経営論

飲食店経営の効率化を進める人時生産性とは?計算式や向上させる方法、人時売上高との違い

「人時生産性」とは、生産性を測る指標のことで、従業員1人当たりが1時間で上げた粗利金額をいいます。人時生産性は、【粗利÷総労働時間】という計算式で算出でき、店舗の利益状況やオペレーションの効率性を測ることができるます。「人時売上高」「労働生産性」との違い、人時売上高を向上させる方法もご紹介します。

【飲食店の経営改善】業績不振を立て直す!経営改善コンサルタントの基本4項目

飲食店の経営を改善するには。繁盛店と不振店の違いは何か。飲食店の経営を立て直す飲食店コンサルティングのサービス内容と、コンサルティング会社の選び方をお伝えします。すぐに実践できる飲食店経営改善の基本の4項目、店舗経営の改善方法、飲食店の経営ノウハウが詰まった資料ダウンロード特典付き「お店の健康診断」もご紹介します。

電子契約が救う!飲食店の無断キャンセルと、雇用契約・請負契約のコスト削減とは

電子契約とは、どんなリスクがあるのか。運用が増加している「電子契約」について調査しました。 印紙が不要になり、紙代、印刷代、郵送代、保管場所も不要、契約書の作成にかかる時間、検索にかかる時間も削減できるという電子契約のデメリットとは。クラウド型電子契約サービス「クラウドスタンプ」を提供する株式会社アクセルの高岡部長にお得な情報も教えていただきました。

【企業特集】ビアンカグループ代表に聞く、美容業界での躍進と社員への思いとは

店通インタビュー企画『企業特集』。今回は、ビアンカグループ代表の稲垣恵美氏に、美容サロンを28店舗、飲食店1店舗を展開する経営ノウハウ、独立開業から店舗展開、そして美容業界特有の問題、働き続けられる環境づくりと評価制度、人材育成と女性の働き方について、うかがってまいりました。

外食体験を通して、近年の外食需要について考えてみる。

子供が小さく、夫婦そろって働いている家庭では、ある意味必然の“外食”。週の半分以上を外食で済ませている我が家の外食体験から、一日たりとも欠かさない「食」の大事さ、怖さ、子供の外食、「食べ放題」や、飲食店の人手不足など、チャンスもピンチも混在している最近の外食事情について考えます。

中期経営計画の立て方 『3年後の自分』をイメージできますか・・・?

私は20年以上先をイメージすることで『中期経営計画』が、『中長期視点』のビジョンと連動し、手応えを感じることができるようになりました。 すごいスピードで成長している人やチームや会社とそうでない人との違いとは? 「もしかして数年前から大して成長していないのでは?」 そうなる前に、やっておかないと痛い目をみる「中長期計画」についてお伝えします。

【企業特集】BLDホールディングス 創業2年半で11店舗を出店 躍進する24歳 房園代表の経営マインドとは

2年半で八重洲・日本橋エリアを中心に11店舗の飲食店を出店した飲食企業BLDホールディングス。創業者でもある房園大輝社長は24歳という若さ。 2022年の株式公開を目指し、積極的な飲食店事業の店舗展開を行おうとしている。房園氏の起業のきっかけと経営マインド、そしてこれからの展開について、インタビューします。

超個性派オーナーのレンタルオフィス経営術を徹底解剖

レンタルオフィスと貸事務所は契約形態が大きく異なります。貸事務所では賃貸借契約を結びますが、敷金や礼金がかからないサービス利用・施設利用の契約が多いのがレンタルオフィス。 水光熱などの諸経費や初期費用はどうなるのか。 設備を最低限にすることで経費を抑え、貸せる事業の幅も広がる、そしてひとつのオフィスを複数のテナントを貸せるという時間貸し契約のレンタルオフィス経営術を紹介します!

【清澄白河】立地にとらわれることのないお店「ヒキダシ」カギは顧客満足度

“一般的に良いとは言えない立地で、客足が途絶えることのない人気店”があります。 清澄白河の住宅立地にお店をかまえる「ヒキダシ」というレストラン。 閉店を検討していたお店を再開し、現在は多くのお客様の来店を獲得している「ヒキダシ」の、向井康さんにお話を聞いてきました。

為せば成る 日本一貧乏な米沢藩を立て直した上杉鷹山に学ぶ経営再建術

米沢藩を財政破綻寸前から再建した上杉鷹山(うえすぎようざん)とは。今なお経営のカリスマとして尊敬される上杉鷹山の逸話と名言、ドラマと経営学、行った改革と経営再建術、常識破りの政策、上杉謙信から続く名門上杉家9代藩主であり、ジョン・F・ケネディが最も尊敬する政治家とした上杉鷹山の「なせばなる」を紹介します。

今、大人気の“がブリチキン。”は、なぜこんなにも流行っているのか?

