【銀座・新橋】地図にない名所「銀座九丁目」とは一体…。人通りや客層は?【エリア調査マン】

新橋~銀座エリアを歩いて調査しつつ、「銀座九丁目」と呼ばれるこれから盛り上がるであろう出店狙い目のエリア調査へ行ってまいりました。サラリーマンの聖地と呼ばれる新橋エリア、洗練された大人の街である銀座エリア、そして新橋一丁目~銀座八丁目の境目「通称銀座九丁目」。 それぞれのエリアの周辺の客層、飲食店事情、賃料情報をご紹介いたします。

こんにちは。飲食店の出店・退店事情を調べるために都内の立地調査をしています、店舗開発課のワキワキです!
 
8月も半分が過ぎましたが、まだまだ暑さが続きますね。夏といえばビール、ビールと言えばサラリーマン、サラリーマンと言えば新橋!ということで、今回、飲食店事情を調査するエリアは「新橋~銀座」です。
 
f:id:tentsu_media:20180814121640j:plain
 
新橋エリアを調査しつつ、「銀座九丁目」と呼ばれている、これから盛り上がるであろう出店狙い目のエリアへ行ってみました。
 

銀座九丁目とは

皆様は「銀座九丁目」という言葉を聞いたことがありますか?昭和33年の高度成長期の初め頃「銀座九丁目は水の上」という歌が大ヒットしたそうです。はて、水の上にある住所なのでしょうか。銀座九丁目ってどのあたり…?
 

銀座(ぎんざ)
東京都中央区の西部に位置し、西を千代田区、南を港区に接する。
北側より銀座一丁目から銀座八丁目まで存在する。
引用元:銀座 - Wikipedia

 
…ん?どういうことでしょうか?九丁目がありません。銀座は一丁目から八丁目までしかない。これは夏の風物詩、ホラーな予感。かと思いきや。
 

また、江戸城外堀を埋め立てた東京高速道路の1・2階部分は商店街となっているが、
行政区画が未確定な部分もあり、俗に銀座九丁目・銀座西◎丁目地先などと呼ばれる。
引用元:銀座 - Wikipedia

 
銀座でも新橋でもない区画、そこが「銀座九丁目」と呼ばれているようです!心霊現象ではございませんでした。住所表記上は「新橋一丁目」と「銀座八丁目」とが混在している場所。新橋駅から見て高架までが「新橋一丁目」、高架下から「銀座八丁目」ですが、その境目が九丁目です
 

 
 

まずは新橋駅へ

新橋~銀座を歩き「銀座九丁目」の調査をしていきましょう。スタート地点は新橋から。
 

 
SL広場前の新橋仲通り。週の真ん中水曜日にも関わらず、たくさんの人でにぎわっています。時刻は17時。お仕事真っ最中の方々もいらっしゃいますが、少し早いですが仕事帰りに飲み屋街へ向かう方々の姿も見受けられます。店内には既に飲み始めている人も!
 
f:id:tentsu_media:20180814153409j:plain
 
新橋駅烏森口で有名な烏森神社。そのすぐ脇には、昔ながらの飲食店や赤提灯が軒を連ねています。路地裏の狭い場所にも関わらず、たくさんの看板が掲げられています。人通りも絶えることはありません。新橋はこういう路地ごとに発掘しがいのある飲食店がたくさんあるので、何度も足を運んでしまいますよね。
 
f:id:tentsu_media:20180814122645j:plainf:id:tentsu_media:20180814122845j:plain
烏森神社周辺
 
新橋の中でも激戦区の西口通り。こちらには実力派個人チェーン店や、人気大衆居酒屋が立ち並んでいました。昔懐かしい昭和を感じる外観のお店が目を引きます。
 
f:id:tentsu_media:20180814123500j:plain
 

新橋エリアまとめ

サラリーマンの聖地と呼ばれる新橋エリア。客層や周辺情報についてまとめます。
 
新橋エリア 調査情報
【客層】
 ・50〜60歳の営業マン風なサラリーマン多数。
 ・若年齢層グループも多く、女性は20代の2人組が多く見受けられる。
 
【周辺の飲食店事情】
 ・生ビール1杯280円〜!サラリーマンのお財布にはうれしい価格帯。
 ・午後の早い時間(15時など)から開店している。
  中には「昼飲み11:30開店」なんていうつわものも。
 ・居酒屋激戦区なので、やはり実力派の店舗ぞろい。
  大手チェーン店、というよりは個人チェーン店や大衆居酒屋など、
  昭和感漂う店舗がひしめき合っている。
 
