どこに何を提出すればいいの?飲食店開業における『消防法』と『保健所』の届出

飲食店の消防法とは。飲食店の開業にはさまざまな届け出が必要です。消防庁・消防署と保健所に出す書類と注意事項、ダウンロードURLと合わせて紹介します。 工事・使用開始前に届ける防火対象物使用開始届出書 、消防用設備設置届出書 、消防計画 、さらに開業前に届ける営業許可書 、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書など、いつ・どこに・何を届け出れば良いのかわかりやすく説明いたします。

こんにちは、仮面ライター1号です。2号はまだいません。だれかいないでしょうか?
さて・・・気を取り直して・・・。今回は設備や工事に関することではなく、出店に必要な届け出の話をします。
 
f:id:tentsu_media:20170905114000j:plain
 
一概に届け出といっても、工事前に行うもの、開業前に行うものなどがあり、届け出を行わないと罰則があるケースもあります。今回は消防庁と保健所に提出するものにしぼり、必要な書類や注意事項についてご紹介します。開業時に抜け漏れのないように、ご確認いただければと思います。

消防編

【防火対象物使用開始届出書】

店舗等の開業や入居の際、建物またはその部分を使用する場合、使用開始日の7日前までに防火対象物使用開始届出書の提出が必要です。 また、店舗等の修繕、模様替え、間仕切り変更等の行為をする場合は、着手する日の7日前までに【防火対象物工事等計画届出書】の届け出が必要です。
 
簡単に言うと、どこの誰が入居して、どの様な工事をして、どの様なお店をするか、消防法で定められた必要な消防用設備等が設置されているかなど、防火上支障がないかを確認するための手続きです。
 

【必要な書類】
・防火対象物概要
・案内図
・平面図
・断面図
・展開図
・立面図
・仕上げ表
・火気設備の機器リストと仕様書
・消防用設備等の設計図書(消火器具、避難器具等の配置図を含む)
・その他

 
上記の書類の正副2部を消防署へ提出します。さらに、工事の内容によっては消防用設備等着工届、消防用設備等設置届が必要です。
 

【消防用設備設置届出】

f:id:tentsu_media:20170905114041j:plain
消防設備を設置した場合は、消防設備設置届出が必要です。
設置届を上所轄消防署へ提出し、消防検査の日程を決めます。決定した日時に所轄消防署の消防検査を実施し検査完了後、問題なければ検査済証の交付をもって設置の完了です。
 

東京消防庁HP 防火対象物使用開始届出書DL
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/drs/ss_mokuteki02.html

 
いずれも、事前に管轄している消防署に事前確認、協議を行えばスムーズに進みます。
 

【防火管理者の専任】

防火上必要な業務を適切に遂行でき、従業員を管理・監督・統括できる地位にある者を専任します。防火管理者は甲、乙とあり消防署が開催する資格講習の受講を受け、効果測定試験での合格することが求められます。
 

東京消防庁HP 防火管理者届出DL
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/drs/ss_mokuteki10.html

 

【消防計画】

防火管理者の選任義務のある対象物の管理権限者は、防火管理者を選任後に消防計画を作成し、所轄消防署長に提出することが必要です。簡単に言うと、防火管理者は消防計画を作成し、消防署に届け出る手続きです。
 
また、規模が大きい施設等になると、防火・防災管理協議会や自衛消防組織等の設置が必要になる場合があります。平常時は避難訓練や教育等、有事の際には避難誘導、通報、消火等を効果的に実行に移せるように組織を設置します。
 

東京消防庁HP 消防計画DL
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/drs/ss_jirei.html

 

物件によっては、消防設備点検(総合点検1回/年・機器点検6ヶ月/1回)、防火対象物点検(1回/年)等、オープンしてから行う点検もありますのでご注意ください。
 

保健所編

【営業許可書】

料理を作ってお客様に提供をするお店では、営業許可書が必須です。営業許可書がなければ営業できない。読んで字のごとく、営業の許可をもらうものです。
 

【注意すること】
・お湯と水が分かれている2槽シンクがある。(お湯は60度程度のお湯がでる)
・厨房、トイレにそれぞれに手洗いがあり、詰め替えができる消毒器(手洗い洗剤)が固定されている※サイズ規定あり
・厨房と客席の区分が扉、壁等で仕切りされている
・棚に扉が付いている
・厨房、トイレなどの窓に害虫が入らないように網等が設置している
・冷蔵庫に温度計が付いている
・専任の食品衛生責任者が1人必要

 
※食品衛生責任者になるためには調理師免許など資格が必要ですが、食品衛生協会の開催する講習(1日)を受講し、衛生講習修了者として認められれば解決します。
 
立ち会い検査時はシンクの大きさが足りないから変更を指摘されることもあれば、消毒装置を固定必須や両面テープでよい場合もあります。重要なのは、やはり事前相談を行うことです。
 

【必要な書類】
・営業許可申請書
・営業設備の大要・配置図(PDF)(2通)
・登記事項証明書(法人の場合のみ)
・食品衛生責任者の資格を証明するもの(食品衛生責任者手帳等)
・水質検査成績書(貯水槽使用水、井戸水使用の場合のみ)

 

その他

【深夜酒類提供飲食店営業開始届出書】

 
深夜0時以降にもお酒を提供する場合には、管轄の警察署に届出をしなければいけません。この届出の認知度は比較的低いものではありますが、届出を怠れば50万円以下の罰金が科せられます。
 
しかし、お酒を提供すればすべてが酒類提供飲食店となるのではなく、ご飯物,麺類等の主食提供が主とされる飲食店はこれには該当しません。
 

警視庁HP 深夜酒類提供飲食店営業開始届出書DL
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/fuzoku/style/style3.html

まとめ

f:id:tentsu_media:20190628171816j:plain

■工事・使用開始前に届けるもの
・防火対象物使用開始届出書
・消防用設備設置届出書
・消防計画
■開業前に届けるもの
・営業許可書
・深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

 
この様に飲食店を開業するには各種届出が必要です。この他にも、用途地域の確認や物件の用途の確認など何かと大変ではありますが、この辺は次回に話したいと思います。少しでも出店する皆様のお力になれればと思います。
  
慣れない出店業務において、これらの手続きを行うとどうしても抜け漏れが生じやすくなります。飲食店を開業される際は、消防署に提出しなければいけない書類について、今一度確認をしましょう。
 

 

仮面ライター1号

こんな記事も読まれています

この記事をご覧になられた方々に、こんな記事も読まれています。 まだお読みでない方は、是非お読みください。 www.tenpo.biz

www.tenpo.biz

 

f:id:tentsu_media:20170905114000j:plain