少額な売掛金の回収手段について【差し押さえ編】

前回は少額の売掛金の回収手段として、少額訴訟のお話させていただきました。債権管理部のパツラです。


少額訴訟が終わり、支払いの約束が取り交わされたにも関わらず、債務の支払いが滞ってしまった際に行う、差し押さえについて、今回はご紹介します。その前に少額訴訟のおさらいから始めましょう。


少額訴訟とは

f:id:tentsu_media:20170106154110j:plain

 

・1回の期日で審理を終えて判決をすることを原則とする,特別な訴訟手続です。
・60万円以下の金銭の支払を求める場合に限り,利用することができます。
・原告の言い分が認められる場合でも,分割払,支払猶予,遅延損害金免除の判決がされることがあります。
・訴訟の途中で話合いにより解決することもできます(これを「和解」といいます。)。
・判決書又は和解の内容が記載された和解調書に基づき,強制執行を申し立てることができます(少額訴訟の判決や和解調書等については,判決等をした簡易裁判所においても金銭債権(給料,預金等)に対する強制執行(少額訴訟債権執行)を申し立てることができます。)。
引用:裁判所/少額訴訟


つまり、60万円以下の金銭の支払いにおいて、一回の手続きで解決を図る手続きです。この手続きを踏んで、支払いの約束を無事取り付けた皆さん、売掛金の回収は上手くいきましたか?


裁判で、やっと入金してもらう約束ができても、そこからがまた大変です。みんながみんな、約束をその通りに守ってくれたらどんなに楽なことか・・・。中には「そもそも全然払わない」ケースや、「分割にしたところ、途中で入金がなくなる」ケースもあるそうです。


差し押さえの手段に移る前に


せっかく時間と手間を掛けてここまでやってきたのにやっぱり悔しい。支払われるはずのお金が支払われないのは、やはり諦められないですよね。そこで今回のテーマ、差し押さえという手段の登場です。しかし、これからは時間も、費用も掛かる事を覚悟してくださいね。
 
先ずは、ともかく相手に約束のお金が入って無いことを伝え、入金を促しましょう。
「裁判所で判決が出てます(もしくは和解になってます)ので、これを払って下さい。」と、相手に伝えることから始めるということです。
 
なかなか、言いにくいでしょうから、手紙でも良いと思います。できるのでしたら、もちろん電話で直接伝えても構いません。相手に伝えやすい方法で「入金してください」と伝えましょう。
 
f:id:tentsu_media:20170106154844p:plain
 
できたら、再度、違う方法で相手に連絡をしてみましょう。「2度も連絡をしていますよ」と相手に示しましょう。「何度やっても、同じことでは」と思うかもしれませんが、次の行動に訴えるための手続きと思って続けましょう。


あくまで最後の手段「差し押さえ」


一般的に、差し押さえられるものには、・不動産(土地・建物)・給与所得者の給与・預貯金・家財などが対象です。また、申し立ての書類は、何を差し押さえるかで異なってきます。申し立てを行う裁判所も、何を差し押さえたいかによって異なります。いろんな差し押さえをまとめて行う事はできないので、事前調査が必要です。


裁判で勝ち取った判決、相手と合意した和解調書などを「債務名義」と言います。これ等が、強制執行の申し立てを行う際に必要です。債務名義のほかに、それらの債務名義が、相手方にきちんと送られた事を証明してもらう書類(送達証明)と、内容によって「債務名義」に執行分という書面の申請が必要となったりもします。


わからなければ、判決・和解調書を出している裁判所に聞いてみるのが一番確かだと思います。差し押さえは、上記の書類が揃っていることが前提条件となります。


また、一度、何らかの申し立てをすると、こちらの動きがばれてしまいますので、相手方に差し押さえをしたいものを隠されてしまう恐れもあります。なので、用意周到にいろいろと考えなければなりません。次回は差し押さえにかかる金額や、期間、注意点について紹介します。

パツラ



f:id:tentsu_media:20170106154110j:plain

TOPへ戻る