌寒さを感じていたのでお鍋もいただきました。中国のお鍋は、火鍋が有名ですよね。
2つにわかれたお鍋で2種類の味を楽しめる、というぜいたくな仕様。ですが……これちょっと左側の辛さ大丈夫かな、食べられるかな。店員さんには「中国人でも辛いですよ」と言われドキドキしたのもつかの間、薄切りの羊肉と、アヒルの内臓が運ばれてきました。

f:id:tentsu_media:20190617171619j:plainf:id:tentsu_media:20190617171625j:plain
お鍋の熱さでくもって見えないのがアヒルの内臓のしゃぶしゃぶです。こちらも店員さんに「現地のお客さんはこれが好きで必ず頼むよ」ぐらいの勢いでオススメされたので意を決して頼みましたが、これがまた初めての食感です。
内臓・モツ系の独特なコリコリっとした歯ごたえと、表面の突起にスパイスがよく絡み、これはハマるおいしさでした。

これ、日本にもできたらいいのに。結果、激辛でした……最初はおいしい、おいしいとパクパク食べすすめていたのですが、途中からくちびるが腫れてきたため、真っ赤なスープでいただくことはできず…白いスープ、おそらく白湯スープだとは思うのですが、そちらで完食しました。

以前には、激辛ストリートを練り歩いたのに、やっぱり本物の辛さには負けました……

www.tenpo.biz


アクセス

洞子张老匠火锅ドンズーザァンラウヂィァンフゥオ グゥオ(金陵东路店)
洞子張老匠火鍋(金陵東路店)
住所:上海市黄浦区金陵东路569号汇都国际广场F3
最寄駅:大世界(地下鉄8号線)
営業時間:10:30~3:00
TEL:021-53861786 URL:http://www.ahdzz.com/



スイーツ編

やっぱり最後はスイーツでしょう!というわけで、地元で人気のスイーツを探してみたところ、上海でも流行っていました、タピオカ。そう、今年のJC(女子中学生)・JK(女子高校生)流行語大賞の「タピる(タピオカを飲む、食べるの意味)」のタピオカです!あなたはもうご存じでした?タピる。上海でもタピってきましたよ!

毎日タピりたい、200円以下のタピオカドリンク

f:id:tentsu_media:20190617171408j:plain見よっ!このインスタ映えを完全に無視したこのビジュアル!タピオカが全然見えません。
日本は今、インスタ映えを追い求めていますからね。シンプルなデザインだからこそ、「安くておいしい」が実現できているのかもしれません。
こちらのタピオカミルクティーは11元。日本円で約187円!こちらの写真はMサイズですが、日本だとLサイズぐらいの体感です。なみなみこぼれるぐらい入って、タピオカもたくさん入ってるし、いうことなしですね。満足しすぎて毎日タピってました。

アクセス

1点点イーディェンディェン(河南中路店)
住所:上海市黃浦区河南中路505-3号
最寄駅:南京东路(地下鉄2号線、10号線)
TEL:021-53831959
営業時間:10:00~22:30
URL:https://www.alittle-tea.com/



ごま香る、ホッと一息白玉団子

f:id:tentsu_media:20190617171336j:plainこの日は雨だったので、冷えた体を温めるために温かいスイーツを探し、こちらのお団子に決めました!ふわっふわのお団子が気持ちよさそうにお湯に浸かってます。
もっちりとしたお団子と、甘さ控えめのごまあんが口の中にまったりと広がり、雨で濡れた体を芯から温めてくれます。
周囲を見渡せば、8個入りをシェアしている方もいらっしゃいましたが、なにせお一人様……量が多くて食べきれるか不安でしたが、難なくペロリ。優しい味が体に染み渡り、思わず長居しそうになりました。

アクセス

宁波汤团店ニィンボータンターンディン
寧波湯団店
住所:上海市黄浦区豫园路98号
最寄駅:(地下鉄10号線)豫園駅 1号出口 徒歩5分
TEL:021-63739458
営業時間:8:30~21:30
URL:http://www.dianping.com/shop/502451



ぷりっぷりマンゴースイーツ

f:id:tentsu_media:20190617171308j:plain中国はマンゴーも有名だそうです!というわけでやっぱりマンゴーも外せないのでマンゴーを求めてスイーツ探し。
こちらの店舗の人気メニュー「芒果白雪黑糯米甜甜マングゥオパィシュヘェヌゥオミィティェンティェン」はマンゴーとバニラアイスと黒もち米のあんこ、という和洋折衷……いや、ここは中国だ、中華はこれがスタンダードなのかしら?
口に入れた瞬間にとろっととろけるマンゴーは、果汁たっぷりでいくら噛んでもまだまだ果汁がつきることがありません。あんこは甘さ控えめで、マンゴーの天然の甘さと、バニラアイスの爽やかな甘みとベストマッチです。

なんとこちらは香港で有名なお店のチェーン店だったようです。そうか、マンゴーって香港の方が有名な気がする。マンゴーかき氷は香港から日本へ広がりましたよね。中国国内でもチェーン展開されているようなので、事前に調べれば滞在先の近くにもあるかもしれませんよ!

アクセス

满记甜品マンジィーティェンピン(九百食品城店) 満記甜品(九百食品城店)
住所:上海市静安区万航渡路72号
最寄駅:静安寺(地下鉄2号線、7号線)
TEL:021-62561921
営業時間:年中無休 10:00~23:00
URL:http://multiconceptslink.com/



まとめ

f:id:tentsu_media:20190617171726j:plain
あっという間に過ぎ去った2泊5日でしたが、ここにもまだまだ載せきれないほど、くちびるお姉さんは食い倒れました。よく歩き、よく食べたおかげで帰国後にダイエットをせずとも、体重は現状維持!

あ、そうそう、上海ではお水は基本的に出てこないので、ミネラルウォーターを持ち歩くことをおすすめします!はじめてのひとり旅でしたが、上海の中心部は道が東西南北に整備されているため、地図さえ読めれば現在地を簡単に把握できます。道路ごとに名前がついているので、「〇〇路と××路の交差するところを東に曲がる」などと頭の中で整理すれば、道を尋ねなくてもたどり着けますよ。

近場で海外旅行行こうかな、なんて考えている方も、せっかくだから現地でタピりたい方も、次回は上海に行ってみては?

くちびるお姉さん

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、こんな記事も読まれています。
まだお読みでない方は、是非お読みください。

www.tenpo.biz



f:id:tentsu_media:20181213185410j:plain