【子会社とは。親会社とは】本当にあった、親会社と子会社のこわ~い話

親会社と子会社とは?子会社化の定義と、親会社と子会社化のメリットとデメリットは何か、子会社になると何が変わるのか。会社法に基づく親子会社関係の規律、私が体験した企業親子関係のヒヤッとする資産調査トラブルや、上から目線の子会社の話、円満に関係性を解消した事例などを紹介します。

コラム どんぐり 経営ノウハウ 親会社子会社
こんにちは。店舗流通ネット、施設部のどんぐりです。

会社経営には悩みがつきものですが「親会社・子会社の関係」が関わってくると、その悩みは一層深いもの…。一言で親会社と子会社といってもその関係性は企業によってさまざまです。

f:id:tentsu_media:20200206163347j:plain
図のような対立は極端な例ですが、うまく関係性を築いていかないと、何かと穏便にいかないことが多いのも事実。
今回は、実際にあった企業親子関係のちょっとヒヤッとする実話をお伝えします。

親会社とは。子会社とは。

本来、親会社と子会社の関係性とは、親会社が子会社に対して経営指針や事業の方針を決定するなどの支配権を持つ関係性を言います。

子会社の定義

子会社(こがいしゃ、英語:subsidiary)とは、財務及び営業又は事業の方針を決定する機関(株主総会その他)を他の会社(親会社 英語:parent company)によって支配されている会社である。ただし、「親会社」や「子会社」の定義は国により異なり、制定法上の定義の目的についても必ずしも親会社の株主保護や子会社の少数株主・債権者保護という目的で定義づけが図られているわけではない。
wikipedia「子会社」より

【会社法】親子会社関係の規律

会社法における、親会社・子会社関する規定は、次のようになっています。

子会社の計算で行う利益供与の禁止(120条1項)、利益供与罪(970条)
子会社の親会社株式の取得禁止(135条1項)
子会社による親会社の株主総会での議決権行使の禁止(308条)
監査役の子会社取締役等との兼任禁止(335条2項)
親会社の監査役等の子会社調査権(381条3項など)
監査役は、その職務を行うため必要があるときは、監査役設置会社の子会社に対して事業の報告を求め、又はその子会社の業務及び財産の状況の調査をすることができる(381条3項)。
親会社の株主等による子会社に対する会計帳簿等閲覧請求権(433条3項)
会計監査人設置会社の連結計算書類の作成(444条)
wikipedia「子会社 親子会社関係の規律」より

子会社化のメリットとデメリット

子会社化するにはさまざまなメリット・デメリットがあります。
■メリット
・親会社の特定の事業・業務を子会社に移管することで、利益責任が明確にできる
・グループ全体の租税について、免税措置や節税対策ができる場合がある
・リスク分散できる

■デメリット
・事務手続きは煩雑になり、負担がかかる
・税務・法務・労務関係に2倍の事務作業が必要になる
・会計事務所の顧問料や、法人住民税のが2倍になる
 
条件によってさまざまなケースがありますが、本来は親会社・子会社双方にとってメリットがあるからこそ成り立つことがほとんどです。
しかし、親会社子会社の関係性を事前に明確にできなかったことで実際に起こってしまった、こわ?い話をご紹介します。

※ここから話す内容は、私が前職の会社で体験した内容ですので、店通-TENTSU-運営会社の店舗流通ネット株式会社とは、まったく関係ありません。

Case:1 上から目線の勘違い子会社