Instagram(インスタグラム)の飲食店向け機能「料理を注文」「ギフトカード」とは?設定と活用方法

インスタグラムの飲食店向け新機能「料理を注文」と「ギフトカード」の設定方、活用方法とは。Instagramのビジネスアカウントの設定、プロフィールの設定、ストーリーズへの投稿方法、シェア機能、「お店を応援」スタンプの活用方法などを詳しく紹介します。パ-トナー企業と連携すれば無料で利用できるインスタグラムの新機能をまとめます。

SNS ぴのこ 業界トレンド 集客 飲食店お役立ち記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店への支援として、各社さまざまな取り組みを行っています。
そんな中、Instagram(インスタグラム)が「料理を注文」機能をリリースしました。4月中旬よりアメリカとカナダで先行導入されていましたが、日本でも4月27日から導入され、これによりインスタグラムから料理の注文ができるようになりました。設定も簡単にできるので、ぜひ集客に利用しましょう。

今回は、この新機能についての具体的な内容や設定方法、活用方法をご紹介します。

インスタグラムから料理の注文が可能に。気になる新機能とは?

「料理の注文」機能は、【プロフィールに設置】もしくは【ストーリーズにて投稿】が可能で、「料理を注文」を押すとインスタグラムと提携可能なツールの注文ページへ移動するようになっています。ユーザーはインスタグラムの写真を見て、そのまま注文まで終えられるため、よりテイクアウトやデリバリーがスムーズになります。

f:id:tentsu_media:20200701185238p:plain

この機能は、
・ビジネスアカウント(またはクリエイターアカウント)を利用(無料)
・パートナー企業を利用しており、連携の設定済

の2つの条件が揃えば無料で利用が可能です。*設定方法はこちらから

「料理を注文」機能と連携できるツールは現在、下記の14社です。
■「料理を注文」が現在利用できるパートナー企業(ツール)
Uber Eats / TableCheck / 出前館 / Picks / ヒトサラ
EPARKテイクアウト / O:der ToGo / Okage Go / トレタ テイクアウト
Chompy / Diny to-go / PayPayピックアップ / menu / Retty
 

ギフトカードの機能も連携可能に

「料理を注文」機能に続き、「ギフトカード」機能も5月12日から日本で開始されました。ギフトカード機能は現在6社と提携しており、前売り食事券の販売やクーポンの販売などに使えます。こちらも同様にプロフィールやストーリーズの投稿で利用することが可能です。

f:id:tentsu_media:20200702122558p:plain
■ギフトカード機能が現在利用できるパートナー企業(ツール)
TableCheck / キッチハイク / Square / giftee / さきめし / みらいの食券
 

「料理を注文」「ギフトカード」の設定方法

「料理を注文」「ギフトカード」の機能を利用するには、ビジネスアカウントに切り替え、プロフィールの設定を変更する必要があります。
プロフィールに設置できるのは、「料理を注文」「ギフトカード」どちらかの機能のみとなります。ストーリーズのスタンプにはどちらも使用できますが、「料理を注文」「ギフトカード」においてそれぞれひとつのツールのみ提携が可能です。
例)テイクアウトに「menu」、デリバリーに「出前館」、ギフトカードに「giftee」を利用している場合
*プロフィールには、3つのうちいずれかを設定可能
*ストーリーズのスタンプには、「料理を注文」にmenuかUber Eats、「ギフトカード」にgifteeを設定可能
 
連携ツールは随時変更できますが、ユーザーが混乱する可能性もあるので、「料理を注文」「ギフトカード」それぞれの機能につきひとつのツールにしぼるのがよいでしょう。ここからは、各設定の手順をご説明します。

ビジネスアカウントの設定