読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代の転換期はこうして乗り切れ!薩摩藩、島津義久に学ぶ経営術

f:id:tentsu_media:20160621111716p:plain:w350
皆さんは島津義久(しまづよしひさ)という人物をご存知ですか?戦国時代、薩摩(現在の鹿児島県)・大隅(現在の鹿児島県)・日向(現在の宮崎県)の三州の守護職を務めた武将です。


島津義久には戦国最強と謳われる3人の弟(義弘・歳久・家久)がいました。幼少期、いずれも勇猛果敢で優秀な弟に比べ、義久は大人しく目立たない子供でした。


しかし、祖父の忠良から叱咤激励を受けた義久は九州を席巻しやがて鎌倉時代から続く名門島津家の最強にして最高の政治家へと変貌を遂げました。


そんな島津義久は時代が大きく変化した戦国時代をどのように生き抜いたのでしょうか?めまぐるしく時代が変化する現代を生きる経営者の皆様に島津義久の経営術を紹介します。

部下を適材適所に配置し仕事を任せる

f:id:tentsu_media:20151207151304j:plain
幼少の頃は優秀な弟たちと比べると見劣りしていた義久ですが、戦を重ねるごとに当主として成長し、圧倒的に不利な戦でも部下の器量を見抜き絶妙な陣配置で勝利を重ねていきました。


三州(薩摩・大隅・日向)を制圧した後、弟の家久を肥前(現在の佐賀県)に派遣し龍造寺隆信を滅ぼし、豊後(現在の大分県)の大友宗麟(おおともそうりん)を滅亡寸前まで追い詰めました。


戦においては部下を適材適所に配置した後は部下のやり方に任せ、自ら動かずして勝利を収めていた義久ですが、部下の言いなりになってばかりいた訳ではありません。ここぞという時はどんなに部下が反対しても自分の意見を押し通しました。


豊臣政権下での出来事

本能寺の変により織田信長が自害に追い込まれ政権は織田から豊臣へと移りました。勇猛果敢で知られる弟・義弘は、時の人豊臣秀吉に気に入られようと朝鮮出兵に力を入れます。


戦況が不利になる中朝鮮にいた義弘は再三義久に援軍の要請をしますが、義久が兵を朝鮮に派遣することはありませんでした。朝鮮出兵が失敗に終わると予想した義久は必要以上に出兵する事をせず、義弘にも秀吉に近づき過ぎるなと警告します。


結果、朝鮮出兵は失敗に終わり多くの藩の国力が減少する中、島津藩は国力の消耗を避ける事ができ、やがて来る天下分け目の関ヶ原の合戦に万全な体制で臨むことができました。

時代の空気を読む

f:id:tentsu_media:20151207152941j:plain
島津家は関ヶ原の合戦で毛利輝元率いる西軍として戦いました。結果は徳川家康率いる東軍が勝利し政権は豊臣から徳川へと移ります。


関ヶ原の合戦に勝利した家康は戦後西軍として戦った武将を厳しく処罰しました。多くの藩がお取り潰しや所領削減に追い込まれる中、島津藩だけは誰も処分される事無く所領も安堵されます。


安堵(あんど)とは、古代末期から近世にかけて日本の土地私有制度において、主君(もしくは支配者)が家臣(もしくは被支配者)に対して所領知行(土地権利)や所職の存在・継続・移転などを保証・承認する行為を指す。

なぜ島津藩だけ処分を免れる事ができたのでしょうか?それは、義久に先見の明があったからこそです。

義久は西軍として戦いはしていましたが戦後を見据えどちらが勝利してもいいように兵力を温存していました。西軍が敗れた後、家康は戦犯として弟の義弘の出頭を要求しましたが、義久は義弘を隠しのらりくらりと答えを先延ばしにします。


兵力を温存しておいたお蔭で、関ヶ原の合戦で疲弊していた徳川軍は島津藩を攻め切る事ができず、最終的に義久は義弘を差し出すことなく守り通し、所領も削減される事はありませんでした。この事により『この人(義久)の為なら何でもやる』という部下が増え島津家の団結をより一層強固なものにしたと言われています。

島津義久から学んだ経営術

・平常時は部下に仕事を任せ、ここぞという時は誰になんと言われようと自分の意志を貫き通す。

・何が何でも部下を守り通し、先の先を読み行動する。

ちなみに・・・

本日、12月14日は1702年『忠臣蔵』で有名な大石良雄(通称:内蔵助)以下四十七士が吉良上野介(きらこうずけのすけ)邸に討ち入りした日ですね。


『忠臣蔵』とは良雄の上司浅野長矩(あさのながのり)が江戸城中で吉良上野介を刃傷したことにより切腹し浅野家が断絶となり、浅野家の再興を幕府に嘆願したものの受け入れられず、旧藩士の同志を率いて吉良邸を襲い仇討を果たしたという事件を題材にした江戸時代の人形浄瑠璃や歌舞伎の演目の1つです。


良雄は平時においては『昼行燈』(ひるあんどん)と渾名(あだな)されるような凡庸な家老でした。がしかし、お家の一大事には素早い対応をし分裂しそうになる家臣をまとめ上げ、仇討ちを果たしました。大石良雄も島津義久と同様、いざという時には頼りになる人物だったようですね。

参考文献
 桐野作人 島津義久 九州を席巻した知将 PHP文庫
 森村誠一 忠臣蔵〈上〉〈下〉 徳間文庫


続けて「歴史から学ぶ」シリーズを読みたい方はこちら

www.tenpo.biz www.tenpo.biz www.tenpo.biz

 


f:id:trn_y_ogihara:20170125164757p:plain

TOPへ戻る