ジャズ喫茶は私語厳禁?ジャズ喫茶に気になるところを聞いてみた

ジャズ喫茶は気になるけど行きづらい、そもそも話をしちゃいけないのか?そんなイメージを払拭するべく、「初めての方も気楽に入れる」という、千歳烏山のジャズ喫茶『ラグタイム』へ取材に行って、おすすめのジャズ、音楽のこだわり、ジャズの魅力を奥様の純子さんにうかがってきました。

ジャズ喫茶 ラグタイム

こんにちは、ぴのこです。
音楽を愛してやまない私、今回は『ジャズ喫茶』に初挑戦です!
 
ジャズ喫茶(ジャズバー)というと、「誰かと一緒に行っても、しゃべり声が聞こえないんじゃないかな?」とか、「そもそも話をしちゃいけないのかな?」など、敷居の高いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
 
そんなイメージを払拭するべく、今回はネットでも「初めての方も気楽に入れる」とコメントのあった、ジャズ喫茶『ラグタイム』に取材に行ってきました。
 

真相を確かめるべくラグタイムへ

お店は京王線 千歳烏山の南口を出てすぐ、モダンなデザインをした看板が目印。看板横のディープな雰囲気の漂う階段を登り、ドアを抜けると・・・
 
千歳烏山 ラグタイムの看板 写真千歳烏山 ラグタイム 写真
 
静かで優しいジャズの音色とおしゃれな店内が目の前に広がります!
日常を忘れてしまいそうな空間。
 
ジャズ喫茶 ラグタイムの店内の写真
 
ジャズ喫茶 ラグタイムの店内の写真
 
音を奏でるのは、アナログレコードとこだわりのスピーカー『JBL 4343B』。
この大きなスピーカーから、とてもやわらかで温かい音色が流れます。
 
JBL 4343B
 
今の時代、スマートフォンや音楽プレイヤーで音楽を聴く人が多いと思いますが、このレコードとスピーカーの組み合わせには温かみがあり、感動すら覚えます。
スピーカーの大きさと迫力からは考えられないほど優しく、包み込むような音色で、心がふっと和らぐ空間を演出しています。
 
壁にずらっと並ぶレコードの枚数はなんと約3500枚!
50~80年代のジャズの名盤が勢ぞろいです。
 
f:id:tentsu_media:20180710165541j:plain
 
メニューは、「コーヒー」や「カフェオレ」などはもちろんのこと、「ビール」や「サワー」、「カクテル」などアルコールまで。
また「ナポリタン」などのフードメニューから、「えいひれ」や「あさりの佃煮」などおつまみまで、幅広く取りそろえています。
充実したフードメニューも魅力のひとつ。
 
ジャズ喫茶 ラグタイム メニュー
 
ラグタイム コーヒー
 
こちらで人気のメニューだという「砂肝のから揚げ」を注文しました。
砂肝のから揚げといえば、やっぱりお酒飲みたいよね~!・・・ということで。
 
ラグタイム 砂肝 から揚げ
 
ラグタイム トムウェイツ
 
注文したのは『ラグタイム』のオリジナルカクテル『トムウェイツ』。
ミュージシャンの名前から取ったという名前のカクテルで、ジンとグレープフルーツのカクテルです。すっきり爽やかで、暑いこれからの時期にぴったり。
 

いざ取材!

こちらの『ラグタイム』は、マスターの天川 充治氏が1978年にオープンしたお店で、マスター亡き今は奥様の純子さんと息子さんの新一さんの2人で経営しているそうです。
 
f:id:tentsu_media:20180712173107j:plain
※若い頃の天川 充治氏のお写真
 
奥様はもともとラグライムに通う常連さんで、最初はジャズについて全然知らなかったとのこと。
ひと通り音楽を楽しみお店の雰囲気にも慣れてきたところで、奥様の純子さんにお話を伺いました。
 

 
このお店のこだわりや音楽のこだわりとかってありますか?
ジャズ喫茶のように音楽を流すお店では、店主によって曲に偏りが出てしまうため、偏りが出ないようにしています
 
ジャズ喫茶って、おしゃべりとかできないので入りづらいイメージがありますが・・・
こういった場所は私語厳禁といったイメージがありますが、うちはみんなワイワイとお話ししていています。ひとりでゆったりと時間を過ごすお客さんも多いので、ジャズに詳しくなくても、気兼ねなく遊びにきてほしいですね
 
最後に、ジャズの魅力とは?
誰でも聴きやすく、ずっと聴いていても疲れないところですね

それでもやっぱりジャズ喫茶は気になるけど行きづらいなあ・・・

という皆様。安心してください!
奥様と息子さんから、おすすめのジャズを聞いてきました。
 

初心者におすすめのジャズ

☆「ジョン・コルトレーン/Ballads」

☆「ビル・エヴァンス/Waltz for Debby」

☆「ソニー・ロリンズ/SAXOPHONE COLOSSUS」

初心者にも聴きやすいジャズを・・・!ということでセレクトしてもらいました。
 
『ラグタイム』の空間にすっかり酔いしれた私、おすすめしてもらったジャズをさっそく聴いてみています。皆様も、ぜひ一度聴いてみてはどうでしょうか!
  
f:id:tentsu_media:20180710171736j:plain
 

本当にあった!気軽に行けるジャズ喫茶

マスターの作り上げたお店は、40年を経た今でも多くの常連さんに愛されている。私たちが訪れた日も、お客さんが思い思いに自分の時間を楽しんでいる印象でした。
 
ジャズの初心者にも優しく、気軽な気持ちで行けるジャズ喫茶『ラグタイム』。
お店は二部制で営業しており、15:00 ~ 18:00は奥様が、18:00 ~ 翌日2:00は息子さんが基本的に営業しています。
 
優しいジャズを聴きながら、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか!
 

お店情報

f:id:tentsu_media:20180710171736j:plain
 
【ラグタイム】
東京都世田谷区南烏山5-17-13
営業時間 15:00 ~ 翌日2:00
休業日  年末年始
電話番号 03-3309-1460
 

 
ragtime1978.wixsite.com

ぴのこ

千歳烏山 ラグタイム