原因を知って対策しよう!留学生アルバイト雇い入れの勧め

アルバイトを雇入れる際に飲食店経営者として日本にいる留学生について、知っておいた方がいいこと、考えておいた方がいいこと。 飲食店のアルバイトを確保することが難しくなっています。 これまで、留学生を雇い入れた経験のない方、是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

新年を迎え、そろそろ新年会シーズン。飲食店などに行くことが多くなる時期ですね。お店に入ると必ずと言っていいほど外国人留学生のアルバイトを見かけるようになりました。


近年日本では少子化などがあり、社員やアルバイトの人員確保が出来ないお店が増えています。


それがきっかけで、海外から来ている外国人留学生をアルバイトとして雇入れる飲食店が増えています。


その留学生アルバイトを雇入れる時に飲食店経営者として、知っておいた方がいいことを全三回に亘り、お話ししたいと思います。


まずは日本にいる留学生についてどの位の方が生活しているのかをまとめてみました。

日本にいる留学生の推移

f:id:tentsu_media:20160112144019p:plain
今年度18万4,155人(H26年5月1日時点)が日本に留学しております。

前年度16万8,145人(H25年5月1日時点)なので1万6千人以上が1年で増えているという事になります。ちなみに鹿児島県にある西之表市の人口と、ほぼ同じ人数です。
参考:独立行政法人日本学生支援機構

留学生出身国籍ランキング

f:id:tentsu_media:20160112144036p:plain

留学生増加率ランキング

f:id:tentsu_media:20160112144043p:plain
参考:独立行政法人日本学生支援機構

お気づきかもしれませんが、ベトナム国籍の方が驚異的に増えています。人数にすると1万2,640人がこの1年で日本の地を踏んでいるということです。ちなみに鹿児島県 出水郡 長島町の人口と同じぐらいの人数です。


上記の数字は日本語学校や大学、短大、専門学校などに通う留学生の数なので、生活のためにアルバイトを探している方々が多い、と考えられますね。


深刻な少子化問題

f:id:tentsu_media:20160112144051p:plain
日本の出生人口は年々減少しており。

H22年107万1,304人
H23年105万,806人
H24年103万7,231人
H25年102万9,800人


毎年平均で1万人以上減少しています。


さらにアルバイト勤務が出来る年齢を考えた時
H12年119万,547人(満16歳を迎える年がH28年)
H13年117万662人(満16歳を迎える年がH29年)
H14年115万3,855人(満16歳を迎える年がH30年)
H15年112万3,610人(満16歳を迎える年がH31年)
参考:厚労省「人口動態統計」


となっており、こちらは毎年2万人以上減少しています。なんと毎年出生率は減少しているといいうから驚きです。

まとめ

f:id:tentsu_media:20160112152153j:plain
現時点で将来的に人口の推移を考えた時、人気が高いとは正直言えない飲食店のアルバイトを確保することがこれまで以上に難しくなってくることが容易に想像できると思います。

そこで前述の留学生たちをアルバイトとして確保することが解決策として有効という事になると思います。


これまで、留学生を雇い入れた経験のない方、是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか。


次の記事内にて、留学生の募集方法、受け入れ準備、についてご紹介しますした。是非ご覧ください。
www.tenpo.biz


マイ・サイ・パクチー



f:id:trn_y_ogihara:20170130123909j:plain