孤独の「ゆうじのグルメ」第二話 マルゲリータ ~中野編~

中野は色んなお店がある。南口周辺を散策してみよう。中野サンモール商店街。 ゆっくり進むと。味のある看板・・・。『石釜バル 松五郎』 ビールは店長イチオシの「PUNK IPA」、 自慢の石窯で焼く絶品「マルゲリータ」。 料理だけではなく、内装の細部にまでこだわりが詰まった店。

今日は中野に来た。時間は18:32分。この後は仕事も無いし、ここらで晩御飯を食べよう。外出の楽しみと言ったら、こうして色んな土地で食事が楽しめるということ。さて今日はどんなお店に出会えるかな。


f:id:tentsu_media:20160513143427j:plain

うーん、それにしても中野は色んなお店があるな。時間もまだあるし、南口周辺を散策してみよう。「中野サンモール商店街」うん?なんだかこの道が臭うぞ?


ゆっくり周りを見ながら道を進むと。おっ。味のある看板だな・・・
f:id:tentsu_media:20160513150753j:plain


立ち飲みか。ふらっと立ち寄るには丁度いい。良し、今日はここにしよう。

石釜バル 松五郎

f:id:tentsu_media:20160513151954j:plain

前のテナントは、たい焼き屋さんだったというお店。いまやその面影も無いほどお洒落になった店内。普段お洒落なお店にはなかなか行く機会が無いが、中野という街が私の背中を後押ししてくれた。

f:id:tentsu_media:20160513152458j:plain


最初はビール。店長イチオシのインディア・ペールエールの「PUNK IPA」最初に襲ってくるのはガツン強い『苦味』そして、すぐに『甘み』が来る。すごく香り豊かなビール。私もすぐにIPAの虜に・・・。

f:id:tentsu_media:20160520094345p:plainf:id:tentsu_media:20160517151428j:plain


香りの良いドリンクは、このように口が広いグラスで飲むと香りが伝わりやすいんだよなー。関心関心。と独り言。お店のこだわりがこんなところから伺える。その証拠に普通の生ビールとはグラスが違う。

f:id:tentsu_media:20160517151752j:plain

自慢の石窯で焼く、絶品「マルゲリータ」

「さて、食事も注文しようかな。」
「何にしますか?」
「ここのオススメメニューって何ですか?」
「それは何と言っても、この石釜で焼くピッツアですよ。」
「中でもオススメは、マルゲリータです。」

「では、それと。あと生ハムと、ブロッコリーと魚介のアヒージョをください」
「かしこまりました、1人でキッチンなのでお時間いただきますね。」


f:id:tentsu_media:20160517152408j:plain

生地から伸ばして作る本格派のピッツアを提供。とても立ちで6人程度のお店とは思えない、これをこれから石窯で焼くかと思うと、期待が膨らむ。うーん、楽しみ。キチンと温度を測り、暖められた石窯の中へ・・・


いざ、突入!!



f:id:tentsu_media:20160517152722j:plain


ジリジリ・・・
(既に美味しそうな匂いが、このお店中に充満。)


f:id:tentsu_media:20160517153956p:plain

出来上がったマルゲリータは、想像するような宅配ピッツアのまん丸な形とは違います。シンプルなピッツアだからこそ、「そのお店のマルゲリータを食べれば、そのお店のレベルが分かる」と言われるほど。


さて、ピッツァの美味しさの寿命が短いのはご存知ですか。焼きたてのピッツアが運ばれていたら、脇目も振らずに食べるのが常識。こんな講釈はさっさとやめて、アッツアツのうちに実食!


f:id:tentsu_media:20160517154502j:plain


って、熱っっっっっ!!


f:id:tentsu_media:20160517154535j:plain


うまああぁー。チーズが伸びるー!!!


焼きたてのピッツアは、それはみなさんお察しの通りとても“熱い”です。もう火傷覚悟で食べてください。
※良い子はマネしないでね。大人は気をつけながら食べてね。


外はカリッ、中はモチモチのこの食感。ワインとも良く合います。f:id:tentsu_media:20160517160904j:plain

内装、外装ともにオーナーの手作りというこだわりっぷり

あ、高いところから失礼します。実はここ、元は以前は倉庫や仕込み場として使われていた、ちょっとしたデットスペース。ちなみに私がいるのは丁度この辺。
f:id:tentsu_media:20160520092651p:plain

カウンター横の階段を上ると、そこにあるのは「DJブース」のあるスペースに。1階は6人程度のスペースだが、2階では立ちで15人は入るのだとか・・・。「音楽×食事×お酒」様々なイベントを不定期で開催しているようです。


ちなみにこの店内、以前のまま使われているのは入り口上部にある梁ぐらいとのこと、それ以外は、配管に看板、カウンターに内装まで、全てオーナーの手作りというから驚き。料理だけではなく、内装の細部にまでお店のこだわりが詰まっています。ちなみに2階に上がるための階段も手作りです。

サクッと1人飲みにも最適

f:id:tentsu_media:20160530111547j:plainf:id:tentsu_media:20160530111619j:plain

「生ハム」「ブロッコリーと魚介のアヒージョ」オススメされたワインにも良く合います。アヒージョには更に楽しみが残っていて、石窯で焼いたアツアツの「フォカッチャ」をオイルに浸して食べるのも絶品。


「帰りがけにサクッと1杯」「飲み会前の景気づけに1杯」など、立ち飲みならではの楽しみ方もできます。店長のエリナさんが、程よいタイミングでお話を振ってくれるので、ついつい居心地が良くなってしまいます。こだわりの詰まった店内は、地元の人に愛される特別な空間でした。

今回取材したお店

 石窯バル 松五郎
住所:東京都中野区中野2-27-13
営業時間:17:00~24:00(金・土は翌3:00まで)
定休日:日曜日
tabelog.com

ゆうじ



f:id:tentsu_media:20160517153956p:plain