DDTプロレス突撃体験取材!!プロレス×飲食を実現するワケに迫る

こんにちは、AB蔵です。お気付きの方もいらっしゃると思いますが、私はプロレスが大好きです。食事とプロレスへの愛情は尽きることがなく、マスクもまさにプロレスへの愛情から作りました。食事への愛情を詰め込んだ記事もありますので「AB蔵ラーメン二杯食べるってよ」をご覧ください。
www.tenpo.biz



プロレス×飲食を極めるDDTプロレスリング

f:id:tentsu_media:20170508100709j:plain
f:id:tentsu_media:20170428173151j:plain
今回、プロレス好きの私にもってこいの企画が舞い込んできました。「飲食店を運営するレスラーが多いワケを追求する」という内容です。私は様々な団体のプロレスを見ることが多く、飲食店運営とプロレスを紐づける企画と聞いて、真っ先に頭に浮かんだ団体がいます。それがDDTプロレスリングさんです。(以下:DDT)

DDTを選択した理由は、DDTはプロレス団体でありながら、飲食店経営も行っているからです。ユニークなレスラーも多く、ゲームやイベントなど、多くのコラボレーションで話題となり、ひときわ異彩を放っています。飲食事業はエビスコ酒場という居酒屋とBARでドロップキック・スワンダイブを含めた三店舗を経営、どの店舗も新宿にお店を構えます。


ちなみに…エビスコとは大相撲の隠語で大食漢の力士をさすもので、ドロップキックなど、プロレスを連想させるネーミングも特徴的です。昨年2月にオープンした「スワンダイブ」は本格的なBARスタイル。今後もどのように展開していくのか楽しみです。

f:id:tentsu_media:20170501082515j:plain画像引用:DDTプロレスリング公式サイト


エンターテインメントと深く関わりのあるプロレスラーという職業柄か、引退の後に飲食店を開業する方も多いと聞きます。DDTのようにプロレスと飲食業はビジネスとして共通する何かがあるのではないか。それを調べるために、DDTが主催するプロレス体験に行きました。




あくまでも、プロレスと飲食業の繋がりを知るためです。私利私欲のためではありません。


なぜならばプロレス体験のレッスンをおこなっているからです。


しかも所属の現役選手が教えてくれるからです。


だって竹芝にジムがあるのだから、会社から歩けるから。




衝撃の事実からの取材交渉、、、

プロレス体験は女性のみ、、、なぜだ??本末転倒ではないか。それなら奥の手だ、那須ありペしかいない、そしてあわよくば一緒に参加を願い出よう。f:id:tentsu_media:20170501100651g:plain



那須ありペの巧みな交渉により、今回取材の特別枠で、AB蔵の参加を許されました。




本格的な体験内容にタジタジ

f:id:tentsu_media:20170428175225g:plain



体験後、那須ありぺは、もはやレスラーになっていた。。。



f:id:tentsu_media:20170428183853j:plain



AB蔵、那須ありペが翌日筋肉痛で全身がバキバキなことは、言うまでもありません。



今回のプロレス取材を通して感じた魅せることの大切さ

「魅せることの大切さと難しさ」を感じた取材でした。

f:id:tentsu_media:20170428174030j:plain
プロレスはエンターテインメント性が高く、観る人を楽しませてくれます。フィニッシュにつかう大技はダイナミックで圧倒され目を奪われがちです。そのぶん当たり前のように行う受け身や、ロープを使った移動だったり、見る側としては簡単そうに見えてしまいます。

例えば今回体験したロープからロープを移動することも、技術に溢れていて、私も那須ありぺもまともにできませんでした。素人には難しいにもかかわらず、お手本としてやってくれたその時、そのロープすら魅せることを意識しているのです。
 
息遣い、顔、ポーズ、リングの中で間近で体感したからこそ、その凄さがわかります。その技術で魅せるリングの空気をつくり、会場全体に広がっていくのだと感じました。


プロレスとサービス業の類似する特徴

f:id:tentsu_media:20170428173803j:plain
プロレスの魅せる技術は飲食店に置き換えることができます。飲食店のお店自体がまさにプロレス会場、テーブルはリング、料理や接客はまさに技術の塊です。いわばお客様は観客で、シェフやウエイターの技術を、お客様が楽しむことに対価を支払う、この構図はプロレスと同じです。
 
実際に飲食店を経営しているレスラーの方やDDTのような団体が、私の考えるような事を意識しているのかは解りかねますが、きっと紐づく要素はあるように感じます.



まとめ

飲食店やサービス業は、付加価値に対して対価を支払うものだと思います。しかし現在は、ITや技術の進歩と普及に加え、求めるニーズがサービス自体の在りかたを変えようとしています。料理も客が好きな時にタブレットで注文できる反面、スタッフとの会話も初めの使用方法説明のみというお店も多く見かけます。時代の流れを考えれば当たり前でも、個人的な意見としては、人と人との繋がりであったり、人が感動を生み出すのがサービス業の本質だと思います。
 
f:id:tentsu_media:20170428173518j:plain大石真翔 | DDTプロレスリング公式サイト
 
今回プロレスを体験し実感した、「人が見せる技術の素晴らしさ」は時代とは逆行していても、サービス業関係者には忘れないでほしいと思うAB蔵でした。



※以下2017年5月12日更新

プロレスレッスン講師のご紹介



f:id:tentsu_media:20170512163200j:plainDDTプロレスリング提供
◆大石 真翔 選手 MAKOTO OHISHI

所属     DDT


身長・体重 170cm・75kg

生年月日  1979年2月16日

血液型    A型

出身地   静岡県富士市


得意技
ネコパンチ、ミラクルエクスタシー、シューティングスター・プレス


大石真翔 | DDTプロレスリング公式サイト

 
f:id:tentsu_media:20170512163321j:plainDDTプロレスリング提供
◆チェリー 選手 CHERRY

所属     DDT


身長・体重 157cm・52kg

生年月日  1974年5月14日

血液型    A型

出身地   不明


得意技
チェリトーンボム、ファンタジーイリュージョン、春夜恋


チェリー | DDTプロレスリング公式サイト

プロレスレッスンの魅力

DDTプロレス教室会員募集のお知らせ | DDTプロレスリング公式サイト
月替わりでDDTの選手達が特別講師に来てくれること。 バラエティに富んだいろいろな選手に直接指導してもらえるところ!プロレスが好きな女性!1度リングに上がってみたい、ドロップキックやってみたい!という女性大歓迎の教室です。



DDTプロレスリングのご紹介

www.ddtpro.com

DDTプロレスリング運営店舗

エビスコ酒場
炭火焼エビスコ酒場 新宿歌舞伎町店(地図/写真/新宿/居酒屋) - ぐるなび
ドロップキック
ドロップキック(新宿/スポーツバー) - ぐるなび
Bar Lounge SWANDIVE
Bar Lounge SWANDIVE〔Facebook〕



最後まで読んでいただいた方への特別スナップ

f:id:tentsu_media:20170512181157j:plainAB蔵マスクを被った大石選手

AB蔵




f:id:tentsu_media:20170501115822j:plain

TOPへ戻る