【渋谷・神泉】北海道と沖縄を一度に味わうコラボ居酒屋「琉球どさんこ しぶ猫」とは

日本最北端の北海道。そして最南端の沖縄。 そのふたつが融合した渋谷の一風変わった居酒屋、「琉球どさんこ しぶ猫」の魅力をお伝えします! 渋谷駅からはマークシティを通過すると近道。神泉駅からは徒歩4分で到着。 ご夫婦で経営されているしぶ猫のおすすめメニューや、北海道と沖縄をコラボさせた由来、ご主人へのインタビューも紹介します。

すっかりコートが手放せない季節になりましたね。そろそろ年末の旅行の予定を立てる方も多いのでは?国内旅行で根強く人気なのは北海道と沖縄。特にこう寒い季節ですと、暖かい場所に逃げたくなるのが人間ってものです。
 
さて、その日本最北端の都道府県、北海道。そして最南端の沖縄。そのふたつが融合した居酒屋、「琉球どさんこ しぶ猫」へ行ってきました!実は私、こちらに以前から何度かお邪魔しているんですよね〜。何度も足を運びたくなる魅力をお伝えします!

渋谷から?神泉から?「琉球どさんこ しぶ猫」への近道

f:id:tentsu_media:20181119150012j:plain
渋谷マークシティの中を歩くのが近道です!
「琉球どさんこ しぶ猫」は渋谷駅から14分。「渋谷マークシティ」の大エスカレーターで4階まで上がり、「ショッピング&レストランアベニュー」の中を歩いて行くと道玄坂上に出るので、人ごみと坂道を回避しつつ、近道ができます。
渋谷の喧騒から離れた場所だと、ちょっとツウな雰囲気が醸し出せますね。
 
京王井の頭線神泉駅からは徒歩4分!おしゃれなオフィスや住宅が並ぶ路地を辿って到着。神泉エリアには他にも多数の飲食店が軒を連ねています。そしてどれもがおしゃれ!!!デートにも飲み会にも使える立地で、1軒目から2軒目へと移動しやすいのもポイントが高いです。渋谷は若者だけの街ではないですね!
 

なまらめんそ~れ!?渋谷にある一風変わった居酒屋

お店のドアへと続くエントランスには猫の足跡が!猫好きな筆者としてはたまらないです、可愛いです。店内のいたるところに置かれている猫の置物にも癒されます。
f:id:tentsu_media:20181121142046j:plainf:id:tentsu_media:20181106105720j:plain
f:id:tentsu_media:20181106105034j:plainf:id:tentsu_media:20181106113241j:plain
居酒屋、と聞くとタバコの煙がもくもく……といったイメージがある方も多いかもしれませんが、しぶ猫は店内禁煙。タバコを吸わない方や、煙が苦手な方には嬉しい配慮です。タバコを嗜む方のために、テラスに灰皿も用意していますのでご安心くださいね。 

さぁ、では早速メニューをみていきましょう!
 

琉球どさんこ しぶ猫メニューご紹介

f:id:tentsu_media:20181106110058j:plainf:id:tentsu_media:20181106110102j:plain
メニューが豊富で迷ってしまいますよね!季節や仕入れでメニューが変わったり、限定入荷のとっておきの食材を教えてくれることもあるので、ご主人のおすすめをお願いしました。
さらに、筆者のおすすめは「塩辛バターカーリーフライ」。これはマストです!
 

お刺身盛り合わせ

f:id:tentsu_media:20181106105932j:plain
※写真は2人前です
その日の仕入れ状況によって変わるという、刺身盛り。
まずは北海道産ぼたん海老。プリっとして大きく、豊かな磯の香りと甘みが口の中いっぱいに広がります。海老本来の味わいが深いので、海老好きな方にはお醤油なしで食べるのもおすすめです。
 
お次は獲れたての新鮮なウニの甘みが味わえる塩水ウニ。一般的なウニは、ミョウバンに漬けて型崩れを防止するため、特有の苦味がでてしまいますが、こちらの塩水ウニは海水と同じ濃度の塩水に漬けることで形を保つため、ウニ本来の甘みを感じることができるのです。
 
そしてやっぱり沖縄産の海ぶどう!そっと乗せられたイクラと一緒に口へ入れると、プチプチ感を思う存分楽しめます。
さらに脂がのって濃厚な味わいの戻りカツオと、今がまさに旬の北海道産さんままで。日本の北から南まで楽しめるこの贅沢感。必ず頼みたい一品です!
 

塩辛バターカーリーフライ

f:id:tentsu_media:20181106110409j:plain
筆者のおすすめはこちら!くるくるとしたフライドポテトは、お祭りの屋台っぽくてバッチリインスタ映えですね。そして上にかけられているソース……と思ったらなんとイカの塩辛!そしてバター!大地の恵みと、海の恵みを融合させたハイブリッドおつまみです。これがまたお酒に合うんです。塩辛の絶妙な塩加減と、ほくほくのフライドポテト、そこにお好みでバターを混ぜる。塩辛さを求めたり、バターでまろやかにしたりと、好みで食べれるところがいいですね。
 

カラ付きホタテバター

f:id:tentsu_media:20181106110622j:plain
貝焼きってちょっと特別な感じがしませんか?たっぷりのバターの香りが食欲をそそります。ギュッと身がしまっていて、かつ大きい!大きいのですが、1人でもペロっと食べられます。このね、添えられているネギがまた美味しいんです。ネギにもホタテの旨味とバターが染み込んでいて、お酒を飲みながらおつまみがわりに最後までネギをつまんでしまいます。
 

