ベッドタウンってほんと?都心部へのアクセスも抜群!梅島エリア調査【エリア調査マン】

こんにちは、都内を中心に店舗開発をしているポテト大渕です。今回はポテト記事からいったん外れて、梅島エリアの飲食店事情をお伝えできたらと思います。

梅島駅?どこそれ。と思われる方も多いかと思うので、簡単に梅島駅の説明をさせていただきます。
 
足立区の梅島駅は北千住から3駅、新越谷から8駅で行ける東武鉄道伊勢崎線の駅です。あまり知られていない梅島駅…。だからこそ、この記事で少しでも梅島駅の魅力が伝われば幸いです。

単身世帯攻略が飲食店成功の鍵!

 
梅島駅の改札は一ヶ所です。大きな駅ですと、北口と南口でその街の色がまったく違うことも多いです。その点、梅島駅は街のマーケットが把握しやすい利点があります。乗降客数が約3万1千人と、ターミナル駅ほどのインパクトはありませんが、東京駅まで20分ほどでいけるのでアクセス面は悪くありません
 
f:id:tentsu_media:20170818162431j:plain
 
梅島駅周辺の世帯層は、単身世帯が約40%という数字がでています。男女の人口比率がほぼ同じで、65歳以上の方が全体の約5分の1の割合を占めています。近くに大学などはなく、若者の数は少ない印象を受けました。
 
都内中心部へのアクセス面がいい点を見ると、オフィスワーカーの単身世帯が多いのも頷けます。
 
f:id:tentsu_media:20170821095235j:plain足立区役所近辺の駐輪場には、お子様連れの自転車も多い
 
東武伊勢崎線沿線の賃料を比較すると、相場より若干お値打ちな印象もあります。尖った業態は流行りにくい傾向があるようで、馴染みやすい業態が人気のようです。
 

生活動線を意識したお店が多い!

 
駅を背にして右側(梅島1丁目の信号)は、みなさんご存じの魚民や、ココイチ、鳥メロなど、大手飲食店も軒を連ねる立地です。
 
f:id:tentsu_media:20170818163014j:plain改札を出て右側の風景(旧日光街道沿い)
 
さらに奥(梅島2丁目の信号)まで行くと「ベルモント公園」が見えます。この公園は、西オーストラリア州ベルモント市との友好親善のシンボルとして作られたものとして有名です。花壇や、ユーカリの木、アカシアなどの植物、赤煉瓦の陳列館などがあり異国的な雰囲気を醸し出しています。
 
f:id:tentsu_media:20170818163443j:plain生憎の天気でしたが、遊びに来ているお子さんも多くいました
 
駅を背にして左側には、マクドナルドや日高屋、福しん、吉野家などの大手飲食店が出店しています。ゆっくり食事するというよりは、さくっと食事ができるお店が多い印象です。商店街やスーパーマーケットがあったり、セブン-イレブンがオープンしたりと生活同線であることが伺えます。
 
f:id:tentsu_media:20170818164050j:plain改札を出て左側の風景(旧日光街道沿い)
 
梅島駅周辺を調査して分かったことは、「勤務地から自宅に帰るだけ」のベッドタウンとして機能している点です。19時を過ぎると駅前が非常に活気出しました。お勤め帰りの会社員と思われる方々が、帰宅途中に晩御飯を済ませるといった姿を多く見かけました。
 

花火大会で大賑わい!イベント需要も見逃せない!

 
また足立区といえば花火大会。
 
梅島から徒歩15分ほどにある西新井緑地から花火を見ることができます。花火の向こうに高層ビル群が見えるようで、雰囲気抜群のようです。梅島側のほうが混雑の影響が少ないと、地域の方々の人気スポットです。
 
f:id:tentsu_media:20170821095807j:plain足立区の花火大会は来場者数55万人の人気イベント
 
出店をお考えの際は、周辺のイベントが活発に行われているかも、物件の検討に資する情報として重要です。近隣のイベントをチェックすることで、エリアの特徴が見えてくるかもしれません。
 

梅島エリアはファミリー層と単身世帯層をターゲットに

 
当初、単身世帯が多いと思われていた梅島エリアでしたが、大通りから一本裏に入ると、ファミリー向けの住宅も多くありました。ベルモント公園をはじめとして、大きな公園がいくつかあり、お子様をもつファミリー層にも、人気の高い土地だということがわかります。
 
梅島エリアの特徴
・単身世帯、ファミリー世帯が多い
・価格設定が良心的なクイック系業態や、ナショナルチェーンの需要が多くある
・年に一度の花火大会など、商店街と連携したイベント需要も見込める
 
足立区の一番人気は北千住ですが、近隣駅のポテンシャルもしっかりあります。北千住で出店したいとお考えの方は少し足を延ばして、別の駅も見てみると意外な発見があるかと思います。どこか懐かしい下町情緒や、異国的な雰囲気を感じられる点など、さまざまな顔を待つ梅島エリア。ぜひチェックしてみてください。
 

 

ポテト大渕


f:id:tentsu_media:20170818162431j:plain

TOPへ戻る