スイーツだけじゃない!原宿の飲食店出店のキーワードは「ネオ大衆酒場」?!

こんにちは、シカタです。
今回は、最近店通ではやりの物件開発日誌に挑戦します。
 
選んだ場所は原宿
関西から出てきた私にはとても輝いている街のひとつです。
乗降客数は76,084人※(2016年度)と隣駅の渋谷の371,336人※(2016年度)に比べて少なく、要因としては渋谷や表参道などから徒歩圏内という点ではないでしょうか。
※JR東日本調べ


原宿ではチャレンジ精神が必要!

今回は、スイーツショップと居酒屋の2軸をご紹介いたします。
「えっ、これ売れるの??」という業態がチラホラ。
でも、ご安心ください!
原宿では、皆さまのご想像よりはるかにSNSの力が絶大です。
インスタ女子のハートをつかんで離さない、原宿の魅力は一体なんなのでしょうか?


インスタ女子のハートをつかめ!

 
では、さっそく竹下通りへ。

f:id:tentsu_media:20170915153306j:plain


やめておきましょう。。。思わず避けたくなるような人通りです。表参道側から下っていくことにします。


f:id:tentsu_media:20170915090808j:plainf:id:tentsu_media:20170915090816j:plain

先日、店通でレポートさせていただいたソルビンは相変わらずの大行列でした。このお店もインスタ女子にとっては外せないスイーツ店ですね。
www.tenpo.biz


f:id:tentsu_media:20170914114429j:plain


表参道エリアでもご覧の人通り。
神宮前交差点に5分ほど立ち止まり、歩行者数を計測。
200人を超えたあたりから計測が面倒になりました。原宿、恐るべし。。。


f:id:tentsu_media:20170914170133j:plain


なお、表参道エリアでは、期間限定ショップ等が立ち並んでいます。
行列店が多く、1本入った通りでも行列店が点在しています。


f:id:tentsu_media:20170913185257j:plainf:id:tentsu_media:20170914165615j:plain
期間限定ショップ「ゼスプリ キウイハント」

 
みなさまお気づきでしょうか。
写真の服装から10代、20代の特に女性が多いことを!
原宿は賃料が高く、ターゲット層が若年層であることから、飲食店オーナーにとっては出店がしづらいエリアでもあるのです。


f:id:tentsu_media:20170913185441j:plainf:id:tentsu_media:20170913185420j:plain
トッピングアイスクリーム専門店 Eddy's IceCream(エディーズアイスクリーム)


流行っている業態といえば、パンケーキやロールアイスクリーム、タピオカミルクティーなど最近インスタをにぎわせているものばかり。
その中でもクレープは、原宿の殿堂入りスイーツですね!


原宿に新風到来!

f:id:tentsu_media:20170913185144j:plain

甘い匂い漂う原宿にも、革命が起こり始めているのです。
最近なにかと話題の「ネオ大衆酒場」。
ついに原宿にもその流れが来ているのです。
居酒屋は表立って目にはしませんが、裏路地や、脇道に意外と多くあります。
 
最近聞く「ネオ大衆酒場」ってなに??⇒従来の大衆酒場とは少し違った、常連でなくても入りやすい開放的な居酒屋。
“良心的な価格"はそのままに、外観や内装などが現代風にアレンジされていて、近年若者や女性に支持されています。



f:id:tentsu_media:20170914170704j:plain

ここからは私の推測ですが、原宿の来訪者の大半を占めているのは若年層の女性。
さらにインバウンドの影響もあり、アジア、ヨーロッパなどからの来日者も多い。
その来日者が日本のポップカルチャーと、昔ながらの居酒屋文化、それらに加え、ネオ大衆酒場を一挙に味わえる町が原宿なのであります!


これからの原宿……。

これからの原宿。これからの東京。これからの日本。
2020年までは、レバレッジの効いた経済状況を発揮するでしょう。
しかし、この頃飲食店オーナー様からよく耳にするのが、「東京オリンピックが過ぎたらどうなるだろうなぁ」。
 
現在、原宿の竹下口前では、就業人数3,000人を超える大型商業ビルが建設中。
それに付随して、ランチ難民や居酒屋を求める人が確実に増えていく街であります。
加えて、原宿の居住者も世代を問わずバランスよくいることから、多角的な考え方が要求される街でもあります。
 

f:id:tentsu_media:20170915131224j:plain原宿駅より1km圏内のデータ
データ引用:https://storestrategy.jp/?category=1&area=3&pref=14&id=6448

 
このことから考えられるのは、長らく流行と情報の発信地とされてきた原宿は時代の流れに左右されるのではなく、時代に合わせて順応している街なのではないでしょうか?
1度原宿を訪れ、調査してみてください。その魅力と期待感に、きっと皆さまも心を踊らされるでしょう。


原宿で出店する際のポイント

 
◆原宿エリアのまとめ◆
・賃料は高いが、SNS映えする行列店があちこちに点在!(スイーツ店、期間限定ショップなど)
出店するなら軽飲食、テイクアウトが需要あり!
・インバウンドの影響もあり、今、「ネオ大衆酒場」が人気!
・カルチャーの最先端!情報を発信するにはもってこい!
 
◆賃料相場◆
原宿駅周辺(徒歩3分圏内)の相場・・・坪単価47,121円(1階)
原宿駅周辺の店舗面積相場・・・23.49坪
明治神宮前駅(東急プラザ周辺)の相場・・・坪単価32,969円(1階)
明治神宮前駅の店舗面積相場・・・20.8坪
※地下や2階物件などは、家賃がぐんとおさえられる可能性があります。
参考:弊社運営居抜き物件サイト:テンポバックス 2016年~2017年の物件情報より
 
乗降客数や賃料相場等々、出店するには勇気のいるエリア、原宿。
そこで勝ち、生き残っているのは、ほとんどが原宿をアンテナにしてきたお店です。
さまざまな文化が入り乱れる原宿での出店のご参考までに。。。
出店の際はぜひ弊社までご相談を!!
 

 

シカタ


f:id:tentsu_media:20170913172751j:plain

TOPへ戻る