ロケーションファーストのすすめ!?立地からコンセプトを考えるワケとは

開業率と共に、廃業率の多い飲食業界では、店舗物件の情報も常に飛び交います。 居抜きの文化が浸透した現在では、前テナントの施設状況を視野にいれながら物件の取得に臨むことが多くなり、条件に見合う物件を探すのは至難の業。 そこでロケーションからコンセプトを決めていく方法を提唱します。

こんにちは、店通編集部です。
 
開業計画に重要なコンセプト設計。いくつかの方法論があるなか、当社がお付き合いしている経営者の方々にお伝えしているのが、立地を基準にコンセプトを設計することです。
 
本来であれば、コンセプトを設計した後に、それに見合う物件を探すのがこれまでの飲食店の常のように思えます。では、なぜこのようにお伝えしているのでしょうか。
 

地域に“こだわる”経営層は意外と多い

 
さて、常日頃店舗物件を探している方々とお会いして、よく耳にするのはこのような会話です。
 
「渋谷駅周辺“のみ”探している」
「銀座の物件が出たら連絡して」

 
もちろんこれにも理由があります。それは、既に業態やコンセプトが明確になっており、その地域と親和性が高いことを知っているときです。しかし、我々は「渋谷で探しているのであれば、〇〇のエリアもどうですか?」と付け加えます。そうやって選択肢を増やすお手伝いをしています。
 
開業率と共に、廃業率の多い飲食業界では、店舗物件の情報も常に飛び交います。居抜きの文化が浸透した現在では、前テナントの施設状況を視野にいれながら物件の取得に臨むことが多くなりました。すると、条件に見合う物件を探すのは至難の業です。
 
そこで私たちが提唱しているのが、物件の「立地」を始めとしたコンセプト作りです。もちろん、コンセプトに沿った店舗開業もいいかもしれません。しかし、いい物件は待ってくれません。物件を押さえると同時に、コンセプト設計を行うことが事業成功のキーポイントです。

f:id:tentsu_media:20180306114214j:plain

見合う立地を探し続けることがスピードの欠如に

 
実際にあった事例をひとつ紹介します。
 
その方は、飲食店の開業を決意した際、しっかりとしたコンセプトを設計しました。その際、このお店を成功させるには“渋谷しかない”と考えていました。この方は見合う物件を何年も待ち続けて、結果見合う物件が現れず、モチベーションが低下し開業を断念しました。
 f:id:tentsu_media:20180306114823j:plain
 
しかし、この時点で“渋谷しかない”と決め付けてしまうのは、とてももったいないと感じます。
 
物件探しは体力のいる仕事です。なので当社のように店舗に詳しく、店舗物件を取り扱う企業があります。中には、なかなか世の中に出回らない、一等地の物件情報が手に入ることもあります。その情報を掴みながら、コンセプトが合わないと切り捨ててしまうのはナンセンスです。
 
いい物権情報を手に入れたら、自分はこの物件なら何がしたいか、何ができるか、そのようにコンセプトを設計することが求められます。なぜなら、そうこうしている内に、資金力・判断力のある企業に物件を申し込まれてしまいますから。
 

売れないものは売れないと認識する

 
商売の成功に絶対と言うことはありません。どんなに良いメニューやコンセプトでも、その業種・業態・立地の三拍子が揃わないことには、繁盛店への道は険しくなるでしょう。
 
「売りたいもの」が決まっているうちは、その「売りたいもの」が「売りやすい場所」や「売りやすい方法」を探す必要があります。しかし、現実はそううまくいきません。そのいずれかを妥協してしまい、開業後に苦戦を強いられるケースをよく目にしてきました。

f:id:tentsu_media:20180306135312j:plain
 
逆にこの立地で、「どんなものが売れるだろう」と考えることで、業種・業態・立地の条件のうち2つはクリアです。あとは「売りやすい方法」を検討する。非常にシンプルな考え方ですが、“売りたいものを売れる場所を探す”のか、“いい場所で売れるものを検討する”かの違いです。どちらが良いということでなく、認識することが大切です。


まとめ

今回はロケーションからコンセプトを決めていく方法についてお伝えしましたが、必ずしもこれが正解とは限りません。開業後の運営によって、成功や失敗が分かることもあります。そして、素晴らしいコンセプトにロケーションを兼ね備えても、売り上げられなければ成功とはいえません。
 
ご紹介した方法が、飲食業界で成功を志す皆さまのひとつの選択肢として、良い影響を与えられればと考えています。飲食店開業のいいスタートが切れることを願っています。
  

 

コボ

 
f:id:tentsu_media:20180221142402j:plain