ゴーヤちゃんぷる

f:id:tentsu_media:20181106110555j:plain
ザ・沖縄!のゴーヤちゃんぷる。ゴーヤは好き嫌いがわかれてしまう野菜ではありますが、ふんわり卵とマッチし、とても食べやすいです!……ん?チーズが入っている??なるほど、卵だけではなく、チーズのまろやかさも加わり、苦味がおさえられているんですね。これならゴーヤ初心者さんでも美味しく食べられそうです。
 

もずく天ぷら

f:id:tentsu_media:20181106110809j:plain
本日のお通しはこれ!もずく天ぷら。サッと揚げられたもずくは表面パリパリ、中はしっとり。この歯ごたえの違いがぐっと食欲をそそります。お通しだけじゃなく、通常メニューにも加えていただきたい一品です。添えられたレモンともずくの相性もバッチリ。
お通しは日替わりなので、季節のおすすめ食材を楽しめます。
 

沖縄ソーキそば

f:id:tentsu_media:20181106110657j:plain
シーサーのかまぼこがなんとも愛らしいですね。2枚入っているあたりが、にくい演出です。ちなみに「ソーキ」とは、豚の骨付きあばら肉のこと。「軟骨ソーキのコトコト煮」とも迷ったんですが……やはり、締めは麵でしょう!ということでこちらにしました。ほっこり暖かいおそばは、これからの季節にもぴったりですね!ソーキのほどよい油分がお出汁に絡み、紅生姜の酸味が後をひくおいしさです。一人で完食できるサイズなので、お一人様でも安心です。
 

ドリンクメニューご紹介

さて、お次はドリンクのご紹介。沖縄のお酒といえばオリオンビール泡盛、そしてハブ酒!北海道からは道民が愛するガラナで生ビールを割った生ガラビー函館ワインソフトドリンクもしぶ猫ならではのメニューが豊富なので、いろいろチャレンジしたいところです。
 

泡盛「残波 白」

f:id:tentsu_media:20181106110234j:plainf:id:tentsu_media:20181106110244j:plain
やっぱりここは泡盛で乾杯です。本日はご主人おすすめの「残波 白」をチョイス。
飲み方もさんぴん割(さんぴん茶=ジャスミンティー)やコーヒー割といった割り方も。ひとつのお酒で2度も3度も味わえますね。「泡盛は度数が高いから飲みにくそう」なんて方もチャレンジできそうです。

しぶ猫オリジナル泡盛カクテル「なんくるないさぁ〜」

f:id:tentsu_media:20181106110322j:plainf:id:tentsu_media:20181106110332j:plain

沖縄らしい、フレッシュで爽やかな色合いです。泡盛・パインジュース・ブルーキュラソー(リキュール)のカクテルで、スッキリとした甘さの中に酸味があり、ぐいぐい飲めてしまう爽やかさです。泡盛が入っているのにグビグビ飲めてしまうこのカクテル、泡盛ははじめて、といった女性にもおすすめです。見た目が可愛いのはもちろんですが、お料理の邪魔をしない控えめな甘さでとっても飲みやすいですよ。
 

店長インタビュー

琉球どさんこ しぶ猫はご夫婦で営まれている居酒屋です。
今回はご主人にインタビューをさせていただきました。
f:id:tentsu_media:20181106111301j:plain
◆北海道と沖縄をコラボさせるという発想はどこから生まれたのですか?
元々、沖縄料理店で13年間働いていたんです。
そろそろ自分のお店を開きたい!そう思ったときに、僕の出身地「北海道」のおいしい産地直送の食材を使ったメニューを出したいと思ったんです。そこで沖縄と北海道というコラボレーションが生まれました。
 
f:id:tentsu_media:20181106122225j:plain
◆「しぶ猫」という店名の由来を教えてください。
昔、猫を飼っていたことがありまして。はい、単純に猫が好きなんですね。
それと、美味しいお魚料理を提供したかったので。猫って魚が好きといいますし。
そこで渋谷の猫『しぶ猫』という店名に決めました。
 
◆お客様はどんな方が多いですか?
渋谷とはいえ、にぎやかなセンター街から少し離れた神泉エリアなので、落ち着いてお酒を飲まれるお客様が多くいらっしゃいますね。
21時以降に混み出すことが多く、リピーターさんはもちろん、ご新規のお客様も多くいらっしゃいます。
 
◆お客様へのメッセージをおねがいします!
北海道料理は北海道の産地直送、沖縄料理は沖縄の産地直送といった形で、それぞれの土地の新鮮な食材のおいしさをもっと知っていただきたいですね。
たくさん食べていただくことが、生産者や産地の後押しに繋がります。北海道料理に泡盛、なんて組み合わせも楽しんでいただければ!と思っています。
 

まとめ

f:id:tentsu_media:20181106115736j:plain
カウンター越しににっこりとされているご夫婦がとても印象的で、仲睦まじいあたたかい様子がお料理にも、お店全体にも行き渡っています。
カウンターでおひとりで飲んでいるお客様が奥様と和やかに会話をされており、お客様に愛されているお店だという印象を受けました。そんな店主夫婦の人柄はもちろん、お料理もお酒もバリエーション豊富で何度行っても飽きません。
 
渋谷の喧騒から離れ、泡盛のグラスを傾けながら、店主夫婦と会話を交わす。本当は人に教えたくない、大人の隠れ家です。
 

今回取材したお店

f:id:tentsu_media:20181119154710j:plain
琉球どさんこ しぶ猫
■住所:東京都渋谷区神泉町9-12
■電話:050-5596-0463
■営業時間:18:00〜24:00 
■定休日:日曜日(ハッピーマンデーの際は月曜日がお休み) 、その他各月休日あり
■アクセス:渋谷駅から徒歩14分、京王井の頭線神泉駅から徒歩4分
 
琉球どさんこ しぶ猫  Facebook  Twitter  Instagram 
 

大池

f:id:tentsu_media:20181106115906j:plain