なぜだ!?どこから漏れた!?店舗の漏水発生箇所を探せ!

f:id:tentsu_media:20160215150650j:plain

水漏れ対応 入門編

漏水のトラブル対応に終われる日々。漏水対応を嫌というほど経験してきた施設部の漏水担当しみこうです。


特に飲食店舗において漏水発生数が多い理由は、水を使う設備が多い為です。設備が多ければ多いほどトラブルが発生します。特に上の階から下の階に漏れて発覚するケースが多いと思います。そう、現場でとても嫌な空気が流れるアレです・・・。


飲食店オーナーや現場で働くスタッフが漏水発生時に躓く原因は様々ですが・・・

①どこから水が漏れているのかが分からない
②判断がつかず修理手配に時間がかかる
③被害がどんどん大きくなる
等々、どのタイミングで漏水対応に当たるかで結果が大きく変わって(お金がかかって)しまいます。そこで今回は、漏水が起きた際の初期動作についてご紹介致します。

初動が重要!水の種類の判断方法

そこで先ずは水の種別を判断する事が重要です。大きく分けて2種類あります。

給水(水道管で店に入ってくる水)

配水管から分岐して、各家庭や店舗など需要者に水を供給する箇所。
f:id:tentsu_media:20160215144628j:plain

排水(店から流す水)

厨房設備の場合多くの有機物質を含む為、下水道への排出をする箇所。
f:id:tentsu_media:20160215144636j:plain
漏水箇所によって対応法が異なる為、先ずはこの見極めが重要になります。では、どうやって見分けるのでしょう?

POINT 1.『漏れている水の出方』

漏れている水の出方で初期判断ができます。
 

給水の場合

常に水圧がかかっているので、水が出続けるのが特徴。
 

排水の場合

必要な時に流す物なので、不規則な漏れ方をするのが特徴(漏れたり止まったり)。

不規則な場合は、排水と断定してOK。水の使い方、排水管や防水切れ、あるいは雨漏り、で対応を進めます。


但し、上の階では不規則な水の流れでも、水が床に染みわたって、下の階の天井からは常に水が出続ける時があります。これは、見た目には給水の場合と一緒なので間違う事があります。そこで、次のポイントを確認する必要があります。


POINT 2.『水道メーターに注目』

店舗内の蛇口を全て閉め(製氷機等の栓も)メーターをチェック。
f:id:tentsu_media:20160216101252j:plain

中心部のコマが回っている場合

コマ=パイロットと呼ぶ場合もあります。

給水管のどこかで水が漏れています。水道業者さんを呼んで、給水管修理の手配でOK。業者さんが来るまでは、水道メーターのバルブを閉める、という方法も取れます。

コマが回っていない場合

給水は無問題。排水と断定してOK。戻って排水周りの修理手配を進めましょう。

このチェックは自分でできるので、プライスレスです。初動で漏水原因のあたりをつければ、後の対応がスムーズに進み、被害の拡大防止に繋がるので、是非実践して下さい。


まとめ~どちらに原因があるか~

漏水の対応については、当然漏水した側(漏らした方)が行います。よく原因が分からない場合でも、下の階の天井から漏れていれば、上の階を所有するオーナーに対応義務がありますので、迅速に動いて問題解決に努めましょう。何だか原因がよく分からないから知らんぷり。これは絶対NGです!

漏水の結果、下のテナントの設備に影響を与えたり、最悪の場合営業ができないという可能性も出てきます。その際の損害に対する支払いなど、後のトラブルに繋がります。


かたや漏水、されど漏水。「ちょっとした水漏れだから大丈夫」と高をくくっていると、思わぬトラブルに見舞われます。早期の対応で未然に大きなトラブルを解消しましょう。





f:id:tentsu_media:20160216101252j:plain

TOPへ戻る