飲食店の新しい採用方法とは?人材マッチングサイトで求人の費用削減を

飲食店での人材マッチングサイトとは、飲食店で働きたいと思っている人と、人材不足で困っている店舗を結びつけるサイトのこと。人材マッチングサイトのメリット・デメリット、デメリットの対策や、人材マッチングサイトからのアルバイトを直接雇用して人件費を削減する利用方法をご紹介します。

店舗運営 店通編集部 経営ノウハウ 雇用・人材 飲食店お役立ち記事
日本では、若者や中堅社員に該当する44歳以下の労働人口が減少していることから、飲食業界でも人材確保が難しくなってきています。また、学生アルバイトは期間限定で働く場合も多いため定着率も低く、慢性的な人材不足に悩む店舗も少なくないでしょう。

そんな中、追い打ちをかけるのが急な欠員問題です。アルバイトが急に体調不良や諸事情で休めば、穴を埋める人材の確保に急がなくてはなりません。しかし、安易に非番となっているスタッフに出勤を頼むのは、従業員の不満へつながり退職となる恐れもあるため多用はできません。

そこで本記事では、このような飲食業界の人材問題を解消する手段として、雇いたい店舗と働きたいスタッフをつなぐ「人材マッチングサイト」についてご紹介します。

人材マッチングサイトとは?

飲食店における人材マッチングサイトとは、飲食店で働きたいと思っている人と、人材が不足して困っている店舗を結びつけるサイトのことです。人材マッチングサイトの使いやすい点は、この雇いたい側と働きたい側のニーズが上手くマッチングしていることにあります。

人材マッチングサイトを活用するメリットは、急な人材不足に対応できるのと、上手くいけば働いてくれたスタッフを長期スタッフとして直接雇用するきっかけになることです。

どんな人が来るかわからないという不安が生じたり、短時間で業務を教える時間がないなどデメリットに感じる部分もありますが、人件費の削減に貢献できる可能性があります。

それでは次に、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

人材マッチングサイトのメリット

急な人手不足の時でも、時間帯とタイミングさえあえばすぐに人材を補充できるのが人材マッチングサイトの魅力です。それでは、メリットをみていきましょう。

当日でも人員の補填が可能に

使用するサービスの規模やエリアにもよりますが、前日や当日に募集をかけても働き手を見つけられる可能性があるため、「今日どうしても人手が足りない」といった際にも活用できます。
また、求人掲載は無料で、募集人数や支払い給与に応じた成果報酬を受け取るという形態のサービスが多いのも特徴で、コスト面も安心して利用できます。

繁忙期など、スポットだけでなく期間で活用できる

急な人材補充が必要な日だけスポットで採用するのではなく、繁忙期のような一時的なピークを迎える時期を見越して、ある程度長期で活用することもできます。飲食店が繁忙期シーズンを迎える時は稼ぎ時だと考えているアルバイト希望者も少なくありません。

また、このように長期で活用する場合は、働き手に「アルバイトのリピーター」となってもらうことができれば、さらに業務が回しやすい環境をつくることができます。店舗と常駐スタッフにて働きやすい環境をつくることも大切になってきますが、繁忙期にリピートの働き手に入ってもらうことで、スムーズな店舗運営が可能となるでしょう。

引き抜きで直接雇用することも可能

人材の単発的な補充にとどまらず、良い人材がいればそのまま引き抜いて直接雇用することができるサービスが多いのも、大きなメリットのひとつです。
実際に働いてもらうことで、店舗も働き手もお互いの相性や働きやすさをみることができ、長期での採用につなげることができれば、求人掲載のコストカットにもなります。

定期的に人材マッチングサイトを使い続けるのは、覚える業務が多い店舗では少々難しいことかもしれませんが、採用活動として効果的な使い方となり得るでしょう。

人材マッチングサイトのデメリットと対策