集客、諦めていませんか?アイドルタイムはママのゴールデンタイム!

飲食店におけるアイドルタイムの活用方法。掃除をしたり、デスク仕事を片付けたり・・・。しかし、実はそれだけじゃないんです。アンケートを活用して、アイドルタイムにおける集客の方法を考えてみてはいかがでしょうか。そこには世のママ達の悩みが隠されているかもしれません。

f:id:trn_t_kobari:20151120114330p:plain
今年もいよいよあとひと月となりました。クリスマスに忘年会、里帰りしては気の置けない仲間達と再会を祝して一杯と、外食する機会が増える12月は、飲食業界もなにかと忙しい月です。


12月は外食の機会が増えると申し上げましたが、外食の機会が増えるのは、社会人や学生だけでは御座いません。正確に言うならば、外食の機会を増やしたいと思っているのは、社会人や学生だけではないのです。

 
パパやママになったって、出来る事なら外食したいんです!!そこで、心の底では外食したがっているママさん達のネックになっている部分は何なのか、ママさんを集客するにはどうすれば良いのか、そんな謎を解くために・・・

実施しましたアンケート!!!

『港区で働くママさんパパさんに聞いてみた~飲食店をめぐる色々な本音~』
f:id:trn_t_kobari:20151120114342p:plain

Q1 子供がいる時といない時では、お店を選ぶポイントが変わりましたか?
YES・・・ 93.9%
NO・・・   6.1%


この結果は、だいたい想像通りでした。やはり、子供がいるといないとでは、お店を選ぶ際に気にするポイントが変わる人がほとんどのようです。


では、皆さんは何を気にしてお店を選んでいるのでしょうか。


Q2 子供連れで飲食店に行く場合、気にしている事は何ですか?上位5位をご紹介)
f:id:trn_t_kobari:20151130121604p:plain

f:id:tentsu_media:20151202160415p:plain他のお客さんに気を使わなくて良いような作りになっているか・・・ 27.8%

f:id:tentsu_media:20151202163850p:plainきちんと分煙(または完璧禁煙)されているか・・・ 24.1%

f:id:tentsu_media:20151202163900p:plainベビーカーが通れる動線があるか、置けるスペースがあるか・・・ 11.4%

f:id:tentsu_media:20151202163900p:plainお子様メニューがあるか・・・ 11.4%

第5位 座敷席があるか・・・ 8.9%


ママさん達は、自分達より他のお客さんに迷惑をかけないかどうかが一番気にかかるようですね。

最近では、授乳室や、おむつ交換室、キッズスペース等が設置されている店舗もあり、昔と比べるとママさんをターゲットにしているお店が増えているようです。


どんなお店があるのか興味を持たれた方は、是非下記サイトに足をのばしてみて下さい。もしかしたら、あなたのお宅の近くにも素敵なお店があるかもしれません。
お子様連れファミリーのためのレストラン検索サイト - ぐるなび


勿論、そんなスペースを増設するとなると費用もかかりますし、大変です。


要は、他のお客さんとある程度の距離が保たれていれば良いのです。座席に案内する際に、ほんの少しだけ配置への心配りが出来れば良いのです。

ここで意外な調査結果が!

 
f:id:trn_t_kobari:20151120114355p:plain
飲食店での“分煙(禁煙)”を気にする方の内、57.9%の方が実は、喫煙者だったという事です。子供のためならば、自分の嗜好品も我慢するという、親の愛が垣間見られますね。


Q3 ママ友とのお喋りタイムに頼むものは何ですか?上位3位をご紹介)
f:id:trn_t_kobari:20151130121708p:plain

f:id:tentsu_media:20151202160415p:plain飲み物オンリー・・・ 66.7%

f:id:tentsu_media:20151202163850p:plain料理メニューから選んでしっかり食事・・・ 13%

f:id:tentsu_media:20151202163850p:plainアイドルタイムの定番ケーキセット・・・ 13%

メインは飲食ではなく、お喋りといったところでしょうか。飲み物だけならば、客単価500円にも満たないのではと思いきや、そんな事でもないようです。


Q4 お喋りタイムに使うお金はだいたいいくら位ですか?上位3位をご紹介)
f:id:trn_t_kobari:20151130121928p:plain

f:id:tentsu_media:20151202160415p:plain1,000円以下・・・ 43.3%

f:id:tentsu_media:20151202163850p:plain1,000円~2,000円・・・ 23.3%

f:id:tentsu_media:20151202163900p:plain500円以下・・・ 16.7%

一番多い回答は、1,000円という結果でしたが、いかがでしょうか?安いと思われますか?高いと思われますか?でも、考えてみて下さい。


お喋りタイムのママさん達は、食事はせずに飲み物だけを注文し、あとはお喋りに夢中。座席の位置に気をつけて案内し、注文の品を提供したあとは、勝手に楽しい時を過ごしてくれるのです。


見方を変えて考えてみると、料理を作る手間もかかっていないこの状況は、飲食店にとっても都合が良いのではないでしょうか。


夜の料理メニューの仕込みや、事務処理業務、交代で休憩を回したりする余裕もありますし、お店を閉めているよりかは売り上げもあがります。


個室の有無や座席の配置にもよりますが、あなたのお店に個室や、それなりの空間があるのであれば、是非来年はアイドルタイムのママを狙った戦略を練ってみてはいかがでしょう?

まとめ

子供はいずれ大人になります。もしかしたら、未来の常連客を獲得するきっかけになるかもしれません。

12月は師も走る程に忙しいから“師走”、と言われるようになった説があるほど、目まぐるしく時が過ぎていく月でもあります。


ですが、そんな時こそちょっと肩の力を抜いて、今年一年を振り返りながら、新しいアイドルタイムの利用の仕方について考えてみるのも良いのではないでしょうか。


そして、新たな年を迎えると同時に、新たな戦略をスタートさせてみるのも面白いかもしれません。
 
 

この記事を読んでいる人におすすめの記事はこちら

 
www.tenpo.biz
 
 

Ms.小わっぱ



f:id:trn_t_kobari:20151120114330p:plain