タグ: トラブル記事一覧

【店舗防災と災害時マニュアル】飲食店や店舗の防災対策と、災害時の対応とは

店舗の防災対策とは?災害時マニュアルの整備や、ハザードマップの使い方、災害リスクを把握しての災害時シミュレーションの実施方法、落下・飛散物の対策を説明します。そして台風襲来予報が出た際に店舗が行うべき対策、襲来直前と襲来当日に店舗で行う防災対策と、日ごろからの防災・災害・店舗メンテナンスについてご紹介します。

【メンテナンス】営業が止まるその前に、設備トラブルは予防メンテナンスで回避しよう!

飲食店での設備トラブル上位を占める排水不良やエアコントラブル。それらを予防する内容を盛り込んだ予防メンテナンスパック。店舗流通ネットがご用意する予防メンテナンスパックは、高圧洗浄、グリストラップ清掃、エアコンの分解洗浄(オーバーホール)、排気ダクトベルトの交換を基本セットとし、支払いも月額払いと一括払いから選択できる大変お得なセットです。お店が営業できないなんて事態を招かないためにも、普段からさまざまなトラブル対策を心掛けましょう。定期的にメンテナンスを実施することで費用も抑えることができます。

【火災保険の選び方】飲食店の保険はいくら?事例で解説!火災・天災・盗難の賠償

飲食店の保険とは。火災保険と賠償責任保険の意味と実際に起きた店舗トラブルの被害、保険認定事例から火災保険加入のおすすめポイントを紹介します。隣接店舗の火災のもらい火による全焼、台風による外部看板が破損、レジ金盗難、ドアの破損、給水管破損による漏水、上階からの水濡れ損害といった実例の被害額と保険認定額はいくらか、失火法や免責、借家人賠償責任保険、店舗総合保険と補償についてもわかりやすく紹介します。

【消防法】居抜き店舗は要注意!?避難器具の種類や設置要件について

避難器具とは火災が発生した場合、外へ避難するために使う設備。火災が発生した際、避難の助けになるのが避難器具です。安全に店舗を運営をするためにも、防災の意識を持って設置しましょう。避難器具の種類、2方向避難とは、飲食店における避難器具の設置要件、消防用避難器具の設置要件、居抜き店舗の際は注意点、レイアウト変更で必要になる避難器具について分かりやすく説明します。

ハト撃退は早期が勝負!被害レベルとリスクとは?鳩の習性に基づく解決法!

ハトの滞在を許していると、ビルの資産価値や飲食店のイメージに悪影響を及ぼす「糞害」や「騒音被害」につながります。放っておくと恐ろしい鳩の糞による感染症。早期対策が要になってくるハト撃退法を飲食店のトラブル対応のエキスパートがご紹介いたします。

恵比寿横丁の管理に挑む!コミュニティと共存する『恵比寿横丁ビジネス奮闘記』

恵比寿横丁とは、屋台のような数坪の飲食店が、20店舗ほど立ち並ぶ「恵比寿の飲み屋街」。浜倉好宣氏のプロデュースにより人の流れを再生し、月間10万人が訪れる東京の観光名所となりました。恵比寿横丁の営業時間がまちまちなテナント、町会、商店会、警察、行政などとの連携を図り、繋がりを築いてきた、店舗流通ネットの『恵比寿横丁ビジネス奮闘記』を紹介します。

地下店舗浸水!排水ポンプ故障の責任は?汚水槽・雑排水槽の漏水トラブル事例

地下物件特有のトラブル。それは汚水槽、雑排水槽、湧水槽といった、地下店舗特有の設備からの漏水・浸水。この排水用の槽から汲み上げる「排水ポンプ」の故障原因で、一番多いのが油汚れの蓄積です。地下ピットの排水設備と排水ポンプの仕組み、注意点、メンテナンスや対策、汚水槽清掃、契約前の確認事項について、事例とともに紹介します。

【火災保険の注意点】防災・防火と保険の選び方、実体験から学ぶ災害の備え

《実体験から学ぶ、火災保険の選び方と延焼の損害賠償》隣地のたばこの不始末で私の実家は全焼しましたが、幸い怪我人はいませんでした。しかし、火災後の出火元の驚くべき対応と損害賠償問題が。 本当に火災保険だけで大丈夫なのか? 家庭での防災・飲食店の防火の対応とは? トラブルを専門に扱う保険担当者に相談してみました。

【トラブル事例:消防法編】店舗の内見、契約前に確認したい4つのポイント

消防法や建築基準法といった難しい法令について、一級建築施工管理技士がわかりやすく紹介します。トラブルを未然に防ぐためにも、店舗の契約前の物件内見や現地調査の際に確認しなければいけない設備機器や容量、そのほかのチェックポイントについて、内装工事着手前に実際に起きたトラブル事例にあてはめて、紹介します。

【トラブル事例!】商業地域?居住地域?飲食店における騒音基準とは?

