コンビニやアプリでも代用できる!FAX機を置けない飲食店事情

店舗に設置されているFAX機。ペーパーレスのご時世に、いまだにFAX機を置くなんてとお考えての方もいるかと思いますが、やはり切っても切り離せない事情がお在りのようです。
 
テナントでの必要性といえば『食材』『在庫品』などを業者に発注することがまず挙げられます。最近ではタブレットや専用アプリなどを活用して、電子化させるサービスも多くのメディアで取り上げられています。
 
ただ、ここで取り上げられているツール(アプリ)はごくごく一部であり、現在もFAX機を使用しての発注が主流と言わざるを得ませんね。今回は飲食店に限らず、店舗に欠かせないFAX機の導入についてお話します。


FAX機導入の障壁について

f:id:tentsu_media:20170213104659j:plain

置けることならFAX機を店舗に設置したいというオーナーは多いと思いますが、設置をためらう理由はさまざまあるそうです。ここでFAX機ならではのデメリットについて、日頃より店舗オーナーとFAXでのやり取りが多い部署の社員に、ヒアリングさせてもらいました。


・設置スペースの確保
・見た目が悪い
・送ったつもりが未送信、または送付書類がよれてしまう
・インクジェット
・古臭い
・設置後の維持やメンテナンス
 
店舗の大きさは立地や業態によって違うので、坪数の少ない店舗や油料理を多く取り扱う店舗など、設置できない理由はさまざま。テナントオーナーや店長の中には、保守料金やトナー・用紙代が必要など、コストや手間がかかる場合が多くの悩みのようです。
 
コストや労力を割く設置型のFAX機。その他にも代用できるツールがないか調べましたので、一部ご紹介します。

コンビニのFAX代行サービス

アナログな方法ですが設置スペースを確保することなく、アプリや媒体を準備せずともすぐに代用できるサービスです。送付先のFAX番号宛に該当する書類を読み込むと、手数料を支払い送信が完了します。送信が完了すると、相手先のFAX機より文書が印刷されます。手数料が割高であることと、利用できないコンビニがあるので下調べが必要です。
 f:id:tentsu_media:20170209152201j:plain
受け取る際は指定の電話番号に文章を送信いただきます。その後、表示される文章番号をお知らせいただき、指定のコンビニで入力します。手数料を支払った後文章を受け取ることが可能です。

スマートフォンアプリ

専用アプリを起動し、内蔵しているスマホカメラで書類を撮影し、番号を打ち込むだけで送付できる品物です。送信時には手間が少ないのが特徴です。
 f:id:tentsu_media:20170210172832j:plain
有償、無償のサービスや、無償の状態で制限されるアプリもあります。アプリの種類もたくさんあるので、どれが良いのかは検索されるご自身次第といったところでしょうか。デメリットとしては、書類の受け取りに関しては結局「代行サービス」となってしまう点です。

最後に


メールや電話がビジネスの連絡ツールとして一般化していますが、FAXもまだまだ営業に十分活かすことのできる余地のあるツールです。便利な機能が次々と登場するなか、FAX機の導入にいまだ悩まれているオーナーも多くいらっしゃいます。
 
スマートフォンの普及に伴い、FAX機に変わるアプリも多くありました。さまざまな理由で導入を検討されている方におかれましては、今回紹介したサービスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

マウンテンゴリラの様にやさしく



f:id:tentsu_media:20170213104659j:plain

TOPへ戻る