名古屋駅だけじゃない!東海地方で出店するならココが熱い!【エリア調査マン】

今回は店舗流通ネット名古屋支店のイチオシの出店エリアをランキング形式でお届けします。 東海地方の飲食マーケットについて、東海地方で飲食店の展開における戦略を紹介させていただきます。 飲食店向けの物件紹介や出店や退店のサポートをしている名古屋支店では、独占で紹介している物件もございますので、気になる方はお問合せを!!

皆さんどうも、毎度おなじみパーリーピーポーメガネスナイパーです。
名古屋市内に移住して早くも4年。今回は店舗流通ネット 名古屋支店の一員として、日々飲食店向けの物件紹介や出店や退店のサポートをしている東海地方の飲食マーケットについて語りたいと思います!
f:id:tentsu_media:20181102123712p:plain
ということで、イチオシの出店エリアをランキング形式で、おすすめ飲食店エリアのマップと、飲食店街のストリートビューで紹介します。

東海エリア出店おすすめ駅ランキング!

第5位 近鉄四日市駅 [三重県四日市市]

・乗り入れ路線:近鉄 名古屋線・湯の山線、四日市あすなろう鉄道 内部線・八王子線
・乗降者数/日:平均40,587人
・周辺情報:三重県一の繁華街
 
名古屋から近鉄電車で40分の三重県の四日市市、三重県最大の歓楽街が広がる近鉄四日市駅前。平日はもちろん、週末も数多くの人々が集まり、おしゃれな飲食店やキャバクラなどの夜の店も盛り上がっています。
 
近頃、工場夜景スポットとしても注目を集める四日市コンビナートがあるので、客層としては特に工場で働かれている方々が多く、飲み需要はかなり高いマーケットです。最近は東京の飲食店企業様も続々と出店されているエリアですのでチェックしてみてください!
※JRの四日市駅もありますがJR側よりも近鉄側のほうが栄えているので、お間違いのないようご注意ください。
 

【近鉄四日市駅 東口の飲食店街エリア】
【近鉄四日市駅 東口・四日市1番街商店街のストリートビュー】
 

第4位 大曽根駅[愛知県名古屋市東区・北区]

・乗り入れ路線:JR東海 中央本線、名鉄 瀬戸線、名古屋市営地下鉄 名城線
・乗降者数/日:平均123,297人
・周辺情報:名古屋ドームへのアクセスに便利
 
名古屋市北区の注目マーケット、大曽根駅前。JR、名鉄、地下鉄の連結するターミナル駅となっています。大曽根駅付近は駅利用客に対して飲食店が非常に少なく、飲食店が並ぶ通りは1、2本ほどしかありません。そもそも飲食店舗用の物件があまりない希少エリアなのです。
 
また、現在営業されている店舗はどこも景気がよいそうで撤退物件もほぼ出ません。出店したいので物件を探してほしいという数多くのオファーもいただいてますが、皆さん待ちの状態となってしまいます。今後大曽根駅前にて物件が出た場合は要チェックです!
 
下記ストリートビューは飲食店舗が立ち並んでいる大曽根本商店街の様子で、大曽根本商店街はマップでは大きく囲われている方になります。
 
【大曽根本商店街・地下鉄側飲食店街エリア】
【大曽根本商店街のストリートビュー】
 

第3位 東岡崎駅[愛知県岡崎市]

・乗り入れ路線:名鉄 名古屋本線
・乗降者数/日:平均39,068人
・周辺情報:北口は飲食店が広がり、南口は住宅街が広がる
 
三河エリアの激アツマーケット、東岡崎駅前。こちらの駅も大曽根駅同様、駅利用客に対しての飲食店数が非常に少ないマーケットとなっています。東岡崎駅は名鉄沿線の中で利用者が多く、現在駅前の再開発中です。2019年には駅前にぺデストリアンデッキが開通し、さらなる発展が期待されます。
 
そんな東岡崎駅ですが、駅前で飲食店が並ぶ通りは1本のみとなっており、1軒1軒の店舗が繁盛しやすい状況となってます。名古屋発祥で数十店舗展開されている居酒屋さんは、現在もこの東岡崎駅前にある店舗の利益率がダントツでNO.1という話を伺ったことがあります。そうはいっても東岡崎エリアも退店が少なく物件が出ることがあまりありませんので、物件が出たら要チェックです!
 