【周辺の賃料情報】
 ・30,000~35,000円 (1階)
 ・25,000~28,000円 (空中階)
 

銀座エリアのご紹介

続いて銀座エリアに突入します。
 

 
銀座エリアは古くから、流行の発信地として栄えてきました。「銀座」と聞くと、誰もが華やかでオシャレな印象を思い浮かべるでしょう。有名テナントが立ち並ぶ商業ビルや高層マンションなど、高級不動産の街です。もちろん賃料相場も銀座ブランド価格。
 
f:id:tentsu_media:20180814114332j:plain
 
飲食店へ向かうのは落ち着いた服装に身を包んだ大人な男性たち。その他にも外国人観光客の姿が目立ちました。年齢層は30代~が多いでしょうか。女性同士で飲食店へ向かう方よりも、カップルや仕事関係で…といった需要が多いようでした。メインストリートである銀座中央通りは、商業ビルが立ち並び、路面店は少ない印象です。
 
f:id:tentsu_media:20180814124712j:plain
 

銀座エリアまとめ

洗練された大人の街である銀座エリア。客層や周辺情報についてまとめます。
 
銀座エリア 調査情報
【客層】
 ・オシャレなたたずまい、品のある服装に身を包んだ男性客が多い。
 ・女性もいるものの、同伴のお姉さんが多い。
 ・若者はデート中だったりと、あまり友人同士で来るエリアではなさそう。
 
【周辺の飲食店事情】
 ・ふらりと立ち寄るようなお店ではなく、予約を取った上で向かうお店、といった印象。
 ・新橋が「和」なら銀座は「洋」。路地にはカジュアルなバルも。
 ・賃料が高い分、戦いを勝ち抜いてきた老舗が立ち並ぶ。
 
【周辺の賃料情報】
 ・45,000~50,000円 (1階)
 ・20,000~24,000円 (空中階)
 
 

いよいよ、今回のメイン 銀座九丁目へ

さぁ。新橋一丁目~銀座八丁目の境目。通称銀座九丁目へやってまいりました。
 
立地としては新橋駅寄りなので、新橋から銀座へ向かう人の流れができています。人の中には出勤途中のお姉さんも。ということは、帰りもここを通る可能性が高いですね!朝方まで開いている店舗、なんてのも需要があるんじゃないでしょうか。
 
f:id:tentsu_media:20180814125818j:plain
 
大手チェーン店舗があるので、自然とお客さんが集まって来る模様。行列ができている店もあるため、待ちくたびれたお客さんを拾えるチャンスもありそうですね。
 
f:id:tentsu_media:20180814125835j:plainf:id:tentsu_media:20180814131416j:plain
 
こちらは銀座九丁目にある飲食店舗の様子です。2枚の写真を見比べてみてください。左はオシャレなテラス席といった雰囲気で、右は大衆居酒屋といったところ。印象は正反対ですが、実は同じ並びにあるんですね。
 
新橋でもなく銀座でもなく、お互いのブランドの良いところが混ざり合った場所。このようにジャンルを問わず、にぎわっているところも銀座九丁目の魅力のひとつかもしれませんね。
 

銀座九丁目エリアまとめ

それではまとめてみましょう。
 
銀座九丁目エリア 調査情報
【客層】
 ・前半で説明した新橋と銀座のちょうど中間の客層。
  脂の乗ったサラリーマンたちもいれば、オシャレな洋服に身を包んだ若者たちも。
 ・新橋から銀座へと出勤途中のお姉さんたちの通過点。
  ということは、帰りもここを通る可能性大!
 
【周辺の飲食店事情】
 ・新橋と銀座の間というだけあって、赤提灯もあり、ワインもあり。
  まずはここで乾杯して、おじさんたちは新橋へ、若者は銀座へ、
  なんてことも想像できる。
 ・「恵比寿横丁」の姉妹店「新橋ガード下横丁」のような大型店舗も。
 ・季節柄か、テラス席もあり。
  かといってワイワイ騒ぐというより、大人の社交場のような。
 
【周辺の賃料情報】
 ・25,000~30,000円 (1階)
 ・20,000~24,000円 (空中階)
 
「今夜、銀座で飲まない?」なんて洒落たトークもしてみたいのが人間心理。やはりそこは「銀座」というブランド力。今が狙い目「銀座九丁目」。ぜひ一度おとずれてみてください。
 
 
 

ワキワキ

 
f:id:tentsu_media:20180814125818j:plain