「うちの店は大丈夫」それ本当ですか? 閉店を経験したオーナーの【退店レジュメ vol.09】-ロコズらしさ-

こんにちは。2回連続で「震災」について触れてきました。打って変わって今回はロコズの好転についてです!今現在、お店の経営にお悩みの経営者の方々に、少しでも励みになっていただければ幸いです。
 
バックナンバーはこちらから。
 
退店レジュメシリーズ 記事一覧
www.tenpo.biz
 

f:id:tentsu_media:20160520164924j:plain「今回は明るい話題で何よりです。」

f:id:tentsu_media:20151214132054j:plain「ロコズにしかできないことは何か、他のカフェと違うところは何か、考えた時期です。」

f:id:tentsu_media:20160520164924j:plain「コンセプトがしっかりしているからこそ、成功した事例だと思います。」

f:id:tentsu_media:20151214132054j:plain「そうですね!お客さん、お店、自分の特性を生かすことができました!」

f:id:tentsu_media:20160520164924j:plain「【食】だけじゃない、居場所としての飲食店って、憧れます。」

f:id:tentsu_media:20151214132054j:plain「毎日お客さんと接していると、自然と波長が合う人たちが集まってくれるようになるんです。それがすごく面白かったです。ロコズを中心にコミュニティができていき、私もその一員でした。」

f:id:tentsu_media:20160520164924j:plain「すてきです!ロコズの新しい歩み、期待しています!」

 
f:id:tentsu_media:20170726105933j:plain
 
 

コンセプトと強みを把握する

震災の影響も徐々に落ち着き、なんとか生き延びることができました。ハワイアンカフェ「ロコズキッチン」も周囲に認知され始め、コンセプトに共感してくれるお客さんも集まってくれるようになります。

ロコズは西池袋3丁目、立教大学のすぐ近くにありました。立地柄、大学の休みに大きく影響され、売上が凹むところが悩みのタネ。でも指をくわえ待ってる訳には行きません。何か次の施策を考えなくては…。
 
そんな中、常連のお客さんから「ライブやフラダンスのショーをロコズでやりたい」と言っていただくことがありました。
 
これは、ロコズにしかできない施策のヒントになるのでは…!?過去にも、個人店という特性を生かし「少人数での貸切パーティ」を開催していただきましたが(うちの店は大丈夫? 閉店したオーナーの【退店レジュメ vol.06】 - 店通 -店舗流通ネットメディア-)、もっとロコズらしさを出したい。そう考え、お店の特性をまとめてみることにしました。
 
f:id:tentsu_media:20170726113336j:plain
①〜④の特性から出した答えは、「イベントのできるカフェ」でした。
 

①ハワイアン

この手の飲食店は意外にまだ少なく、あまり見かけません。さらに池袋界隈には実はフラダンスを習っている方が多い!豊島区周辺はフラダンス教室が多く、年1回大きなフラダンスイベントも開催しています。なので「ハワイアン」というコンセプトはこれらの方々には非常に需要があり、差別化になると思いました。
 

②個人店

ロコズのような個人でやっているハワイアンカフェが近辺にはありませんでした。ハワイアンレストランはあってもチェーン店などが多く、貸切やイベントを企画するとなると、結構な人数のノルマや売上保証を要求される事が多いのです。
 
会費もそこそこな額になるので、ハードルが高い。しかしロコズは個人店の強みを活かし価格を抑え、10人〜でも貸切パーティーができます。料理内容やサプライズ企画等も臨機応変に対応可能です。これはかなりの強みだったと、今振り返っても感じています(いろいろな無茶振りにも対応してきました…笑)
 

③浅野の個性

私は基本的に人好きです。冒頭にも書きましたが、ロコズを気に入ってくださる方は、結果的に自分と似たようなお客様が集まるようになりました。良く言えばフレンドリー、悪く言えば馴れなれしい…(笑)でもお客さんと真剣に向き合っていたので、時には叱ったり、就活相談に乗ったり、ロコズが進路室になった事もありました。
 
そんなちょっと変わった「てんちょー」がいる店だからこそ、お客さんと一緒になってイベントを作っていくことができました。こんな「てんちょー」に会いに、多くのお客様が集ってくれたのはうれしい限りです。
 

④池袋という立地

副都心線が開通したおかげもありますが、埼玉、千葉、神奈川からのアクセスも良くなり、SNSで宣伝すると、イベント内容に興味を持ってくださるお客様にも多数ご来店いただけました!
 
 

イベントメインのカフェへ

どこのお店でも当てはまるとは限りませんが、ロコズの場合、西池袋で始めたハワイアンだから①〜④の特性が浮上し、イベントをメインとしたカフェにしようと決めたのです!大切なのは自分のお店の特性を、客観的に振り返ることだと思いました。
 
f:id:tentsu_media:20170724123728j:plain  
そして結果は功を奏しました。人の縁がまた人を呼び込み、定期的なハワイアンライブやフラダンスのショーの依頼が舞い込んで来ました。まさに好循環です。そしてロコズは2015年の閉店するその日まで、イベント重視のカフェのスタンスを貫きました。数え挙げるときりがありません。
 
フラダンスのパーティー、フラダンスのショー、ウクレレライブ、ウクレレ教室、ハワイアンリボンレイ教室、国内外、プロアマ問わず本当に沢山やりました。また、著名なアーティストも池袋の小さなカフェでライブをやってくださいました。いろいろな方々とのご縁を頂いてロコズは成長していくことができました。
 
アマチュアのウクレレバンドの皆さん、フラダンス教室の皆さん、一回きりの方も、今もなおハワイアンイベントでお世話になっている方も。本当に沢山いらっしゃいます!そしてロコズを閉めてからも、引き続きお仕事でつながる機会もできました。今でも浅野の財産です。あの時のちょっとしたきっかけが沢山の関係に繋がりました。本当に些細なことも大事にしなければなりません。
 
 

浅野

 
f:id:tentsu_media:20170726123321j:plain
 
 
  

すぐに続きを読みたい方はこちら

www.tenpo.biz

 

退店レジュメ』シリーズ一覧はこちら

www.tenpo.biz
 



f:id:tentsu_media:20170726105933j:plain

TOPへ戻る