【東岡崎駅 北口の飲食店街エリア】
【東岡崎駅 北口のストリートビュー】
 

第2位 金山駅[愛知県名古屋市熱田区・中区]

・乗り入れ路線:名鉄 名古屋本線、JR東海 中央本線・東海道本線、名古屋市営地下鉄 名城線・名港線
・乗降者数/日:平均436,298人
・周辺情報:名古屋駅に次ぐターミナル駅
 
出店需要の高い金山駅前。JR、名鉄、地下鉄の連結するターミナル駅です。東京の飲食企業様も数多く出店される人気エリアで、将来的に駅前・商業施設の再開発があるのでまだまだ伸びしろのあるマーケットです。
 
また、金山駅には駅直結の『アスナル金山』という商業施設があり、平日・土日ともに売上が見込めるエリアです。客層も20代の若年層からサラリーマン、家族連れまで幅広い集客が見込めますのでおすすめです!
 
下記ストリートビューは金山駅北口の様子で、マップの中では上に位置しているエリアになります。
 
【金山駅 北口・東口の飲食店街エリア】
【金山駅 北口のストリートビュー】

第1位 名古屋駅[愛知県名古屋市中村区]

・乗り入れ路線:JR東海 東海道新幹線・東海道本線・中央本線・関西本線、名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線、名古屋市営地下鉄 東山線・桜通線、名鉄 名古屋本線、近鉄 名古屋線
・乗降者数/日:平均1,249,744人
・周辺情報:駅前には広い範囲で飲食店・商業施設が立ち並ぶ
 
何といっても1位のエリアは名古屋駅前。飲食マーケットはここ数年でかなりの店舗数が増加しており、飲食に対しての需要も増す傾向にあります。
 
また、2017年には都道府県別の県庁所在地ランキングで名古屋市が大阪市を抜き、2位になったほどの人気エリア!2028年のリニア新幹線の開業に向けて、駅前では数多くの再開発が実施されており、今後もよりいっそう期待のできるマーケットとなるでしょう!
 
下記ストリートビューは桜通口からみた名古屋駅前の様子です。桜通口はマップ上にある駅の右側になります。
 
【名古屋駅 桜通口・太閤通口の飲食店街エリア】
【名古屋駅 桜通口のストリートビュー】
 

まとめ

ということで、私の中の東海地方激アツマーケットをご紹介させていただきました!
東海地方にくわしくない方にとっては聞いたことのない地名もあったのではないでしょうか。
路線 乗降者数/日 周辺情報 駅前再開発  飲食店舗需要
1位 名古屋駅 5社局・9路線 1,249,744 駅前に飲食店・商業施設   ◎   ◎
2位 金山駅 3社局・5路線 436,298 名古屋駅に次ぐターミナル駅   〇   ◎
3位 東岡崎駅 1社局・1路線 39,068 北口は飲食店、南口は住宅街   〇   〇
4位 大曽根駅 3社局・3路線 123,297 名古屋ドームへアクセス便利   -   〇
5位 近鉄四日市駅 2社局・4路線 40,587 三重県一の繁華街   -   〇

 
今後、東海地方に飲食店の出店においてポイントとなる戦略は

1、再開発をしている今後の伸びしろのある地方都市を攻めること!
2、需要>供給 つまり、飲食店の数が少ない穴場の物件情報をいち早く察知すること!
上記のポイントをおさえていくことも重要であると考えます。

東海エリアを統括する名古屋支店では、独占で紹介している物件もございますので、気になる方はどしどしお問合せを!!

メガネスナイパー

 
f:id:tentsu_media:20181113104807j:plain