飲食店舗運営に関わる騒音対策について。 騒音の規制やクリアするための対策など、事例を交えてご紹介します。 環境確保条例によると、飲食店や喫茶店も深夜制限営業に関わる事業所と指定されます。 「深夜」とは、午後11時から翌日の午前6時までの間を指し、この時間に発生する“音の大きさ”や“作業”を規制されるもの。

グルメンピック開催中止問題、『被害者の会』代表に聞く被害にあってしまったワケと再発防止策とは?!

今回は世間を騒がせているフードイベント開催中止に伴う、イベント主催企業と出店者間のトラブル「グルメンピック開催中止問題」を取り上げます。 テレビニュースや新聞、ウェブメディアでも多く取り上げられているこの問題についてグルメンピック被害者の会代表の鈴木亮平氏にお聞きしました。

飲食店も狙われている!ネット広告に騙された話

『牛角』の名前やロゴを無断使用した広告が出回っていた問題。 スマホが普及しインターネットは身近になりましたが、悪質な広告は年々増加傾向にあります。 インターネット広告がツイッターから拡散されて広まったり、まとめサイト風広告も増えてきたり。 悪質な広告を見分ける一例を紹介します。

「防水工事」は初動が重要!居抜き・スケルトンを徹底比較

飲食店の漏水原因第1位である厨房の防水切れ。 防水工事は義務なのか? 過去幾度のトラブル経験で構築したノウハウから、 居抜きとスケルトンの場合の防水工事の金額比較、作業工程と期間、 居抜き物件の注意点、簡易防水とは?防水保証とは? 飲食店オーナーの注意点をお話しします。

漏水のリスクと戦え!飲食店必須の防水工事の重要性

飲食店の最大のトラブル、防水切れによる水漏れ。 居抜きで費用を抑えたのに、厨房区画から漏水を起こして数千万円の賠償を払う事例も。 そもそも“防水工事”とは何か?基本から解決方法までを説明しましょう。 防水工事の“保証書”とは? 解決方法のひとつ【注入剤】の使用について。

店舗火災が多発中!【消防設備点検の指摘事項】~テナントあるある~

【飲食店トラブル24時間緊急対応シリーズ 火災編】 火災は自分と無関係だとお考えのあなた、いつ何時火災は発生するかわかりません。 いざという時のために設置場所や設置後の管理、再度見直してみませんか。 「消防設備点検チェック項目」 ①消火器具 ②自動火災報知設備 ③避難器具

あなたにとっては匂い?臭い?飲食店における臭気トラブルとは

飲食店の臭気の対策方法、簡単な3つのステップ。 空腹時に通りすがる人にとっては“匂い“ですが。毎日感じる近隣住民にとっては“臭い“となってしまう“ニオイ“。 飲食店に対する苦情件数は増加している近年。 ついつい後回しにしがちな“臭気の対策方法”について書いていきます。

地下の店舗は要注意!排水を貯める「汚水槽・雑排水槽」におけるトラブルとは!?

あまりお金をかけたくない排水管メンテナンス。 しかし排水詰まりの際の休業損失や復旧の出費は膨大。 飲食店の排水トラブルの多くは、排水詰まりが原因。 汚水排水とは。雑排水とは。 地下店舗特有の設備「汚水槽・雑排水槽」とは。 トラブルの原因と対策について掘り下げていきます。

火災発生時の責任はどこへ!?ほんとに恐ろしい「たばこ」火災!

【飲食店トラブル24時間緊急対応シリーズ】一番の原因はたばこの不始末? 消したつもりが、再び高温となって 燃え広がり、恐ろしい火災となります 実際に起きたケースをもとに、火災発生時に負う責任について、そして火災を防ぐために誰でもできる予防策についてご紹介します。

危機一髪!商業ビルに潜む看板事故を防げ!【9階からの落下阻止編】

【トラブル対応24時シリーズ】建物看板の恐ろしさと普段の安全対策の重要さをお話しします。それは都内駅前の9階建ビル。壁面に総重量130Kg以上あろう看板が落下寸前の状態に。看板は風に揺れ、いつ落下してもおかしくない。窓から2人が手を伸ばし盤面を押さえ、待つことしかできなかった。

この音…どこから?飲食店騒音トラブルの謎を追う!

トラブル対応24時シリーズ第10弾 飲食店の騒音トラブル。飲食店の「騒音トラブル」。実は意外なところにトラブルの種が潜んでいます!あなたのお店も、一度チェックしてみては…?何故、クレームになるか?騒音を防ぐには?飲食店のトラブルに24時間緊急対応サービスを行うスタッフがお伝えします。