骨付き鶏とからあげ、漬け込みハイボールが名物の「がブリチキン。」 がブリチキンのからあげは、日本唐揚げ協会が主催する「からあげグランプリ」で中日本しょうゆダレ部門・6年連続金賞受賞。 関東で店舗を展開するFCオーナー那須さんに、人気の秘密を取材してきちゃいました!!

「からあげグランプリ」2年連続金賞受賞!下総中山「鶏男」の成功の秘訣はマーケット調査

本日は「からあげグランプリ」2年連続金賞受賞している下総中山「鶏男」に来ました。 2013年12月にお店をオープン、2015年に金賞受賞し、1号店OPENから半年後には2号店をオープン。 鶏男の成功要因は?なぜこの立地での開業をしたのか。その商品に対する思いも併せて伺ってまいります。

モノ消費から、コト消費に。飲食店経営者が海外旅行に行く理由

いまでこそ街を歩けばどこでも他国の料理が食べられますね。 昨年流行したパクチーをはじめとし、いままで馴染みのなかった食材を専門とした飲食店など、食生活と料理そのものに著しい多様化の波が見られます。 実際に海外の文化や食事に触れ、サービスに一工夫してみてはいかがでしょうか。

DDTプロレス突撃体験取材!!プロレス×飲食を実現するワケに迫る

「飲食店を運営するレスラーが多いワケ」 エンターテインメントと深く関わりのあるプロレスラー、引退の後に飲食店を開業する方も多い。 プロレスと飲食業はビジネスとして共通する何かがあるのではないか。 それを調べるため、DDTの現役選手が教えてくれる『プロレス体験』に行きました。

「コメダ珈琲」はなぜ人気なのか?喫茶店の本質「貸し席屋」とは

なぜ名古屋には喫茶店が多く、消費も多いのか? 激戦区であるからこそ独自のサービスが生まれ、名古屋、あるいは愛知県特有の文化として認知されたのだと思います。 店舗数国内第3位のコーヒーチェーンの地域密着型出店の勝算は? 名古屋の喫茶店の魅力を、名古屋市出身者がご紹介します。

パクチーブームはまだまだ続く!話題のお店「シラントロ代々木上原店」に潜入!成功の秘訣とは?

メディアで人気のパクチーバル『シラントロ』に、パクチストではないパクチー初心者がお邪魔し、パクチーブームの実情を伺いました。 スペインとメキシコ料理がベースの大人の隠れ家酒場。 パクチー食べ放題の土日限定ランチビュッフェは適当に盛り付けてもSNSでシェアしたくなる料理!

【孤独“ゆうじ”のインタビュー】起業して初めてわかった飲食店経営の『苦悩』と『やりがい』

インタビューに訪れたのは『ピッツァ&ワイン ESOLA(エソラ)仙川』。 元店舗流通ネットの「トップ営業マン」木瀬雄也氏が独立し、2016年4月5日にオープンした。 10年間にわたり飲食店の出店サポートを携わってきた木瀬氏が、一大決心をして起業。 起業から苦悩、そしてこれからに迫る。

【都心のビアガーデン事情】六本木で手ぶらバーベキューを実現した、ルーフトップラウンジの経営術

飲食業界では企画合戦の真っ只中。夏の業界を語るに欠かせないのは「ビアガーデン」。今年も盛り上がりを見せています。 そんな中、六本木で「手ぶらでバーベキュー」ができるビアガーデン、株式会社ゼットンの「ROOFTOP LOUNGE(ルーフトップラウンジ)」に、お話をお伺いしました。

「ペッパーフードサービス」から学ぶ立ち食い店の実態

流行の立ち食い店の中でも話題のペッパーフードサービス。2015年度の外食上場企業・売上高伸び率ランキングでは、堂々の一位。立ち食いブームの火付け役は、「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」の、俺の株式会社。“立ち食い業態”の成功を皮切りに、立食形式の飲食店が増えています。

視認性ゼロ!?ピンチをチャンスに変えたオムライス専門店とは【神田たまごけん:後編】

前編では、店舗の紹介をいたしました。後編では、悪条件の立地の中、ピンチをチャンスに変えた「神田たまごけん」流の経営哲学を横山店長に語っていただきます。なぜこの立地?秋葉原の特性|どんな集客法が?行列店の秘密|商品開発|フランチャイズ加盟店募集・説明会情報