【ムダな水道代はNO!】飲食店が今こそ考えるべき節水問題とは

f:id:tentsu_media:20170822095418j:plain
飲食店を運営していると、いくら売り上げが高くても経費が必要以上にかかり、収益が減ってしまうことがあります。「経費」とひとえに言っても水道光熱費や人件費などさまざまですが、「できるものなら削減したい」とお考えの方が多いはず。
 
今回は、昨年まで某住宅設備メーカーに勤めていたてっちゃんが、必要経費である「水道代」の削減方法について考えていきます。
 
…本題に入る前に、まずは日本の環境問題から見ていきましょう。


こんなに大雨が降っているのに、なんで日本は水不足になるの?

日本は今、『水不足』に悩まされていることはご存じでしょうか?
今年7月、埼玉と東京をむすぶ荒川水系では20年ぶりの取水制限が行われました。
 
f:id:tentsu_media:20170818160605j:plain

日本の年間平均降水量は1690mmです。もし降った雨がその場に止まるなら、身長170センチの大人の背の高さくらいまで水がたまるということです。世界の年間平均降水量は約810mmです。日本には世界平均の2倍の雨が降ることになります。
Aqua-sphere 水ジャーナリスト・アクアコミュニケーター橋本淳司の公式ページ:水と地球環境のはなし「日本の水不足」より

 
Q⇒では、なぜ日本は水不足になるのでしょうか?
 
A⇒山地が多い日本列島での貯水能力は「1泊2日」と言われるほどだそうです。水をためる役割の森を伐採し、増え続ける宅地開発などの人為的作用も加わり、緑地のコンクリート化が進みました。それにより、以前にも増して、水が海に到達するスピードが増したとされています。


あなたはふだん、節水を意識していますか?

平成29年度「水にかかわる生活意識調査」(ミツカン水の文化センター)によると、節水について、「気にしながらも、何もせず水を使っている」と答えた人が37.9%、「気にせず水を使っている」は14.7%で、これらを合わせた「節水していない人」は52.6%となり、半数を超えています。
 
また年々、国民の節水へ対する意識が低下してきているというデータも出ています。
 

≪節水の基本≫
節水の基本は、蛇口をこまめに閉めること。分かりやすいように家庭に置き換えると、歯磨きの際、口をゆすいでいる時に水を流しっぱなしにすると、30秒間で約6リットルほどの水が流れてしまいます。コップに水を汲んで磨くようにすれば、約0.6リットル(3杯ほど)ですみます。これだけで、約5.4リットルもの節水に成功!

飲食店でできる「節水方法」とは?

f:id:tentsu_media:20170818160701j:plain


上記は家庭での歯磨きを例にあげたシミュレーションですが、飲食店の厨房でイメージしてみてください。調理場や洗い場では、その過程で歯磨きとは比較にならないほどの水が常に流れています。蛇口をできるだけ閉めることで相当な節水ができると共に、(お店の業態により一概には言えませんが)年間では数万円もの水道代の節約になります。
 
すでに実施されている店舗もあると思いますが、ここで『飲食店の節水方法』をご紹介します。


●食器の油汚れは広げない
一般家庭と違い飲食店では難しいかもしれませんが、油で汚れた食器は重ねない、また、洗う前にキッチンペーパー等で油汚れを拭き取ることで、食器洗いの使用水量を減らすことができます。


●食器を洗う順番を工夫する
汚れの少ない食器⇒汚れのある食器 の順番で洗うことにより、汚れの広がりをおさえることができます。


●うどんやパスタのゆで汁を洗剤代わりにする

f:id:tentsu_media:20170818160635j:plain


うどんやパスタのゆで汁に、フライパンやお鍋などをつけ置き洗いすると、汚れをすっきり落とすことができます。うどんやパスタのゆで汁には、デンプンとグルテンが溶け出していて、これらには汚れを「吸着する」はたらきと汚れを食器から「引き離す」はたらきがあります。
 
また、ゆで汁は温かいほうが効果を発揮しますので、鍋から麺をあげた後は、ふたをしてなるべく冷めないようにしておきましょう。温かいゆで汁を使用することで無駄な洗剤を使わなくて済み、使用水量も減らすことができます。
出典:Aqua-sphere 水ジャーナリスト・アクアコミュニケーター橋本淳司の公式ページ:「いつも!節水ノート」より


●食器洗い乾燥機の使用

f:id:tentsu_media:20170821105738j:plain


出典:食器洗浄機導入のメリット | 食器洗浄機 | 食品システム | Panasonic
  
業務用食洗機の場合、新品だと購入時に30万円代~100万円以上のコストがかかりますが、中古だと10万円代で購入できるものもあります。上のデータを見てもお分かりのように、食洗機を導入することにより作業効率が上がり、人件費も削減できます。

個人店など小さい店舗では「そもそも食洗機を置くスペースがない」などといったデメリットもありますが、使用水量は手洗いと比べた場合、1/7~1/9になるとも言われており、かなりの節水になります。
※食器洗い乾燥機の機種によっても節水率はかわります。


●節水コマを取り付ける
水道局で無料で配布されているものやホームセンターで購入できるものなどがありますが、対象の水栓金具がある場合にのみ使用可能です。使用状況にもよりますが、約10~50%もの節水効果があるといわれています。


まとめ

≪飲食店での節水方法≫

●蛇口をこまめにしめる
●油汚れの食器は重ねない
●油汚れの食器は拭いてから洗う
●食器を洗う順番を工夫する(汚れの少ない食器⇒汚れのある食器)
●うどんやパスタのゆで汁を洗剤代わりにする
●食器洗い乾燥機を導入する
●節水コマを取り付ける

節水は、多くの水を使用する飲食店が真剣に取り組むことで、大きな効果が期待できるのではないかと思います。

店舗全体、また一人ひとりが「節水」を意識し、「蛇口をこまめに閉める」等、実行に移す。節水して水道代を節約することにより、お店の利益を増やしていく。味はもとより、いろいろな意味で「水」にこだわっている飲食店がこれから増えていくことを期待します。
 

てっちゃん


f:id:tentsu_media:20170822095418j:plain

TOPへ戻る